2021/03/07

3月に入り、北海道も春の訪れが一歩一歩近づいてくるのがわかるようになります。長かった雪のシーズンも残り1ヶ月ほどです。プラスの気温も多くなり春が待ち遠しい中ではありますが、この時期ならではの苦労もあります。
暖かくなるといっても北海道の桜の季節は5月、まだまだ厳冬期といっても過言ではありません。冬の装備をしながらも、雪解けなどにも同時に注意しなければならないのです。

気温が高くなると、積もった雪が溶け始めます。屋根や高いところからの落雪に注意しなければならないことはもちろんのこと、道を歩くのも一苦労です。歩道は今までに積もった雪山で遮られている上に溶けた雪が水たまりとなり歩きにくくなります。溶けきってアスファルトが顔を出してくれるまでの辛抱ですが、まともに歩けるスペースは限られてしまいます。車道も水たまりが多くなります。排水溝が雪で塞がれているために溶けた水が流れずにそのまま車道にとどまってしまうためです。車を運転する際には泥はねなどに注意をしなければなりません。
三寒四温と言われるように寒の戻りも頻繁に起こります。一度溶けた雪水が再度凍るとスケートリンクのようなアイスバーンになります。歩道は歩きにくく、車道はツルツルの路面になります。夜間や早朝などは特に気をつけなければなりません。凍った路面の上に雪が積もると一層滑りやすくなります。刻々と変わる路面状況に対応しながら生活しなければならない時期なのです。
3月は飛行機の雪による飛行機の欠航も多くなる時期です。1月や2月の厳冬期の雪はサラサラな雪質であるため、ある程度の量が降っても吹き飛ぶ程の軽さなので飛行機の運航にあまり影響を及ぼしません。しかしこの時期の雪は水分を含んだ雪です。そのため機体に雪が付着してしまうため、量が降ると離陸や着陸が難しくなります。天候による飛行機の欠航や遅延が起こりやすい時期なので、スケジュールには余裕を持つことをおすすめします。

都市部では春間近ですが、山間部ではまだまだ冬です。北海道のスキー場の3月はまだハイシーズンの扱いです。パウダースノーを3月でも楽しめるのが魅力です。今シーズンのウィンタースポーツを満喫できます。
コロナの影響でイベントなどの中止も相次いでおり、旅行シーズンの3月でもどこも閑散としていますが、一歩一歩春が近づく北海道を楽しめる時期でもあります。





前の記事

2021/02/07

次の記事

2021/04/04