五稜郭公園

函館の観光スポットでもある五稜郭公園。五稜郭タワーからは星形の美しい景色を見渡せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加




五稜郭は、江戸時代末期に北海道函館市に建造された城郭で通称です。星型の城郭が有名で、国の特別史跡に指定され「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されています。
函館市内の観光名所として多くの観光客が五稜郭公園を訪れますが、一番のお目当ては五稜郭タワーです。
五稜郭を一望できる平成18年に新しくなった五稜郭タワーは、高さ107メートルから星型の五稜郭公園を見下ろすことができ、夜には函館市内の夜景も見下ろすことができ、函館山と並んで絶景のスポットとなっています。
そして、五稜郭公園は函館地区の桜の名所にもなっています。毎年ゴールデンウィークあたりが見頃の時期となり、全国各地から観光客が集まります。五稜郭公園内に咲き誇る桜の数は約1,600本です。見渡す限りの桜は圧倒されます。
五稜郭タワーからの眺めも一面ピンク色に染まり素晴らしいものですが、城郭内の散歩でもその美しさは十分楽しめます。ライトアップされるため夜桜も堪能でき、綺麗にライトアップされた桜は情緒漂う雰囲気です。堀の水面に浮かぶ夜桜は、また格別です。
国道5号線から少し離れていますが、道は比較的わかりやすく初めてでも迷わず到着できます。駐車場も完備されているため、レンタカーやマイカーでの旅行も可能です。
(所在地:北海道函館市)

秋の紅葉の時期の五稜郭公園

夜には五稜郭タワーがライトアップされます

桜に埋め尽くされた五稜郭タワー

お堀に映る五稜郭タワー

春には満開の桜に包まれます。

雨の日の桜も風情があります。

お堀の周囲を埋め尽くす五稜郭公園。




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

三保松原

次の記事

精進湖