北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

津軽海峡は、本州と北海道を隔てている海峡です。
津軽海峡の東側は太平洋、西側は日本海となっています。 天気が良ければ、津軽海峡の向こうに遠く本州の津軽半島を眺めることもできます。
かつては、本州と北海道を結ぶ連絡船である青函連絡船が運航されていました。しかし、青函トンネルの開通で、 青函連絡船は廃止になり、本州と北海道は、鉄路で結ばれることになったのです。
青函トンネルは新幹線規格になっており、間もなく青森まで延びた東北新幹線が、北海道に上陸します。
この青函トンネルの北海道側の入り口を見ることができるのは松前半島です。

津軽海峡の海岸線を走る国道は国道228号線です。
函館を起点として、北斗市、木古内町、知内町、福島町、松前町、上ノ国町、江差町と松前半島をぐるっと巡る路線です。
木古内町までは、津軽海峡線の一部であるJR江差線と並行して走ります。 その先は、北海道最南端である白神岬を目指して南下しますが、知内町、福島町では海岸から離れ山の中を走ります。 松前町の白神岬を過ぎると、北上します。
海岸線が最も美しい上ノ国町を経て、江差町で再度JR江差線と出会います。国道228号線はここで終点となります。

津軽海峡沿いの海岸線は、砂浜のビーチから、険しい断崖絶壁まで様々な表情を見せてくれます。


国道228号線
函館を出発して北斗市の市街を過ぎると海岸線沿いに走ります。
津軽海峡のすぐそばを沿うように走ります。
天気が良ければ、対岸にある函館山を眺めることもできます。



国道228号線
木古内町あたりの海岸線です。
砂浜が続く穏やかな海です。



国道228号線
木古内を過ぎ、知内町に入ると、穏やかな海岸線はだんだん険しくなってきます。
山が海岸にせり出すような地形であるため、覆道やトンネルの数も多くなります。 海岸にはりつくような道路がどこまでも続く光景が特徴的です。



国道228号線
北海道最南端の白神岬を辺りが一番険しい場所になります。
海岸は崖になっているため、少し、内陸の高い位置を道路が走りますが、その隙間からのぞく断崖絶壁は、見事な景色です。



国道228号線
松前の市街地を抜けると再び海岸線は穏やかになります。 道路と海岸線までの距離は少しありますが、小高い位置にある道路から眺める海岸線は絶景です。



国道228号線
松前町と上ノ国町の境は、山道になっています。
この辺りも小高い丘の上を道路が走っているため、海に向かって走る景色は、最高の眺めです。 上から眺める海は遠くまで見渡せるため、絶景が多いのです。



国道228号線
上ノ国町の海岸線は、砂浜がずっと遠くまで続いているのが特徴です。
夏になれば、観光客が海岸線沿いに車を停車させて、この景色を眺めています。



国道228号線
まっすぐな道路とまっすぐな海岸線は北海道ならではの景色です。
この海岸線の向こう側は、上ノ国の市街地で、その北側はすぐ江差町です。

このエントリーをはてなブックマークに追加