北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

オホーツク海は北海道らしい景色を見せてくれる海です。
夏のオホーツクと冬のオホーツクは全く別の顔を見せます。 特に冬のオホーツクは流氷に埋め尽くされ、厳しい北国の冬を象徴しています。

通称オホーツクラインと呼ばれるオホーツク海沿いの道は、雄大な景色を楽しむことができる路線です。
稚内から網走までの国道238号線は長台路線です。 宗谷岬を経由して紋別市までの間は、海岸線沿いを走ります。時より雄大な海岸線の景色を眺めることができます。

紋別市から湧別町までは内陸側を走るため、海岸線をなかなか見ることはできませんが、湧別町から先は、サロマ湖や 能取湖越しにオホーツク海を眺めることができます。
観光地にもなっており、湖越しに昇る朝日は絶景です。

網走から先は国道244号線になります。JR釧網本線沿いに走るこの路線は、小清水原生花園があり花を楽しめる場所です。 原野と花、そしてオホーツク海をまとめてみることができるポイントです。 東に延びる知床半島を間近に眺めることができます。

更に斜里からは国道334号線になり知床半島へ続いています。
いままでの穏やかな海岸線とは変わり、絶壁の区間を走ります。道路のすぐそばにオホーツク海が広がる路線です。 知床半島の北の町、宇登呂でオホーツク海の海岸線は終点です。


国道238号線
稚内から宗谷岬に向かう国道238号線からの眺めです。
遠くに宗谷岬に続く陸地が続きます。海岸線の反対側は、宗谷丘陵になっており、海と丘陵の二つの景色を眺めることができます。



国道238号線
宗谷岬を過ぎてからの景色です。オホーツク海の荒々しさを感じることができる海岸線です。 風の強さが自然の厳しさを実感させてくれます。



国道238号線
宗谷岬から南に向かう道は、小さな山道です。 その合間に見えるオホーツク海です。



国道238号線
オホーツクの海は、断崖絶壁ではなく、砂浜が多いのが特徴です。



国道238号線
山の下り坂から見えるのは、遠くまで続く海岸線です。猿払村の浜鬼志別の市街地が一望できます。



国道238号線
猿払の道の駅の海岸線から見える景色です。



国道238号線
紋別市内では内陸を走るため、オホーツク海を眺めるロケーションはありませんが、紋別市内の南端にある道の駅「オホーツク紋別」付近は、 海洋公園と呼ばれる海辺の憩いの場所になっています。
この辺りには、道の駅だけでなく、オホーツク流氷科学センターギザや氷海展望塔オホーツクタワーなどがあり、紋別市の観光の場所と なっています。
オホーツク海沿岸のカリヨン広場は、すぐそばにオホーツク海を見ることができる場所です。写真はカリヨン広場から眺めた景色です。



国道244号線
湧別からは網走までの間は、サロマ湖や能取湖などがあるため、オホーツク海とは離れた場所を走ります。
網走から斜里までは国道244号線を走ります。この区間は、北海道の道東らしい風景の中を走ります。
原生花園は海と湖の間に挟まれた水辺です。見渡す限りの大自然は、雄大な景色です。夏のドライブは爽快なものです。 網走市街を過ぎると、オホーツク海沿いを走ります。遠く知床半島まで見渡すことができる海岸線の景色は、絶景です。



国道334号線
オホーツク海の最南端は知床半島です。斜里町ウトロまで続く国道334号線は、オホーツク海を南から眺める場所に位置しています。 ウトロまでの区間は海岸線を走りますが、何処までも続くオホーツク海と知床の大自然の中をドライブする区間です。 冬には流氷が岸壁まで押し寄せ、夏とは全く異なった風景を見せてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加