北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本海のイメージは、荒々しい海ですがそれは冬の日本海の姿です。
春から秋にかけては穏やかな綺麗な海を見ることができます。 日本海北エリアは国道231号線から国道232号線、そして道道106号線へつながり稚内まで至っており、 通称オロロンラインと呼ばれています。

国道231号線は山肌と海の断崖絶壁の中を進みます。長大トンネルでつながれており、その難工事から、全線開通した 日からの歴史は比較的浅い路線です。トンネルとトンネルの間から見える断崖絶益の海も見所になっています。

留萌市からは国道232号線になりますが、国道231号線の断崖絶壁に対して、こちらは砂浜のビーチが続きます。 天売焼尻島や風車群などドライブの見所や、初山別天文台や羽幌温泉などの観光地が多いのも特徴です。

更に天塩町からは道道106号線を進みます。風車群が立ち並ぶ以外は、人工物は全くなく、どこまでも続く雄大なサロベツ原野 と日本海を眺めることができます。晴れた日には遠くに利尻富士も望む事ができます。


国道231号線
石狩市望来付近での景色です。小高い丘から海に向かって下って行くときに遠く、暑寒別岳まで望む事ができます。
夏でも標高の高い暑寒別岳は雪が残っているため、海の青と山の白のコントラストが絶景です。



国道231号線
石狩市厚田を過ぎ、断崖絶壁の区間をトンネルで貫く区間の手前です。
山肌の断崖絶壁がそのまま海までつながっている景色を見ることができます。この先トンネルで 景色はしばらく見えなくなってしまいます。



国道231号線
石狩市濃昼付近です。この先に石狩市浜益があり、断崖絶壁区間は少し一休み。 ひらけた場所に出ます。 目の前に海が広がる、海岸線をドライブしている雰囲気を味わえます。
窓を開けて海風を感じることもできます。



国道231号線
石狩市浜益を過ぎ、これから本格的な断崖絶壁区間をトンネルで通過します。
難工事区間で国道231号線も一番最後まで開通しなかった区間です。 断崖絶壁区間を縫うように道路がつながっているのが、海岸線沿いに確認できます。まさに絶景です。



国道231号線
雄冬岬辺りです。本格的な断崖絶壁区間をトンネルで通過しますがその中間付近です。
前を見ても後ろを見ても海と絶壁に囲まれていて陸の孤島であることを実感できます。 自然が造成した絶景を楽しむ事ができる区間です。



国道232号線
留萌市内を抜け、小平町付近からは、断崖絶壁の風景から砂浜の風景に変化します。
この辺りは海水浴場やキャンプ場にもなっており、夏には多くのレジャー客でにぎわいます。



国道232号線
更に北に進むと苫前町に入ります。
苫前町は風の強い海岸線がある事が特徴で、小高い丘の上にたくさんの風車があります。 風力発電に使われている風車ですが、海岸線の景色にぴったりの風景です。
海岸線をドライブしているとたくさんの風車に出会うことができます。



国道232号線
苫前町の風車群です。
岡の上にたくさんの風車があり、雄大な景色を楽しませてくれます。



国道232号線
苫前町を更に北上すると、羽幌町です。
長く続いた砂浜は終わり、再び、海へ突き出す崖が表れます。 国道231号線のように断崖絶壁ではない為、崖の上から、海を眺めながらのドライブです。
天気が良ければ海の向こうに、天売島、焼尻島を眺めることができます。



国道232号線
羽幌町の北には初山別村があります。 海岸線がずっと続き景色の良い場所を走ります。
初山別村には天文台もあり、夜は星の綺麗な町です。 昼間のドライブは海岸線を、夜のドライブは星空を眺めることができます。



国道232号線
初山別村の北に位置する遠別町です。 遠別町市街を抜けると天塩町まで少し内陸を走ることになるため、海岸線を眺めるドライブはしばらくお預けです。
ここ、遠別の市街地手前には、海沿いに原生花園もあり、シーズン中には花と海のコラボレーションを楽しむことができます。



道道106号線
稚内市の道道106号線は、見渡す限りのサロベツ原野で周りに人口物は何もありません。 広い原野に、草原と川とそして海と、大自然を楽しむことができます。
天気が良ければ、この辺りで、遠くに利尻島の利尻富士を見ることができます。 利尻富士は利尻島にそびえ立つ屋まで、標高は1,720メートルもあります。 その雄姿は、遠く離れた北海道からもはっきりと見ることができます。 写真ではうっすらと利尻富士を確認することができます。



道道106号線
稚内市の道道106号線は、見渡す限りのサロベツ原野で周りに人口物は何もありません。 広い原野に、草原と川とそして海と、大自然を楽しむことができます。
まっすぐとどこまでも続く道路は、北海道ならではの光景です。



道道106号線
稚内市街に入るとオロロンラインも終点です。
最後の小高い登り坂から見えるのが、オロロンライン最後の海岸線です。 岡の手前を左に曲がると、約10キロでノシャップ岬へとつながっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加