秋保大滝

日本の滝百選にも数えられている豪快な秋保大滝。山形県との県境付近にある見事な滝です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




宮城県と山形県の県境手前に位置する秋保大滝。仙台市内から車で1時間程度、秋保温泉からは30分程度でアクセスできます。
秋保大滝は名取川にあります。名取川は蔵王連峰から流れている川で秋保温泉や仙台市内を流れて太平洋に注ぐ川です。その上流部分にあるのが秋保大滝です。
幅6メートル、落差55メートルの豪快な滝で日本の滝百選にも数えられています。
秋保大滝の鑑賞は滝見台と呼ばれる展望台と滝壺の二箇所です。
滝見台へは、駐車場から鳥居をくぐり抜け、秋保不動尊の境内を進み、石段を降りた先にあります。鳥居から徒歩5分程度の距離です。滝見台からは秋保大滝を上から見下ろすアングルで、豪快な水音が響き渡ります。手前には木々が多い茂っているため、葉がない冬場がおすすめの時期。厳冬期には、白い雪と透明な滝、そして黒い岩肌と白黒の水墨画のような風景を望めます。滝見台はスペースが狭いため、3名程度が限界です。ハイシーズンには混雑しますので、時間帯や時期をずらすことをおすすめします。
もう一つの鑑賞スポットが滝壺です。駐車場は橋を渡った先に完備されていますが駐車台数は少なめです。駐車場から未舗装の勾配の大きい坂を下っていきます。約10分程度トレッキングすると滝壺に到着します。滝を見上げることができる絶景スポットですが、水しぶきもあるため、濡れることは覚悟して行く必要があります。
駐車場は合計で200台完備されていますが、車意外でもアクセスでき、宮城交通や市営バスの秋保大滝で下車します。
(所在地:宮城県仙台市)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

松島

次の記事

秋保神社