白石川堤一目千本桜

全長8.5キロの長さにわたり約1,200本の桜の木が咲く白石川堤一目千本桜。さくら名所百選にも選ばれている名所です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




白石川沿いの約1,200本の桜に圧倒される白石川堤一目千本桜。さくら名所百選にも選ばれている宮城県の桜の名所です。
毎年4月上旬に開花し、4月中旬に満開になり見頃を迎えます。
約8.5キロメートルにわたり桜の木が並びますが、大河原駅から柴田町の船岡駅までの一駅、約3.5キロメートルが一番にスポットです。
白石川堤一目千本桜の歴史は、宮城県生まれの高山開治郎が故郷の白石川堤に美しい桜並木をとソメイヨシノの苗木を1923年に植えたのが始まりです。それから100年、桜の木は見事に成長し見る人の目を楽しませてくれます。
桜の木は、白石川の土手の斜面に植えられており、土手を散歩すれば手の届く位置に咲きます。間近で桜を鑑賞できるのも人気の一つです。
白石川堤一目千本桜にはいくつかのスポットがあります。
<末広歩道橋>
橋の上から川の両岸の桜並木を同時に視界に捉えるスポットです。どこまでも続く一目千本桜は圧巻される景色です。

<お花見屋形船>
おおがわら桜まつり期間中には、お花見屋形船が運行されます。川を下りながら両岸に咲き誇る桜を観賞できます。往復約2キロメートルの区間を運行しています。

<韮神堰>
雑誌やテレビでお馴染みの光景です。まだ残雪ある蔵王の山々を背景にピンク色に輝く桜を鑑賞できるスポットです。川の流れも表現できるため、写真撮影におすすめです。川の流れが穏やかであれば、川に桜が映り、一層美しい景色となります。

<さくら歩道橋>
2015年に完成した船岡駅近くの橋です。さくら歩道橋からは大河原方面を見るのがおすすめで、白石川堤一目千本桜と左奥に船岡城址公園の桜を両方望むことができます。

<しばた千桜橋>
白石川堤と船岡城址公園をつなぐ橋です。JR東北本線を絡めて桜の写真を撮影できるスポットとして人気です。橋上には三脚を構えた写真家たちが列車を待つ風景もここならではです。
白石川堤一目千本桜には車や電車でアクセスすることができます。桜の開花期間中の週末は渋滞が発生し、駐車場待ちも必須なので、早い時間帯に訪れるのがおすすめです。鉄道でアクセスするのが渋滞を避ける方法ですが大混雑し、時間帯によっては混雑で電車に乗れない可能性もあるため注意が必要です。
(所在地:宮城県柴田町)

しばた千桜橋から眺めるどこまでも続く桜並木です

しばた千桜橋からは雪残る蔵王連峰を背景に桜を望めます

川沿いに桜並木が続きます

蔵王連峰と桜並木です

説明書きがされている看板があります

青空に映える桜です

土手からは低い目線で桜を望めます

対岸に咲く桜も絶景です

両岸を埋め尽くす桜です

川の流れが穏やかな場所では桜が川に映り込みます

韮神堰が一番のおすすめスポットです

遊歩道は桜のトンネルになります

青空を背景にピンクと黄色に染まる風景




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

次の記事

桜が丘通り