2021/04/04

桜前線が平年より早いスピードで北上しています。
4月に入る前までに既に東北地方南部まで北上しており、日本列島の桜前線も東北北部と北海道のみとなっています。このあとも速度を落とさずに北上を続けると予想されており、津軽海峡を渡り、札幌や函館が開花となる時期は4月の下旬頃と、平年より一週間程度早いのではないかと予想されています。例年ゴールデンウィークが桜の見頃と重なるのですが、今年はゴールデンウィークの一歩手前で満開の桜を見れそうです。
桜前線は最終目的地北海道を約一ヶ月かけて北上します。道南や道央を皮切りに道北、そして道東へと桜前線は向かいます。4月下旬に北海道で始まった桜は、5月の下旬に北は稚内、東は根室に到達しゴールを迎えます。5月は北海道各地で桜を鑑賞できる季節なのです。
今年も昨年同様、コロナ渦での桜の季節となります。春の陽気に誘われてお出かけしたくなる季節ですが、くれぐれも感染対策をしっかりとして出かけるようにしたいものです。

この3月、2016年に開業した北海道新幹線が開業5周年を迎えました。好調だった観光客もコロナの影響で閑散とした状態の中ではありますが、着々と北海道新幹線の終着地である札幌延伸に向けて工事が進められています。トンネル工事の崩壊や、並行在来線の存続についての議論など課題も山積みですが、札幌駅の改修工事への着手を開始するなど、あと10年を切った札幌開業までこれからめまぐるしく変わって行くことでしょう。JR北海道の鉄道事業は赤字ですが、唯一の黒字事業である不動産事業を活性化させるためにも、北海道新幹線の札幌延伸は絶対に失敗にはできない事業です。
そして鉄道事業の更なる赤字拡大を防止すべくダイヤ改正では大幅なメスを入れています。列車の編成を短くしたり本数を減らしたり、そして駅の削減は今年も行われました。3/31には高波の被害を受けて休止中であった日高本線が廃止され、北海道から更に鉄路が減りました。これも時代の流れです。

一方、交通の中心である道路は新規開設で賑わっています。
3/28に函館新外環道の空港道路が函館空港ICまで延伸しています。今まで函館の北部から湯の川方面へ向かうには、産業道路を走ることが最も効率的ですが、慢性的な渋滞に見舞われていました。この道路の開通により、函館東部へのアクセスが時間短縮になります。函館空港+レンタカーを利用する観光客もストレスなく大沼方面へ向かうことができるようになります。
5月には士別市に道の駅が開業します。士別市には道の駅は今まで存在していなく、北に隣接する名寄市と南に隣接する剣淵町にあるのみでしたが、道の駅の開業により、道央自動車道の士別剣淵ICを降りてから最初の道の駅として活性化するでしょう。

4月に入り新年度を迎えました。この春、新社会人となった方、入学や進級された方々の皆様、おめでとうございます。
新しい希望を胸にこの時期を迎えているのではないかと思います。昨年から続くコロナは社会の様々な場面に影響を及ぼしており、時代の変革に加えて新しい環境への対応と、人一倍努力しなければならないは事実です。しかし、この時期だからこそ他の人が得られない経験ができると前向きに捉えて邁進していただければと思います。





前の記事

2021/03/07