北海道神宮

北海道を代表するパワースポット北海道神宮。毎年春には境内へと続く参道が桜に包まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




関東より北の唯一の神宮である北海道神宮。
北海道を代表するパワースポットであり、地元の住民から観光客まで、年間を通して参拝客が訪れています。
広大な敷地を有する北海道神宮は自然が豊かで四季の風景を楽しむ事ができます。
1869年に明治天皇の命により建立された北海道神宮は、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神の開拓三神を奉り、1871年に現在の社殿が建てられています。1964年には開拓三神に加えて明治天皇を新たにお祀りする事で四柱となっています。
大国魂神は北海道の国土の神様、大那牟遅神は国土経営や開拓の神様として商売繁盛や病気平癒、少彦名神は国土経営や医薬、酒造の神様として必勝祈願や子宝のご利益があるといわれています。
北海道神宮は札幌市内の桜の名所としても親しまれており、毎年ゴールデンウィークの頃には満開の見事な桜が咲き、境内に続く参道は桜のトンネルになります。
(所在地:北海道札幌市)

敷地内には一面に桜が植えられています

参道は桜並木です




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

新川通り桜並木

次の記事

鶴見台