2020/09/06

まだ残暑厳しい9月ですが、北海道は秋へと季節は移り変わっています。
今月から11月にかけて北海道では紅葉が各地で見頃になっていきます。
9月には大雪山や十勝岳連峰など標高の高い場所で木々が色づき、初雪も観測されます。10月には道東や道北などで紅葉が見頃になり、平地でも赤や黄色に色づいた紅葉を鑑賞できます。そして11月には札幌市内の平地や函館など道南でも紅葉シーズンが訪れます。
紅葉が終われば北海道は冬の訪れです。これから3ヵ月程度かけて気温もぐっと下がり、長い冬に徐々に向かっていきます。

紅葉の観賞は青空の下が一番ベストですが、天候によって紅葉は異なった姿を見せてくれます。
曇り空では太陽の光に邪魔されず、色づいた葉本来の色を見せてくれます。
また、一層神秘的な雰囲気にさせてくれるのが雨の日です。切なさを表現するには最適な天候です。
そして夜もおすすめです。真っ暗な中では表現できませんが、街路灯などちょっとした光に照らされた紅葉は昼間の雰囲気とは異なる印象を与えてくれます。

紅葉自体はどこも同じですが、天候や時間帯などを変えて背景の景色と織り交ぜるだけで、いつもと違うオリジナルの紅葉風景を演出できます。今年は、そんな紅葉を探しに出かけてみませんか?

秋と言えばおいしい味覚です。
いつもであれば、全道各地で秋の味覚のイベントが開催される時期ですが、夏のイベントに続いて、コロナの影響で秋のイベントも中止されています。この時期を楽しみにしていた人にはとても残念な事ですが、秋の味覚を楽しめるのはイベントだけではありません。

近くのスーパーでも秋の味覚はしっかりと堪能できます。旬の食材は次々と市場に入ってきてスーパーの店頭に並びます。イベントの雰囲気を楽しむ事はできませんが、美味しい食材の味は家庭でも再現できます。
今年はコロナの影響で自炊しているケースが増えているようです。生活環境が変わって約半年、そろそろ毎日の食卓も飽きて来た頃ではないでしょうか?そんな時に秋の新しい食材を取り入れる事で食卓を一層華やかにする事ができます。

自炊では食材の調理方法に困るかもしれませんが、そんなときには電子レンジがおすすめです。
最近の電子レンジは多機能でいろんな機能がついています。普段は温めしか使わないケースが多いと思いますが、実は蒸したり焼いたり煮たりする事もできます。説明書を見返して使い方の幅を広げるのもおすすめです。
レシピ本にも電子レンジでの調理方法が記載されているケースも多くなっているので是非参考にしてみてください。





前の記事

2020/08/02

次の記事

2020/10/04