太平洋東エリア
北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

太平洋の東エリアは襟裳岬から太平洋沿いに根室市の納沙布岬まで続く海岸線です。
黄金道路と呼ばれる国道336号線沿いは断崖絶壁の海岸線です。海沿いに道路があるため、天候に左右されることが 多く、通行止めになることもよくあります。天気が良ければ、最高の景色を眺めることができます。

国道38号線沿いは、砂浜の海岸線が続きます。国道から海を眺める区間は数少ないですが、太平洋の大海原は 北海道の大自然を実感させてくれます。

更に釧路から東は国道44号線に変わります。海沿いを走る区間は、国道ではなく、道道別海厚岸線と呼ばれる道道123号線や、 北太平洋シーサイドラインと呼ばれる道道142号線となります。更に根室市から東は、道道35号線が根室半島を一周します。 北方領土を眺めることができる北海道最東端の絶景ポイントです。


国道336号線
黄金道路と呼ばれる国道336号線の海岸線は、断崖絶壁が続く区間です。 自然の作り出す厳しい景色を望む事ができます。



国道336号線
道路は海岸線のすぐそばを走ります。 そのため覆道が絶えず続きます。



国道336号線
海岸線のすぐそばを走るため、時には波しぶきが道路にも打ち寄せます。 あまりにも天候が悪いと通行止めになる日も少なくはありません。



国道336号線
断崖絶壁が多い国道336号線も時には砂浜の海岸線があります。 広尾町に近くなると砂浜海岸が現れます。サーファーに人気の浜でもあります。



国道336号線
砂浜海岸を広尾方面に望んだ景色です。



国道336号線
襟裳岬方面の断崖絶壁を望んだ景色です。断崖絶壁だからこそ絶景になります。



国道38号線
白糠町では国道38号線から太平洋の大海原を見ることができます。
北海道らしい、どこまでも続く海岸線が魅力的です。



国道38号線
旧音別町に位置する釧路市の海岸線は、砂浜がどこまでも続く海岸線です。 水温が低くシーズンは限られますが、遠浅の海岸で波が大きいため、サーファーに人気の海岸です。



国道38号線
浦幌町に入ると国道38号線は山間部に入りますが、厚内方面の海岸線を走る市道があります。
厚内の海岸線は、砂浜が続く海岸線で、絶景です。



国道38号線
厚内の海岸線沿いは、まっすぐに続く道路です。
海岸沿いをドライブするには最高のロケーションです。



国道38号線
十勝川河口付近に近づくと国道336号線が近づいてきますが、砂浜海岸はここまでとなります。 岩礁が多くなり、断崖区間となります。 荒々しい太平洋の波が、岩にぶつかってあげる波しぶきは、海岸の魅力の一つです。



国道38号線
砂浜海岸の最後の区間です。海水温が高く、気温が低い9月から10月にかけては海霧が発生しやすくなり、幻想的な 雰囲気となります。



国道38号線
海岸のすぐそばを走る道路です。
夏は、窓を全開にして走りたいものです。



国道4号線
国道44号線は比較的内陸を走る国道のため、海岸線を走る区間は限られています。 厚岸の手前は唯一の海岸線ポイントです。



国道4号線
厚岸大橋を望むポイントです。



道道35号線
道道35号線は、根室半島を一周する根室半島線です。太平洋に囲まれた根室半島の海岸線は、太平洋の南側と太平洋の北側を眺めることができる 海岸線スポットです。
特に北側の海岸線は、天気が良ければ知床半島や国後島を眺めることができます。



道道35号線
根室半島の先端は、納沙布岬です。
納沙布岬は全国的に有名な観光スポットでここからの景色を目的にする人が多いのですが、根室半島の北側に位置するスポットからの眺めは、 国後島や知床半島などをパノラマで見ることができます。



国道335号線
国道335号線は、標津町と知床半島の南側羅臼町を結ぶ国道で、海岸沿いを走る国道です。 標津町から羅臼町まで海岸の向こうには国後島を望むことができます。



国道335号線
国道335号線は、標津町と知床半島の南側羅臼町を結ぶ国道で、海岸沿いを走る国道です。 標津町から羅臼町まで海岸の向こうには国後島を望むことができます。



国道244号線
別海町から標茶町に跨る国道244号線は、北方領土から一番近い場所を走ります。 海岸の向こうには、約16キロ先に国後島があります。



国道244号線
別海町から標茶町に跨る国道244号線は、北方領土から一番近い場所を走ります。 海岸の向こうには、約16キロ先に国後島があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加