松島

日本三景の一つ、宮城県の松島。美しい景観とともに美味しい味覚である牡蠣が楽しめます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




江戸時代に全国を行脚した儒学者・林春斎が記した書物に紹介された日本三景の一つに数えられる松島。
松島とは、松島湾に浮かぶ260余りの島々と、沿岸部も含めた辺り一帯のことを指しており、風光明媚な景観が魅力となっており、世界中から観光客が訪れています。
松島には数々の島がありますが、かつては陸続きでした。地殻変動による丘陵の沈下や地球温暖化の影響で海水面が上昇した経緯から山や丘の頂上部分が海面に残り今の姿になっています。
松島の景色とともに味覚の名物は牡蠣です。水揚げ一位の広島に次いで全国二位の水揚げ量を誇っています。松島の牡蠣は若い状態で水揚げされるのが特徴で、松島湾に注ぐ鳴瀬川や高木川の水源である蔵王連峰からの水には豊富なミネラルが含まれてるため、若い牡蠣でも大きく成長し、出荷が他より早くなっています。小粒で身が引き締まっており、旨みが凝縮した濃厚でクリーミィと人気の味です。10月から2月頃の冬期間が旬です。
(所在地:宮城県松島町)

雄島へと渡る橋

美しい松島の海岸

雄島




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

松島離宮

次の記事

秋保大滝