ビワセ展望台

道道123号線なぎさのドライブウェイの途中にある展望台。霧多布湿原と太平洋の大海原を一望できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加




厚岸町から太平洋海岸を走り、浜中町茶内まで続く道道123号線。別名なぎさのドライブウェイと呼ばれています。
霧多布岬や霧多布湿原、厚岸湖など道東の観光名所を網羅している道道123号線は、観光路線として親しまれています。
霧多布湿原の広がる琵琶瀬川付近にある琵琶瀬展望台。パーキングエリアとして休憩所にもなっています。
小高く丘になった頂上にある琵琶瀬展望台は、北側に霧多布湿原を一望できます。対して南側は、どこまでも続く太平洋の大海原が
広がります。断崖絶壁になった海岸線を間近に見ることのできる絶景スポットでもあります。
周りに何もないため、強風が吹き荒れる場所ですが、車窓に広がる景色は最高です。
(所在地:北海道浜中町)

展望台から南側は断崖絶壁と太平洋の光景です




このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!