2021/01/01

2021年元旦です。2021年が幕開けしました。
今年も北海道パーキングガイドをよろしくお願い申し上げます。

新型コロナウィルスに様々な影響を受けた2020年が終わり、新しい年を迎えることになりました。とはいってもまだ新型コロナウイルスが収束したわけではなく、今年も新型コロナウイルスとの戦いは続きます。引続き密を避けてソーシャルディスタンスを確保しながら生活していかなければなりません。
年が明けて最初に密に気をつけなければならないのは初詣です。神社やお寺ではいつもと異なる初詣を呼びかけています。通常三が日に初詣に行くのが定番ですが、日時をずらして参拝に行くように声がけています。三が日に行かなければならないのは過去の常識です。今新しい常識が芽生えようとしています。初詣に行く時期も新しい常識に則る必要があります。

昨年は、外出を自粛する動きにより交通機関が大きな打撃を受けています。若干需要が戻ったとはいえ、全盛期と比較するとまだまだ少ない状況です。年末年始の需要を期待していたにも関わらず、新規感染者の増加により淡い期待もなくなってしまっています。コロナの影響を受ける前から赤字路線の保有で悩んでいたJR北海道も、この3月のダイヤ改正で赤字対策にもう一歩踏み出す事になっています。
政府からの支援はもちろんの事、利用客の少ない列車の臨時化や列車の編成減、そして駅の廃止です。駅は過去最大の18駅廃止に踏み切りました。いままで廃止があまり行われなかった宗谷本線を中心に廃止を行い、管理コストの削減と列車のスピード化を図る目的です。残った駅もJR北海道の管理管轄から市町村自治体の管轄に変更する駅もあります。
毎年、北海道から鉄道の駅が減っていくのは寂しいですが、時代の流れとともに変化していかなければならない宿命かもしれません。

今年の年末年始は全国的に寒波が到来しています。北海道では軒並み氷点下二桁台になっている地域も多くなっています。全国的にも東北地方を中心に真冬日になる地域があり、さらに日本海側では大雪が降っています。既に東北から北陸にかけての日本海側では2メートルを超える積雪になっている地域もあります。京都の観光地も雪に包まれる幻想的な景色になっています。
先日関越自動車道で大雪の影響で身動きがとれなくなる被害が出ていますが、いつ同じ状況が生じてもおかしくない状況です。天気予報や道路交通情報を確認してから出かけるようにしましょう。





前の記事

2020/12/31

次の記事

2021/02/07