雄冬岬・白銀の滝

かつて北海道三台秘岬と呼ばれていた雄冬岬。国道沿いから見上げる断崖絶壁から流れる白銀の滝を見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




雄冬岬は国道231号線、石狩市浜益区の雄冬海岸に位置しています。
この辺りは、断崖絶壁にあり、道路が整備されて誰でも簡単に来れるようになったのは最近の事になります。
訪問するのが簡単ではなかった事から、北海道三台秘岬の一つに数えられていました。岬には、札幌側からは断崖絶壁に阻まれ、増毛側からは、冬期間通行ができませんでした。この岬への交通手段は、一日一往復していた増毛と雄冬を結ぶ定期航路しかありませんでしたが、冬期間は、荒れる日本海が多く、航路が欠航することも度々あったほどです。そのため、雄冬は陸の孤島と呼ばれていました。
しかし、1982年に長大トンネルと国道231号線の全線開通により、陸路を通り雄冬へ、そして札幌方面から増毛へ海沿いを使って抜けることができるようになりました。陸の孤島であった雄冬は、札幌から留萌に抜ける通過点となったのです。今では、札幌から特急バスが留萌方面に向けて運行もしています。
その後、1999年に雄冬岬は展望台や岩石公園など、観光できるように整備され、多くの観光客が訪れるようになりました。
国道沿いには、パーキングエリアが設置され、そこからは白銀の滝を見ることができます。断崖絶壁から落ちる滝は自然の厳しさを実感させてくれます。
(所在地:北海道石狩市)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!