見晴公園

本格的な日本庭園がある見晴公園。雪の中に梅香る園という意味から香雪園とも呼ばれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加




国道278号線沿いにある湯の川から道道83号線に入り、すぐ見晴公園通りに右折して約1キロ坂を登ると見晴公園に到着します。
見晴公園は、かつて香雪園と呼ばれており、本格的日本庭園で,岩船家の別荘として使われていました。
雪の中に梅香る園という意味から香雪園と呼ばれています。
昭和30年に函館市が敷地を買い取り、見晴公園として再整備されました。
今でも公園内の香雪園には美しい日本庭園を散策することができ、桜の名所にもなっています。明治時代、豪商が築いた日本庭園に約500本の桜が咲き誇ります。
(所在地:北海道函館市)

駐車場から公園までは杉の林を抜けていきます

手入れされた日本庭園の香雪園

春には桜の花も咲かせます

春には桜の花も咲かせます

雨の日の情緒ある桜の風景です

桜の木と日本庭園内にある建物




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

恋問海岸

次の記事

清川の千本桜