斜里岳

知床半島から続く標高1,547メートルの斜里岳。四季折々の美しい姿が見られる山です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




標高1,547メートルの斜里岳は、知床半島から続く火山群の山々の一つで、斜里町、清里町、標津町の3つの町を隔てています。
斜里岳の東側には、国道244号線の根北峠が通っている他は目立った道路もなく、自然豊かな山間部となっています。
斜里岳道立自然公園に属しており、日本百名山にも指定されている山です。
斜里岳はその標高の高さから遠くからでも眺めることができ、斜里町や清里町だけでなく小清水町や大空町からもその姿を確認できます。また、山の南側は、標津町だけでなく、中標津町や別海町からもその雄姿を眺めることができます。
清里町札弦は斜里岳の麓にある町で、道の駅もあります。その近くからは斜里岳の雄姿を間近で眺めることができます。
弟子屈町と小清水町を隔てる小清水峠(標高490メートル)からは、直接斜里岳の美しい姿を眺めることができる絶景ポイントです。
途中に山がなく、一直線に斜里岳につながるような景色を堪能できます。
また、冬の斜里岳は北海道らしい白銀の世界に包まれた美しい姿を見せてくれます。
国道334号線の小清水町からは美しい斜里岳の姿を眺めることができます。
(所在地:北海道小清水町)

まだ雪残る春の斜里岳

緑が眩しい夏の斜里岳

秋の紅葉と斜里岳




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

次の記事

仙台東照宮