志波彦神社・鹽竈神社

美しい彫刻や装飾が施された志波彦神社・鹽竈神社。春には桜が咲き誇り情緒ある景色を楽しませてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




宮城県塩竈市にある志波彦神社・鹽竈神社は、元は鹽竈神社のみが鎮座していましたが、明治時代に志波彦神社が境内に遷座し、現在は正式名称を志波彦神社・鹽竈神社と1つの神社として扱われています。
鹽竈神社は古くから東北鎮護・陸奥国一之宮として、朝廷を始め庶民の崇敬を集めてきました。
当神社創建の年代は詳らかではありませんが、平安時代初期、嵯峨天皇の御代に編纂された「弘仁式」に「鹽竈神を祭る料壱万束」と記され、厚い祭祀料を授かっていたことが知られます。奈良時代国府と鎮守府を兼ねた多賀城が鹽竈神社の西南5キロメートル余の小高い丘に設けられ、その支えとなって信仰されたと考えられます。
思わず見とれてしまう美しい建立物が魅力で、彫刻や装飾どれも美しさに溢れています。
平成14年には、本殿・拝殿・唐門・廻廊・随神門以下14棟と石鳥居1基が、国の重要文化財の指定を受けています。
志波彦神社は、陸奥国百社の名神大社として奉られ、明治7年に鹽竈神社の別宮本殿に遷祀されています。志波彦神社は、鹽竈神社以上の装飾を施した建物で、朱黒の極彩色漆塗りの極彩色社殿、拝殿は桁行5間、梁間3間。内部は石敷き、左右と背面には高欄付きの廻縁を持っています。屋根は入母屋造り、銅板葺きと細部まで詳細な作りになっています。
春には桜が咲き誇る神社としても名高く、宮城県の桜の観光スポットとしても親しまれています。
(所在地:宮城県塩竈市)

手入れされた庭園に咲く桜

神社の境内から眺める庭園

桜の季節の神社

美しい彫刻が施された建物

美しい彫刻が施された社殿

美しい彫刻が施された社殿




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

秋保神社