青い池

美瑛町にある神秘の湖、青い池。周囲のカラマツやシラカバの樹木が立ち枯れた事により池の周囲の風景も青い池を際立てせています。

このエントリーをはてなブックマークに追加




美瑛町にある神秘の湖、青い池。
国道237号線から道道966号線を白金温泉に向かって走ると約20キロにある池です。夏場には多くの観光客が訪れれる為、駐車場待ちに長蛇の列ができるほどです。
昭和63年に十勝岳噴火の際、火山泥流災害を防止すべく、美瑛川本流にコンクリートブロックで堰堤をつくった際に、水がたまったのが青い池の誕生です。
青く見えるのは、この付近の湧水にアルミニウムなどの白色系の微粒子が含まれているからであり、美瑛川の本流の水と混合されることにより一種のコロイドが生成されます。水中に差し込んだ太陽光がコロイド粒子に散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えるのです。
青い池は壁紙に使用されるほど美しい池で、周囲のカラマツやシラカバの樹木が立ち枯れた事により池の周囲の風景も青い池を際立てせています。
(所在地:北海道美瑛町)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!