北防波堤ドーム

通常の防波堤の外観とは大きく異なる特徴を持つドーム型の北防波堤ドーム。北側からの荒波を防ぐために設置されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加




最北の街、稚内の観光名所の一つが、稚内港にある北防波堤ドームです。
通常の防波堤の外観とは大きく異なる特徴を持つドーム型の防波堤は、北側からの荒波を防ぐために設置されました。
70本の柱が立ち並ぶ、古代ローマのようなアーチ状の曲面天井は、幾何学的な雰囲気を作り出しています。
もともと、稚内と樺太を結ぶ鉄道連絡船の桟橋と稚内駅から延長して乗降ができるように設置された稚内桟橋駅を結ぶ
通路としてこの防波堤が設置されました。長さは約430メートルあります。
稚泊連絡船は現在、ありませんが、稚内港を守る防波堤として現在もその使命を果たしています。
北海道遺産にも認定され、周辺は公園として整備され、稚内の観光名所として多くの観光客が訪れます。
(所在地:北海道稚内市)

稚内とサハリンを結ぶ航路の記念碑です

かつてここまで鉄道が走っていたことを示す動輪のオブジェです

防波堤ドーム内を歩く事もできます




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!