2021/02/07

 

暦の上では立春を過ぎ春ですが、北海道はまだまだ冬のまっただ中、厳冬期はしばらく継続します。
寒い冬ならではのイベントが北海道では開催されますが、今年はコロナの関係で中止も相次いでいます。札幌の冬の一大イベントであるさっぽろ雪まつりも今年は会場ではなくオンライン開催になっています。
しかし、北海道の冬は例年通り寒さ厳しい冬です。冬ならではの自然現象を楽しむのはいかがでしょうか?いつでも見れる訳ではありませんが、見れたときの感動は一層大きくなります。北海道で見られる冬の自然現象を4つ紹介します。

けあらし
けあらしは気象用語で蒸気霧と呼ばれる冷え込みが厳しい冬の早朝から午前の間、水面に白く立ち上る霧が湯気のように見える現象です。主に留萌、函館、釧路、浦河などの海岸で見られることが多いのが特徴です。発生の条件は、夜間の気温が放射冷却によって冷やされ、翌朝の天気が快晴であることです。その時の気温は-15℃前後、海水温との温度差は15℃以上であること、風速は3〜5m/sというような条件が揃わないと見ることができません。
凍えるような冬の早朝に海上に白く漂う幻想的な霧は、感動の自然現象です。

ジュエリーアイス
十勝川を覆いつくす氷が太平洋に流れ出し、河口の大津海岸に打ち上げられる氷の塊が太陽の光を受け美しく輝く自然現象がジュエリーアイスです。十勝の厳しい寒さと、十勝川が生み出す自然の神秘です。北海道のもう一つの風物詩である流氷と似ていますが、流氷は大きな氷の塊が層になって押し寄せたものであり白色をしていますが、ジュエリーアイスは透明であるため、輝きと美しさは比べものにならないほどです。
クリスタルのような透明な氷が太陽の光を受け輝く姿は、まるで宝石のような美しさです。1月中旬~2月下旬頃までの豊頃町大津にある十勝川河口付近の砂浜で見ることができます。

御神渡り
長野県の諏訪湖で見れる神秘的な現象として有名ですが、北海道の屈斜路湖では諏訪湖以上に頻繁にみることができます。凍結した氷がバリバリという音とともに山脈状にせり上がる現象で、発生には気温が大きく関わっており、結氷した氷が気温の低下で収縮し表面に亀裂が入り、その裂けた中に水が入り込みさらに氷結し気温が上がると、膨張して氷が持ち上がってできるとされます。
2~3月の厳冬期、凍結した湖面の氷が、突如バリバリという音とともに盛り上がって一筋の道を造る現象をみることができます。神様が降り立ち歩いた道のようだということから、御神渡りという名が付けられました。

ダイヤモンドダスト
極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象であるダイヤモンドダスト。氷点下10℃以下の快晴の早朝に、無風状態で湿度があると水蒸気が急速に冷却され、雲になる前に氷の粒になる現象です。天使の囁きとも呼ばれる美しい自然現象です。
北海道では、名寄市、十勝エリア、弟子屈町の川湯温泉など放射冷却現象によって気温が急激に下がる内陸部で比較的よく観測され、1月から2月にかけて発生する確率が高くなります。
発生条件は、氷点下10度以下で快晴の明け方に視程良好、適度な湿度もあることです。

冬の神秘的な自然現象は、いずれも早朝に見ることができます。早朝は一日の中で最も気温が低く、北海道の厳冬期の早朝は痛いと表現できるほど厳しい寒さです。そこでみることができる自然現象は寒さを忘れる程の美しさです。是非、北海道でしか見ることのできない美しい現象を見るために出かけてみませんか?もちろん、暖かい服装で出かけるのを忘れずに。





前の記事

2021/01/01

次の記事

2021/03/07