秋保神社

勝負の神として名高い秋保神社。境内には奉納されたのぼりで埋め尽くされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加




仙台市から秋保温泉を過ぎ、秋保大滝へ向かう途中にある秋保神社。
勝負の神を奉る神社として名高く、境内には奉納されたのぼりが多数掲げられているのが特徴です。
秋保神社の創建は平安時代初期であり、坂上田村麻呂がこの地に熊野神社を祀ったのが始まりです。室町時代、秋保村領主の先祖であり最上に流浪していた平盛房が、信州の諏訪大社に本土回復と居城奪回を祈願し叶えられたことにより、諏訪大神の御霊を勧請して諏訪神社として祀って以来、戦の神として崇敬されるようになり現在に至っています。
1601年には仙台藩の尊崇も寄せられるようになり、伊達家に庇護されて大社が建立されています。その後1646年に、第2代仙台藩主伊達忠宗の参拝により、伊達家の永久祈祷が仰せ付けられています。
そして1909年に明治天皇の勅命により秋保5ヶ村より馬場の愛宕神社、長袋の神明社、新川の新川神社と白山神社、湯元の湯神社、境野の八幡神社と羽山神社の各神社を合祀したことにより、秋保総社として社号を諏訪神社から秋保神社に改めています。
勝負のお守りを求めて全国各地から参拝に訪れている神社です。
(所在地:宮城県仙台市)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

秋保大滝

次の記事

志波彦神社・鹽竈神社