北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇ 過去の日記 ◇


2020/11/07

一歩一歩確実に冬に向かう11月。 既に初雪も降り、冬への準備に忙しい毎日です。

冬の訪れの風物詩はイルミネーションです。 今年はコロナウイルスの影響で数々のイベントが中止になっていますが、イルミネーションは中止せずに実施される事も多くなっています。 とはいえ、新型コロナにはまだ十分に注意する必要があり、空気が乾燥するこの季節は特に気をつけなければなりません。そのため規模を縮小したり、人数制限を行うなど万全なコロナ対策を実施した上での開催が前提となります。 もちろん一人一人の心がけが一番大事で、密を防ぐ工夫をする事がポイントです。

イルミネーションもいつものように白色をメインとしたライトアップとは異なり、新型コロナに立ち向かう医療従事者への経緯を表して青色のLEDを多く使うケースが多く、いつもとは異なったイルミネーションのスタイルが多くなりそうです。 ウイルス対策と寒さ対策を万全にして、イルミネーションを楽しみましょう。



年末年始のご予定はお決まりですか?

通常であれば、既に年末年始の予定は組まれており、交通機関などの予約をしている事が多いのですが、今年はいつもとは異なった雰囲気です。海外旅行はほぼ無理な可能性で、GoToキャンペーンの効果も相まって国内旅行に集中しそうな状況です。しかも密を避けるためにことしの移動は自動車中心になることが予想されてます。

北海道の年末年始は、路面が凍結する厳冬期にあたり、帰省や旅行などで渋滞しがちな高速道路はいつも以上に渋滞がひどくなることも予想されています。政府は年末年始休暇の分散や長期化を声かけていますが、現実的には難しい人がほとんどの中で、帰省やUターンラッシュ、初詣に出かける人などの車で道路の混雑は今から心配しておく必要がありそうです。今時点ではわかりませんが、悪天候も重なると事故などのリスクも高まるため、余裕を持って、リスクを感じたら出かけるのを中止するなどの判断もできるようにしておく事がベストです。

飛行機はまだ空席があるようです。電車の予約は1ヶ月前からなので年末年始に公共交通機関で出かけるプランはまだ間に合いそうです。どの行楽地も観光地も密になる混雑ぶりになる可能性が高いため、思い切って出かけないという判断軸も合わせて慎重に検討するのがおすすめのようです。






2020/10/04

本格的に秋が深まり、冬へと季節が変わる10月。 既に標高の高い山は紅葉の見頃を迎え、初雪の便りもまもなくです。

海や山、そして収穫を迎える農作物も最盛期を迎え、一年で一番美味しい季節なのですが、 今年はコロナウイルスの影響で様々な秋のイベントが中止となり残念です。 政府によるGoToキャンペーンも今月より東京が追加となり、北海道観光に力を入れたいところですが、 インバウンドが全滅している状態では、以前と同じような盛り上がりにはまだまだ遠い状態です。 同様に海外旅行に気軽に行けるような状態ではないため、この秋は国内旅行がおすすめです。

GoToキャンペーンを使えば大幅なの割引が適用されるため、ワンランク上のホテルやアクティビティを 狙うことができます。北海道内はもちろんのこと、道外も視野に入れてみるのも良いかもしれません。 気をつけなければならないのが台風です。11月くらいまでは台風が近づく可能性が非常に高いため、 あまり先の予約をすると天気で失敗する可能性があります。 三連休など長期休暇を除けば、直前でも予約できる可能性が高いため、天気を考慮しつつ土日などを 活用して旅行計画を立てるのがポイントです。



北海道内の観光であれば、食を楽しむ事は難しいので紅葉をしっかり楽しみましょう。 夏の気温が高く、秋の日中と夜の寒暖差が大きければ大きいほど紅葉はきれいに色づきます。 まさに今年は美しい紅葉となる気候条件が整っているため、今後平野部でも見れる紅葉が楽しみです。

そして、紅葉が終わればすぐに冬です。下旬には平野部でも初雪となります。峠や山間部では、 いつ積もってもおかしくないため、天気とともに気温も確認し、スタッドレスタイヤへの交換も 早めに準備するのがおすすめです。雪が降ると天気予報が出れば、カー用品店などのタイヤ交換の 予約が殺到します。まだと思っていても雪の季節はあっという間に訪れます。今月中に準備するのが賢い方法です。 気温が激しく乱高下する10月は気づけば氷点下の日も発生します。インフルエンザの流行も予想されているため、 体調管理をしっかりと行い乗り切りましょう。






2020/09/06

まだ残暑厳しい9月ですが、北海道は秋へと季節は移り変わっています。

今月から11月にかけて北海道では紅葉が各地で見頃になっていきます。 9月には大雪山や十勝岳連峰など標高の高い場所で木々が色づき、初雪も観測されます。 10月には道東や道北などで紅葉が見頃になり、平地でも赤や黄色に色づいた紅葉を鑑賞できます。 そして11月には札幌市内の平地や函館など道南でも紅葉シーズンが訪れます。 紅葉が終われば北海道は冬の訪れです。これから3ヵ月程度かけて気温もぐっと下がり、 長い冬に徐々に向かっていきます。

紅葉の観賞は青空の下が一番ベストですが、天候によって紅葉は異なった姿を見せてくれます。 曇り空では太陽の光に邪魔されず、色づいた葉本来の色を見せてくれます。 また、一層神秘的な雰囲気にさせてくれるのが雨の日です。切なさを表現するには最適な天候です。 そして夜もおすすめです。真っ暗な中では表現できませんが、街路灯などちょっとした光に照らされた 紅葉は昼間の雰囲気とは異なる印象を与えてくれます。

紅葉自体はどこも同じですが、天候や時間帯などを変えて背景の景色と織り交ぜるだけで、 いつもと違うオリジナルの紅葉風景を演出できます。 今年は、そんな紅葉を探しに出かけてみませんか?



秋と言えばおいしい味覚です。 いつもであれば、全道各地で秋の味覚のイベントが開催される時期ですが、夏のイベントに続いて、 コロナの影響で秋のイベントも中止されています。この時期を楽しみにしていた人にはとても残念な事ですが、 秋の味覚を楽しめるのはイベントだけではありません。

近くのスーパーでも秋の味覚はしっかりと堪能できます。旬の食材は次々と市場に入ってきてスーパーの店頭に 並びます。イベントの雰囲気を楽しむ事はできませんが、美味しい食材の味は家庭でも再現できます。 今年はコロナの影響で自炊しているケースが増えているようです。生活環境が変わって約半年、そろそろ毎日の 食卓も飽きて来た頃ではないでしょうか?そんな時に秋の新しい食材を取り入れる事で食卓を一層華やかにする事ができます。

自炊では食材の調理方法に困るかもしれませんが、そんなときには電子レンジがおすすめです。 最近の電子レンジは多機能でいろんな機能がついています。普段は温めしか使わないケースが多いと思いますが、 実は蒸したり焼いたり煮たりする事もできます。説明書を見返して使い方の幅を広げるのもおすすめです。 レシピ本にも電子レンジでの調理方法が記載されているケースも多くなっているので是非参考にしてみてください。






2020/08/02
8月に入り、北海道の夏もあと半月です。 お盆を過ぎれば季節は既に秋、夏を満喫できるのは2週間あまりです。
今年は新型コロナウイルスの影響で夏のイベントや海水浴、花火などが相次いで中止になり、 つまらないと感じている人も多いのではないでしょうか? コロナウイルス対策で気をつけるのは密。人と人との距離が近いと感染のリスクが高まります。 そこでこの夏は密を避けて楽しめる夏の過ごし方を提案します。
1つ目は誰も知らない景色探し。北海道は広く自然が豊かです。まだ誰も知らない美しい景色がどこかにあります。 もちろん誰も知らない景色なので他の人は誰もいません。そんな美しい景色探しに出かけませんか? 場所だけでなく、時間帯によって突然現れる景色もあります。マジックアワーの時間帯を狙ったり、夜間ならではの景色もあります。 人工の明かりがない場所に行くと、満天の星空に出会えるかもしれません。北海道の新しい絶景スポット探しはこの状況下でおすすめです。

2つ目はキャンプです。北海道には数多くのキャンプ場があります。どのキャンプ場も自然豊かな場所に配置され、コンビニやスーパーなどが 近くになく、不便さを感じるかもしれませんが、キャンプの醍醐味を満喫できるメリットもあります。 広大な場所であることが多いため、隣のテントサイトと距離を保つこともできます。家族や友人で行くのも楽しいですが、最近ではソロキャンプも 話題になっており、都会の雑踏を離れて一人で自然の中で過ごすアクティビティもおすすめです。
キャンプのベテランともなれば、キャンプ場ではない場所でキャンプをする事も可能です。経験や知識がないとリスクを伴う事になるため、 上級者におすすめの方法ですが、完全に密を避けることが可能です。
今年は人と会うことを懸念してお盆の帰省も断念している人も少なくないと思います。 いつもの夏を違う過ごし方を体験して、新しい夏の過ごし方を発見してみませんか?




2020/07/05
北海道も一年で一番過ごしやすいハイシーズンに入りました。 例年であれば、各地でイベントや花火大会が連日のように開催される季節ですが、 今年は新型コロナウイルスの影響で、最小限の開催にとどまっています。 北海道の夜空に輝く花火を楽しみにしていた人も今年は残念ながら我慢です。 来年には花火を楽しめる日が訪れていることを期待したいものです。
7月は富良野のラベンダーや花々が見頃になります。 毎年多くの観光客が訪れ、周辺の道路は渋滞になりやすいのですが、 今年は比較的ゆっくり見ることができそうです。 北海道への観光客がコロナ影響で少なくなっているため、混雑の心配をせずに ラベンダー鑑賞ができるかもしれません。もちろん3密を避けた行動は原則となりますが、 混雑に悩まされずに夏の富良野を楽しめそうです。 各ファームは営業するとの情報はありますが、営業時間の短縮や急な休業も考えられるため、 事前に確認をしてから出かけることをおすすめします。

交通機関の利用者は元に戻りつつありますが、まだ100%の回復には至らず、 航空会社各社も減便を継続しています。 観光利用の回復は見込まれていますが、ビジネス利用の回復は想像以上に厳しいようです。 平日の札幌〜羽田や大阪〜羽田、福岡〜羽田などの路線はビジネス客が大半を占める路線ですが、 テレワーク継続により出張利用が少なくなっているのが要因です。 リモート会議で十分に対応できることが証明できた今、わざわざ費用や時間をかけて出張をする 必要性が企業で問われていうからです。効率的な仕事をする上でもリモート会議を推奨するケースが多く、 出張需要が今後も継続して増加する見込みがないためです。 コロナで変わった新しいビジネススタイルは、様々な業界に影響を与えています。




2020/06/06
夏日になる日がちらほら出てくる6月に入りました。 今年は新型コロナの影響がまだ残っており、外出時はマスク着用が必須です。 暑い日にマスクを着用していると、熱がこもり更に暑くなり熱中症にかかるリスクが増加します。 2メートル以上の距離を保ちつつ、適度にマスクを外して熱気を追い出す工夫などが必要です。 また、水分補給も忘れてはなりません。喉が渇いていなくても確実に水分は汗として体から逃げていきます。 定期的に水分を補充することこそ熱中症対策の一つです。
最近は、北海道でも猛暑になる日が増えています。忘れもしない昨年の5月には39度超を記録するなど、 北海道も涼しいとのんきに言っていられない気候になっています。 日中は気温が上がっても日が沈んだ夜には気温が下がるのが北海道の夏です。 夜になっても熱帯夜で寝苦しい日が続くといった事はありませんが、日中と夜の気温差が大きく 体調を崩しやすいデメリットがあります。日中暑かったからと夜に窓を全開にして寝ると想像以上に気温が下がり 夏風邪をひいてしまうこともあります。夏風邪は治りにくいため十分に注意することが大事です。

今年の北海道の夏は少し寂しくなりそうです。新型コロナウイルスの影響で6月最大のイベントである YOSAKOIソーラン祭りが、そして日本一の規模を誇る大通り公園のビアガーデンが主役のさっぽろ夏祭りが 相次いで中止となってしまいました。クラスターを避けることがコロナ対策には最適であるため、これ以上 感染者を増やさないためにも仕方がない事ではありますが、相次ぐ夏のイベントが中止となり少し寂しい気分です。 正確な情報ではありませんが、夏の風物詩である花火や海水浴場の海開きなども見送るか制限付きの開催になることが 想定されます。この夏のレジャーを楽しみにしている人も多いと思いますが、主催者が発表する情報をチェックして からお出かけされるようにするのがベストです。
また北海道の高速道路を管轄するNEXCO東日本からの情報では、5月に引続き高速道路の休日割引を6/14まで 適用除外する事を発表しています。広い北海道を移動するには高速道路を利用するのが便利ですが、 休日割引である30%オフが適用されないため注意が必要です。
まだまだ油断できない状態が続きます。第二波、第三波が襲ってくる可能性は十分にあります。緊急事態宣言は 解除されましたが、一人一人が危機感を持って行動する事が最も大事です。




2020/05/03
新型コロナウイルスにより緊急事態宣言が4月16日に北海道にも発令されました。 当初、5月のゴールデンウィークに廃止予定だった札沼線北海道医療大学〜新十津川の区間の 廃止を混雑を懸念して早める方針でしたが、北海道に緊急事態宣言が発令されたことにより、 その翌日17日に急遽廃止されました。 廃止日が前倒しになり、告知なしに急に廃止されるという異例の事態となりましたが、 人が集まることで危険性が増すことを鑑みると適正な判断だったのかもしれません。
札沼線は札幌と石狩沼田を結ぶ路線でしたが、赤字路線により新十津川〜石狩沼田の区間が、1972年に廃止されました。 札幌近郊の区間は、沿線で宅地開発が進み、市民の足として通勤や通学路線へと転換していきました。 単線が複線に、非電化が電化へ、そして高架化と近代化が進み、列車本数も多くなっています。 一方、北部の北海道医療大学以北の路線は、利用者が非常に少ないローカル線であり、函館本線が近くを走ることや、 国道275号線が整備されて自動車交通が主流になったことから、廃止へと踏みきっています。
また、北海道から路線が消えます。移り変わる時代とともに歩む鉄道の歴史の一幕です。

ゴールデンウィークを迎えましたが、いつもと違うのが今年のゴールデンウィークです。 昨年は10連休と長期休暇になり、海外や国内旅行でにぎわったのが記憶に新しいのですが、 今年は、新型コロナウイルスの影響により、政府より緊急事態宣言が発令、外出は自粛するようにと 呼びかけられています。例年であればにぎわう空港や駅も閑散としており、道行く車の台数も減少。 自宅で過ごすことを余儀なくされているゴールデンウィークです。 カレンダー通りであれば5連休と昨年の半分の期間ですが、自宅にいることで10連休以上に長く感じてしまう ゴールデンウィークになるかもしれません。
行楽地や観光施設も軒並み営業を見合わせているため、移動しても楽しむことはできません。 ゴールデンウィークは北海道では桜が満開になる季節ですが、今年は桜を楽しむ余裕もないのが現実です。
今、大変なのは医療機関です。最前線で感染するかもしれないリスクと闘いながら、新型コロナウイルスと闘う 医療スタッフには感謝の言葉しかありません。今、私たちにできることは、少しでも感染者を減らし、 医療機関の負担を減らすこと、それしかできません。外出を我慢して自粛することは、私たち一人一人に唯一できることなのです。




2020/04/04
新型コロナウイルスの影響で外出自粛など国や自治体から人の接触を避ける働きかけが毎日のように報道されています。 企業で勤務している人も在宅勤務でのテレワークやシェアオフィスなどを活用して、会社に出社しなくても 業務を行う事が主流になっており、働き方改革の活性化につながっています。
そんな中5Gサービスが開始されました。次世代のネットワークとして注目を集めている5Gは大都市圏を中心に スタートされたサービスで、2時間の映画を数秒でダウンロードできるなどそのネットワークスピードが話題です。 テレワークやクラウドを利用したファイルの共有などには、意外とストレスがかかります。どこにいても社内にいるのと 変わらないネットワークスピードを手に入れることができれば、一層働き方改革に拍車がかかります。 まだ5Gは始まったばかりのサービスですが、今後の動向に注目です。

北海道も本格的に春の訪れを感じるようになりました。 まだ雪が残っている地域もありますが、暖冬や雪が少なかった影響もあり雪解けも早まる見通しです。 雪国の市街地の春先は、雪解けの時期はどうしても埃っぽくなりあまり綺麗なイメージはありませんが、 道路が清掃され、冬期間に消えた白線や横断歩道が整備されれば、北海道も一年の中で一番過ごしやすい時期に突入します。 新型コロナウイルスの影響で、外出自粛やイベント自粛などが相次いでおり春のイベントが続々と中止になっていますが、 ここは全員が足並みを揃えて我慢して早期に収束させ、不安がない状態でイベントやアウトドアを楽しみたいと願う次第です。




2020/03/07
今一番の話題は、日本中を脅かせているコロナウイルスです。 北海道でも感染者が発生し、政府や行政からもあらゆる対策が施されています。 コロナウイルスに関するニュースや情報は毎日のように配信されていますが、 すべての情報が正しいとは限りません。 不安になればなるほど情報にすがりつきたくなるものです。そして今はインターネットという 情報網が発達しているため、テレビやラジオよりもいち早く情報を入手しやすい環境にあるとともに、 情報が拡散するスピードもとても速くなっています。 このような危機的状況下においては、人々は間違った情報であるかを判断する前に、 いち早く行動を起こさないと遅れをとってしまうという気持ちの方が先走り、 情報を信頼して誤情報の連鎖反応を引き越しているのが現状です。 本当に正しい情報は厚生労働省から発信されています。数々の情報が飛び交う中、 過敏になりすぎず、冷静さを持って対応するのが一番の方法です。

3月に入り春も近づいていませんが、北海道はまだまだ冬です。 少しずつ暖かくはなりますが、寒い日も多いため体調を崩さないように服装などで調整しながら過ごしましょう。 今シーズンは雪が少なく例年の6割程度の雪の量であることから、 雪解けが早く、春が早く訪れるかもしれません。 3月はまだまだウィンタースポーツのシーズンですが、雪が少ないことから早めにクローズする事も考えられます。 まだスキーやスノーボードに行っていないという方は、雪のあるうちに思い切り楽しみましょう。 また、春に向けて様々なイベントが計画されていますが、コロナウイルスの対策としてイベントなどが中止や延期に なることも想定されます。参加の際には開催状況の確認をお忘れなく。




2020/02/02
積雪が少ないと叫ばれてきた今冬ですが、2月に入って積雪が多くなってきました。 雪の量はシーズンを通してほとんど変わらず、最初は少なくても結局帳尻が合うように降るんですね。
今は、世界的なイベントにもなっている「さっぽろ雪まつり」や「旭川冬まつり」など冬のイベントが開催中です。 毎年うんざりするほど悩ませられる雪を上手に活用してイベントにしようとした発想から生まれたお祭りです。 本州以南では暖冬と春のような暖かい日が続いていますが、北海道の冬は暖冬と言っても厳しい寒さです。 冬のイベントに参加される方は、くれぐれも暖かい服装でお出かけください。
そして冬にはインフルエンザが大流行します。今シーズンは新型コロナウイルスも話題になっています。 手洗いや消毒を励行して罹患しないようにご注意ください。

スキーヤーやスノーボーダーにとっては、嬉しい季節が冬です。サラサラのパウダースノーを滑る快感は最高です。 厳しい寒さに包まれる各地ウィンターリゾートが一番賑わう季節です。
ウィンタースポーツにはリスクもあります。先日トマムの敷地外で発生した雪崩で犠牲者が発生しました。 天候や雪の状況によって雪山では雪崩が発生します。スキー場管轄内では十分なパトロールを行っています。 他の国のスキー場では滑走可能エリアなどは特に指定しておらず、好きな場所を滑る事ができる場合がほとんどですが、 日本の場合にはスキー場エリアが指定されています。エリア外は誰も滑っていない新雪を楽しむ魅力がありますが、 常に危険と隣り合わせであることを忘れてはなりません。 悲しい事故を未然に防ぐためにも滑走可能エリア内で楽しむようにしたいものです。




2020/01/04
2020年になりました。
明けましておめでとうございます。本年も北海道パーキングガイドをよろしくお願いいたします。
お正月はいかがお過ごしでしょうか? 今年のお正月はカレンダーの並びが良く、土日が続くため6日が初出勤という長期休暇を満喫できた方も 多いのではないでしょうか? 2019年はゴールデンウィークや夏期休暇が9連休から10連休と大型の連休が比較的とれやすく、年末年始も 9連休の大型連休が取得しやすいカレンダーの配置になっています。
さて2020年を見てみると、ゴールデンウィークやお盆休みは平年と同じような配置で有給休暇を上手に組み合わせると 比較的長期休暇を取得しやすいのではないでしょうか?また7月と9月に土日と祝日を組み合わせた4連休がある他、 火曜日に祝日がある2月や11月も有給休暇を上手に組み合わせることで4連休を作れる配置です。 働き方改革が進んでいる中では4連休以上の長期休暇を作りやすい年なのではないでしょうか?

さて新しい一年が始まりました。一年の始まりと言えば抱負です。 2020年の抱負は既にお考えでしょうか?
毎年、アレを達成したい、コレをやりたいなど考えはあるもののどうしても一年間続けることができないのが実情です。 「一年間続ける」というシンプルな抱負をまず達成する事が必要なのでしょうか?
続かない事の一つに語学勉強があります。スクールに通ったり、テレビやラジオの講座で頑張ろうと思ってもなかなか 長続きしないものです。そんな人にお勧めなのが「Rosetta Stone」です。 世界中で人気の語学勉強プログラムでスクールに通うよりも低料金なのが最大の特徴です。アプリを使用して 語学勉強を行うシステムですが、アプリでは補うことのできなかった発音の勉強もできるのが特徴で、 発音を分析して正誤を判断してくれます。正しい発音を身につけてより実践の会話を身につけたいと考えている人は必見です。 一日5分〜10分程度の時間のプログラムなので、スキマ時間を有効活用することができます。
今年こそ語学をと考えている方、高い料金を支払う前にRosetta Stoneで勉強してみませんか?
https://www.sourcenext.com/product/rosettastone/




このエントリーをはてなブックマークに追加