松前公園/松前城

北海道を代表する松前城。情緒漂う雰囲気を味わえる他、春には桜の名所として親しまれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加




松前城は北海道を代表する城で、周辺の松前公園は桜の名所としても知られています。
松前の市街が城下町のように広がっており、情緒漂う雰囲気を味わうことができます。日本における最後期の日本式城郭であり、戊辰戦争の最末期に蝦夷の独立を目指す旧幕府の軍との戦いにおいて落城しました。かつては天守や本丸御門などが現存していましたが、天守は太平洋戦争後に失火により焼失してしまいました。旧城内一帯が国の史跡に指定されており、本丸御門が国の重要文化財に指定されているほか、2001年には北海道遺産にも選定されています。
そして、松前公園は北海道有数の桜の名所であり、ソメイヨシノなど約一万本の桜が植えられており、観光客を楽しませてくれます。桜の見頃は5月上旬から下旬にかけてで、ゴールデンウィークは多くの観光客で賑わいます。上旬は早咲きの桜で満開になりますが、下旬にかけて遅咲きの桜も綺麗に咲き誇るため、5月の一ヶ月間は桜一色になります。
松前城を背景にみる桜は情緒いっぱいで、天気が良ければ津軽海峡や遠く青森県の津軽半島まで見渡すことができます。
(所在地:北海道松前町)

松前城と桜の風景

北海道唯一の城です

公園内のどこからでも天守閣を望めます




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

次の記事

白石川堤一目千本桜