2020/08/02

8月に入り、北海道の夏もあと半月です。
お盆を過ぎれば季節は既に秋、夏を満喫できるのは2週間あまりです。
今年は新型コロナウイルスの影響で夏のイベントや海水浴、花火などが相次いで中止になり、つまらないと感じている人も多いのではないでしょうか?
コロナウイルス対策で気をつけるのは密。人と人との距離が近いと感染のリスクが高まります。そこでこの夏は密を避けて楽しめる夏の過ごし方を提案します。
1つ目は誰も知らない景色探し。北海道は広く自然が豊かです。まだ誰も知らない美しい景色がどこかにあります。もちろん誰も知らない景色なので他の人は誰もいません。そんな美しい景色探しに出かけませんか?
場所だけでなく、時間帯によって突然現れる景色もあります。マジックアワーの時間帯を狙ったり、夜間ならではの景色もあります。
人工の明かりがない場所に行くと、満天の星空に出会えるかもしれません。北海道の新しい絶景スポット探しはこの状況下でおすすめです。

2つ目はキャンプです。北海道には数多くのキャンプ場があります。どのキャンプ場も自然豊かな場所に配置され、コンビニやスーパーなどが近くになく、不便さを感じるかもしれませんが、キャンプの醍醐味を満喫できるメリットもあります。
広大な場所であることが多いため、隣のテントサイトと距離を保つこともできます。家族や友人で行くのも楽しいですが、最近ではソロキャンプも話題になっており、都会の雑踏を離れて一人で自然の中で過ごすアクティビティもおすすめです。
キャンプのベテランともなれば、キャンプ場ではない場所でキャンプをする事も可能です。経験や知識がないとリスクを伴う事になるため、上級者におすすめの方法ですが、完全に密を避けることが可能です。
今年は人と会うことを懸念してお盆の帰省も断念している人も少なくないと思います。
いつもの夏を違う過ごし方を体験して、新しい夏の過ごし方を発見してみませんか?





前の記事

2020/07/05

次の記事

2020/09/06