神居古潭

上川盆地と石狩平野との境にある石狩川の急流箇所である神居古潭。急流を望む景勝地です。

このエントリーをはてなブックマークに追加




旭川を代表する絶景、神居古潭は旭川の南側に位置し、上川盆地と石狩平野との境にある石狩川の急流が美しい景色を織りなしています。
石狩川の南側を国道12号線が走り、北側をJR函館本線が走っていました。まだJR函館本線が電化される前ですが、この頃、神居古潭駅が存在しました。しかし、更に北側にトンネルで貫く電化されたJR函館本線が開通したと同時に神居古潭駅は廃止されました。
旧線路跡は現在サイクリングロードとなっています。
国道12号線もかつては石狩川の流れに沿って走っていましたが、今は神居古潭トンネルによって貫かれています。
石狩川沿いを走る国道は、現在の神居古潭を訪れる道として観光客などが利用しています。
石狩川両岸が美しい景色で急流を望む景勝地となっています。秋には、河川沿いの木々が紅葉に包まれ、紅葉のスポットとして親しまれています。
(所在地:北海道旭川市)

急流の神居古潭は水深70メートルを超える深さがあります

石狩川を渡る神居大橋

神居大橋は昭和初期に架けられた橋です

周辺の観光案内です

アイヌ語の説明看板です

神居古潭の歴史について学べます

国道12号線はトンネルで通過します

秋の紅葉の季節の神居古潭

秋の紅葉の季節の神居古潭

秋の紅葉の季節の神居古潭




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!