北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道は四方を海で囲まれており、どの地域でも海を見ることは可能ですが、その中でも一番美しい海を 見ることができるのが、この日本海側です。特に小樽より南に位置する積丹半島で見える海は、 北海道を象徴する美しさを持っています。

日本海の南エリアは小樽から始まります。国道5号線では小樽と余市の間、積丹半島を一望できる絶景が楽しめます。
積丹半島からは国道229号線が海岸沿いに江差まで続いています。積丹半島では、「積丹ブルー」と呼ばれるエメラルドグリーン に輝く海が見ることができます。

岩内町から先の美しい海は続きます。 寿都、島牧と海を眺めながらドライブすることができます。 更にせたな町は、様々な岩を見ることができます。海岸線に沿って、いろんな名前の付いた岩がドライブを楽しくさせてくれます。

日本海の最大の魅力はサンセットです。 日本海に沈む夕日は、最高の景色です。日本海側のどの場所でも画になる夕日が見えます。
岩場、砂浜など場所によって変える海岸線の表情を是非お楽しみください。


国道5号線
日本海の南エリアのスタートは小樽市です。国道5号線沿いに小樽市蘭島を過ぎると海岸線を走ります。
天気が良ければ、遠く積丹半島を眺めることもできます。



国道5号線
国道5号線は日本海と太平洋の二つの海岸線を走ります。日本海側を走る区間は短いのですが、小樽と余市の間は、海水浴場も たくさんあり、観光客もたくさん訪れます。



国道5号線
蘭島を抜け余市市街までの海岸線は、砂浜の海岸線で、海水浴場にもなっています。
積丹半島に沈む夕日は絶景です。



国道229号線
積丹半島をめぐる国道は229号線です。この先江差町まで日本海側沿岸を走り続けます。
積丹半島の北側は、積丹ブルーと呼ばれるエメラルドグリーンの海に輝いています。 この海岸線を走りに全国から多くの観光客が訪れるスポットでもあります。



国道229号線
積丹半島の観光スポットの一つである積丹岬付近は、海岸線が遠くまで見渡せます。
青い海と、緑の山のコントラストが、一層景色を美しくさせます。



国道229号線
積丹の海には、切り立った崖がいくつも存在します。
日本海の荒々しさとその造形が繰り出す美しさは、自然の贈り物です。



国道229号線
積丹半島のもう一つの見所は神威岬です。日本海に突き出た岬は素晴らしい眺めになっています。
少し小高いところに位置するこの岬からは、はるか下に走る海岸線を見下ろすことができるスポットです。



国道229号線
積丹半島の南側は、天候が変化しやすくなかなか晴れ間を探すのが大変ですが、整備された国道229号線は、 海岸線をひた走り、美しい海岸線を見せてくれます。



国道229号線
神恵内村の海岸線です。遠くまで見渡せる海岸線は、絶好のビューポイントです。



国道229号線
神恵内村と泊村の境界付近にかかる弁財潤大橋付近です。
旧道から大橋へと移行し、景色を見渡せるポイントとなりました。



国道229号線
弁財潤大橋の橋の上から、神恵内村方面を見渡した景色です。
断崖絶壁に架かる橋が美しく見えます。



国道229号線
島牧村の江ノ島海岸です。北海道の江ノ島海岸も本場神奈川県に引けを取らない美しさです。
砂浜が永遠と続く海岸線は絶景です。



国道229号線
晴れた日には、海に太陽の光が反射して、眩しいほどです。



国道229号線
国道は海岸線の間近を通っていて、窓を開けると、海風を感じることもできます。



国道229号線
せたな町に入ると、岩場が多くなります。
自然が作り出す岩の造形は、日常生活の様々なものにたとえられ、見所になっています。
数か所ある、ポイントにはパーキングエリアも完備されているので、一つ一つ車を停車させることができます。
ここは、窓岩のあるポイントです。



国道229号線
海岸線がずっと遠くまで続いているのが見渡せます。
海沿いは地形を確認できるので、広さを実感することができます。



国道229号線
国道と海岸を隔てるものは何一つないため、見通しは最高です。



国道229号線
海岸に突き出たパーキングエリアでは、180度全景を楽しむことができます。



国道229号線
断崖絶壁になっている場所は、トンネルで通過します。
長大トンネルが多いのも国道229号線の特徴で、大小合わせて100本近くのトンネルがあります。
狭い旧道から長大トンネルへと移り変わっています。



国道229号線
どこまでも続く、大海原は人間の小ささを教えてくれます。



国道229号線
道の駅「てっくいランド大成」の裏手から見下ろす海岸線です。
この道の駅は展望台も兼ねています。
国道はこの道の駅から、暫くの間海岸線とは離れて山道を走ります。 写真に道は、海岸線を走る道路です。つながってはいませんが、北海道本土の最西端である尾花岬へはこの道を 通ります。
晴れた日には、奥尻島を見ることもできる道路です。

このエントリーをはてなブックマークに追加