知床連山

知床半島の中心部を貫く知床連山。冠雪した山々の稜線を見渡せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




世界遺産に指定されている知床半島の中央部を貫いているのは、標高の高い山々です。
これらの山々は知床連山と呼ばれ、知床半島の南北を分断しています。
最高峰は羅臼岳で三ツ峰、サシルイ岳、オッカバケ岳、南岳、知床別岳、硫黄山などの山が連なり、美しい稜線を描いています。斜里町ウトロからは知床連山の美しい山々を見渡すことができます。雪のシーズンが長い事から、一年の大半を雪の白で覆われた美しい姿を鑑賞できます。
(所在地:北海道斜里町)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!