旧愛国駅

旧国鉄広尾線の愛国駅。愛の国から幸福へのキャッチフレーズとともにブームになった駅です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




かつて国鉄時代、帯広から南十勝の広尾町まで広尾線が走っていました。
その中の一つの駅が愛国駅です。広尾線は更別や忠類、大樹町を経由して広尾まで続く全町84キロメートルの路線でした。
廃線の直前に「愛の国から幸福へ」というキャッチフレーズのもと、ブームを巻き起こしましたが、利用客の増加には及ばず、1987年に廃線となってしまいました。
現在は交通記念館として当時使用していた切符、パネル、SLを展示し、帯広の観光スポットになっています。
駅舎前の「幸福ゆき」切符を型どったモニュメント前は絶好の撮影スポットです。
(所在地:北海道帯広市)

当時のまま保存されている駅舎

愛国から幸福行きの切符のモニュメント

駅構内にはSLが停まっています




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

波立海岸弁天島

次の記事

松江城