松前藩戸切地陣屋跡

北斗市桜回廊の一つとして数えられる松前藩戸切地陣屋跡。かつては松前藩が蝦夷地の守備を行っていた歴史を持つ場所です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




江戸時代末期に松前藩が構築した日本最初の洋式城塞が松前藩戸切地陣屋です。現在は建造物は一切存在せず、土塁や空堀などの遺構が残るのみですが、国指定史跡となっています。築造当時は陣屋が建ち並び、松前藩が蝦夷地の守備を行った歴史があり増す。四稜の星型をしており、砲座も存在していました。箱館戦争では、旧幕府軍が上陸し当陣屋にも進撃してきたため、松前軍は自ら陣屋に火を放って退却しています。
建物がない広い敷地が広がるだけの松前藩戸切地陣屋跡は、北斗市桜回廊の一つして数えられる桜の名所です。陣屋跡へと続く約800メートルの道は桜のトンネルとなり訪れる人の目を楽しませてくれます。桜の木は、日露戦争の勝利を記念して植えられたもので、北斗市を代表する桜の名所となり、開花期間中はライトアップされた夜桜も楽しめます。
また、陣屋前広場には、上磯海潮桜、十月桜、御衣黄など珍しい桜も植えられており、ここでしか見ることができない桜の鑑賞もできます。
(所在地:北海道北斗市)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

香取神宮

次の記事

神戸大橋