厚岸大橋

厚岸湾と厚岸湖の湖口に位置する厚岸大橋。全長は450メートル程度の橋ですが、海面から近く迫力があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加




厚岸大橋は、厚岸町内を南北に分断する厚岸湾と厚岸湖の湖口に位置する橋です。全長は450メートル程度の橋ですが、海面からほど近い場所にかかっているため、迫力があります。
厚岸湖は周囲25キロメートルの湖で厚岸町内にあります。厚岸湖の中に小さな島である弁天島は厚岸町のシンボル的存在で、島内には神社があります。満潮の際には、島が隠れてしまうほどです。厚岸大橋から弁天島を眺めることができます。
厚岸大橋ができる前は、対岸に渡るためのフェリーが運航されていましたが、交通量が多くなりフェリーの輸送が困難になったため、橋が架けられました。
厚岸大橋は、国道44号線の厚岸町内に入る手前から遠く眺めることもできますが、厚岸湾南側の厚岸漁港側からは、下から見上げる形で橋を眺めることができます。
(所在地:北海道厚岸町)




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

前の記事

天の川駅

次の記事

宮島