2020/11/07

一歩一歩確実に冬に向かう11月。
既に初雪も降り、冬への準備に忙しい毎日です。

冬の訪れの風物詩はイルミネーションです。
今年はコロナウイルスの影響で数々のイベントが中止になっていますが、イルミネーションは中止せずに実施される事も多くなっています。とはいえ、新型コロナにはまだ十分に注意する必要があり、空気が乾燥するこの季節は特に気をつけなければなりません。そのため規模を縮小したり、人数制限を行うなど万全なコロナ対策を実施した上での開催が前提となります。
もちろん一人一人の心がけが一番大事で、密を防ぐ工夫をする事がポイントです。

イルミネーションもいつものように白色をメインとしたライトアップとは異なり、新型コロナに立ち向かう医療従事者への経緯を表して青色のLEDを多く使うケースが多く、いつもとは異なったイルミネーションのスタイルが多くなりそうです。
ウイルス対策と寒さ対策を万全にして、イルミネーションを楽しみましょう。

年末年始のご予定はお決まりですか?
通常であれば、既に年末年始の予定は組まれており、交通機関などの予約をしている事が多いのですが、今年はいつもとは異なった雰囲気です。海外旅行はほぼ無理な可能性で、GoToキャンペーンの効果も相まって国内旅行に集中しそうな状況です。しかも密を避けるために今年の移動は自動車中心になることが予想されてます。

北海道の年末年始は、路面が凍結する厳冬期にあたり、帰省や旅行などで渋滞しがちな高速道路はいつも以上に渋滞がひどくなることも予想されています。政府は年末年始休暇の分散や長期化を声かけていますが、現実的には難しい人がほとんどの中で、帰省やUターンラッシュ、初詣に出かける人などの車で道路の混雑は今から心配しておく必要がありそうです。
今時点ではわかりませんが、悪天候も重なると事故などのリスクも高まるため、余裕を持って、リスクを感じたら出かけるのを中止するなどの判断もできるようにしておく事がベストです。

飛行機はまだ空席があるようです。電車の予約は1ヶ月前からなので年末年始に公共交通機関で出かけるプランはまだ間に合いそうです。どの行楽地も観光地も密になる混雑ぶりになる可能性が高いため、思い切って出かけないという判断軸も合わせて慎重に検討するのがおすすめのようです。





前の記事

2020/10/04

次の記事

2020/12/13