北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇ 過去の日記 ◇


2013/12/17
2013年も残すところあと二週間になりました。
早いものでもう一年が過ぎようとしています。
2012年ほど、北海道パーキングガイドを更新できなかったことが悔やまれますが、来年は、あと少しで 終了する国道のパーキング取材を終わらせるのが目標です。
夏は、北海道の観光シーズンでもあり、夏に北海道パーキングガイドをご覧いただく方も大幅に 増えるのですが、どうしても冬は閑散期なのか、来客数が減ってしまうのが現状です。
北海道の冬は寒いですが、冬には冬の良さがあります。夏とは全く異なった景色が楽しめるのです。 そんな冬景色をもっとご紹介していきたいと考えています。

どうしても夏の景色が中心になってしまいますが、今後は冬の景色にも力を入れていきたいと思います。
冬の始まりのこの時期、イルミネーションが各地で始まります。 年々多くなっていくイルミネーションの開催会場、冬の北海道ならではの風物詩です。
イルミネーションは雪が輝きを増してくれるものです。真っ暗な場所より、雪明かりでほんのり明るい方が、 イルミネーションもより綺麗に見えるものなのです。
今年もイルミネーションのご紹介を増やしていきます。今年からイルミネーションの開催スケジュールも ご紹介しています。
この機会にぜひ、冬の北海道を満喫しましょう。





2013/11/24
早いもので11月も終わりに近づいています。
北海道は初雪こそ観測しましたが、その後暖かい日が続き、本格的な冬の到来である根雪までは まだ遠そうです。
昨年の今頃は、一気に冬将軍が訪れ一気に冬景色になりましたが、今年はいつ頃でしょうか。
冬の楽しみと言えば、ウィンタースポーツですが、今年のスキー場のオープンは予定通りの11/23には できなく、雪待ちといったところでしょうか。昨年は久しぶりに予定通りのオープンができましたが、 暖冬の影響もあるせいか12月に首を長くして待つことになりそうです。
街中は夏タイヤで走行できても峠道は既に冬道です。冬は一気にやってきます。 一晩で雪化粧するのが常なのでタイヤ交換がまだの方はお早目に・・・。

北海道パーキングガイドでは、多くのビューガイドをご紹介しています。
一部の画像は、クリックして大きい写真で見ることもできますが、皆さまから原本サイズのご要望があります。
サイズは5Mから10M程度のA4からA3拡大印刷できるサイズの事ですが、ご要望にお応えして原本サイズの写真の販売を 開始する予定です。
準備ができましたら、写真販売のページをご紹介いたしますので、今しばらくお待ちいただければと思います。
さて、今年も残すところあと一ヶ月と少しです。今年やり残したことはないでしょうか?
年始に立てた目標、計画は順調に進んでいるでしょうか?
私は、50%程度ですかね。なかなか計画通りにいかないものです。だから人生は面白いのですけどね。と、毎年年末に なると反省して、年が明けるとまた、同じことを繰り返す・・・。皆さま悔いのない2013年を・・・。





2013/11/02
市街地でも紅葉が綺麗なこの季節、北海道パーキングガイドはおかげ様で2周年を迎えることができました。
今後も北海道の観光をサポートするホームページ作りを行っていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
さて、11月を迎え北海道も本格的な冬への突入です。タイヤ交換は済ませましたでしょうか? 一般国道334号線知床横断道路も冬仕度のため、11月から冬期間全面通行止めになります。今年は開通が遅く 6月から開通ですので実質5ヶ月間しか通行できなかったことになります。 まさに一年の半分が通行止めなのです。
積雪が6メートルを超える知床峠は勾配もきつく、冬期間は雪に閉ざされます。雪の重みで看板や標識、ガードレールが 傷まないよう通行止めの前にはすべて撤去します。来年はゴールデンウィークには開通する事を願いたいものです。

晩秋から初冬にかけて、北海道では特に道東を中心にエゾシカに注意しなければなりません。
一年の中で10月から11月にかけて鹿との衝突事故が増加します。夜明けと日没が特に出没する可能性が高く注意が必要です。 この時期の夜明けは6時頃、日没も16時頃と交通量も多い時間帯なので、走行時には注意しなければなりません。
国道39号線や国道272号線、国道44号線、国道391号線などが鹿との衝突事故が多い路線として有名ですが、北海道各地に エゾシカは生息していますので、この時期のドライブには十分注意する必要があります。
国道39号線などを走行すると路肩にたくさんの鹿がいます。車の通行に慣れているのか、特に逃げる様子もなく群れをなして 国道沿いにたたずんでいます。そんな風景も秋の北海道らしい景色の一つなのです。





2013/10/20
北海道にもいよいよ本格的に雪の便りがやってきました。
先日まで秋の紅葉が見頃だったのですが、先日の台風の通過で(北海道付近を通過する際には、 台風並みの勢力を保った温帯低気圧でしたが・・・)一気に寒気が流れ込み、峠や山間部を中心に 雪になりました。峠では50センチを超える積雪になっています。
例年、タイミングが難しいのが、スタッドレスタイヤの交換する時期です。 峠を越える機会の多いドライバーは10月下旬ころ、市街地走行が多いドライバーは、11月上旬から 中旬に交換するのが相場ですが、今年は少し早目の交換が必要なようです。 スタッドレスタイヤからサマータイヤに交換する時期は多少遅れても問題ないですが、スタッドレスタイヤへの 交換が遅れると死活問題です。自動車に乗れなくなってしまいますから・・・。

今週末辺り、ガソリンスタンドやカー用品店ではタイヤ交換が忙しくなるでしょう。
レンタカーは早めに交換しているので、安心してください。
一般ドライバーは、どうもスタッドレスタイヤでアスファルトを走ると伝わってくるフニャフニャ感が 嫌なんですよね〜。だからぎりぎりまで交換したくないのです。
これから冬と秋が交互に入れ替わり、だんだん冬に近づいてきます。 紅葉にうっすらと積もる雪は、情緒ある景色です。 今年は、早めにスタッドレスタイヤに交換して、雪積もる紅葉を見に行きませんか?





2013/10/13
10月なのに、本州では30度を超えるなど最高気温の記録を更新していますが、 ここ北海道は着々と秋が深まり冬へ向かっています。
標高の高い山や峠は既に紅葉が全盛期で赤や黄色に色づいた紅葉が美しい季節です。 日中は20度近くまで気温が上がる日もありますが、夜は最低気温が10度以下に 下回ることが多く、肌寒く感じます。一日の気温差も激しく体調管理が難しい 季節でもあります。 北海道以外から旅行に来られる方は、晩秋の服装で来られる事をおすすめします。

この季節にお勧めなのが温泉旅行です。
寒くなってくると温泉が恋しくなります。北海道には、温泉がたくさんあります。 有名なのは、洞爺湖や登別や北湯沢など札幌にほど近い温泉、札幌市内であれば 定山渓温泉もあります。旭川方面では、白金温泉や層雲峡温泉、道東には阿寒湖温泉、 知床温泉、川湯温泉や十勝川温泉などがあります。函館方面にも湯の川温泉があります。 他にも温泉はたくさんあります。
温泉宿に宿泊するのが一番くつろげるのですが、日帰り温泉も楽しめます。多くの温泉には 足湯もあり、温泉の泉質を気軽に体感できるのもうれしいサービスです。
紅葉を楽しみながら温泉に入るのはいかがでしょうか。





2013/10/02
カー用品店には、スタッドレスタイヤが前面に配置され冬の準備が本格的に必要になる時期が近づいています。
天候があまりすぐれなかった7月下旬から9月上旬までとは変わって、9月後半から天候に恵まれる機会が増えています。 まだ日中は20度前後まで気温が上がり、半袖でも十分ですが、10月は一年で一番気温が下がる時期で下旬には薄手の コートが必要になるくらいまで冷え込みます。
衣替えなど冬の準備を毎年早めにやろうとしながら、結局11月の初雪が降る頃になってしまうので、今年は早めに 動こうと考えている今日この頃です。
秋の本格的な行楽シーズンが到来です。秋を楽しむには絶好の一ヶ月間と言えます。 各地では秋の味覚のお祭りやイベントが開催され、紅葉も見頃になります。ドライブするにはちょうどいい気候です。 ただし、下旬には冷え込めば峠はアイスバーンになることもあるため、事前の確認は十分に行いましょう。

日ごとに短くなる日中の時間ですが、この先12月まで更に短くなります。
北海道は緯度が高いため、日本の他の地域と比較して、夏至と冬至の差が大きく、特にこの時期夜の訪れが早く感じる ようになります。
夜のドライブは昼のドライブより危険が高まります。更に雨が降っていると視界はかなり悪くなります。 雪が積もってしまえば、雪明かりによって多少明るく感じることができますが、雪の積もる直前まではいつも以上に 慎重になる必要があります。
夏の夜は、暗くなるのが遅いので、走行している台数や歩行者の数も少ないので、発見しやすいのですが、夕方5時や 6時ではまだ活動している時間帯です。 この時間帯に既に暗いわけですから、事故の発生確率が高まるのも当然です。
秋の行楽で慣れない長距離ドライブをしてきた場合、疲れもたまっているため、家に帰るまでの市街地走行には 十分に気をつけたいものです。
安全運転で楽しい秋の行楽を!





2013/09/10
9月に入り北海道も全国に先駆けて秋の行楽季節がやってまいりました。
7月下旬から北海道は天候があまり良くない日が続いています。8月も暑かったものの、 スカっと晴れる日が少なく、思うように夏を楽しめなかった人も多いのではないでしょうか。
寝苦しかった日が嘘のように、一気に気温が下がって秋らしい日がやってきました。 夜は冷えるようになり、秋を感じるようになっています。
そんな秋は、行楽のシーズンです。各地でおいしいものが収穫される事も加えてお出かけの スケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。残念ながら北海道の中長期天気予報では、 9月も曇りや雨の日が多く、秋晴れに恵まれる日も少ないようですが、三連休もある9月は、 じっと家の中にいるのはもったいないくらいです。

秋のドライブと言えば道中を楽しませてくれる紅葉です。
自然が豊富な北海道は、紅葉も北海道らしい雄大なスケールです。 早ければ8月下旬から色づく大雪山系の山々から徐々に紅葉前線は南下します。 遅くても10月中旬には紅葉前線は函館まで到達します。
紅葉のお勧めは、川や湖など水辺の紅葉です。水面に映る紅葉は、画になる景色です。 また、高いところから何処までも続く壮大な紅葉の景色は、絶景です。
その紅葉の美しさをご紹介するため、紅葉のページをリニューアル中です。 近日中に公開できますのでお楽しみに。





2013/08/22
早いもので、8月もあと10日ほどで終わってしまいます。
お盆を過ぎたあたりから少し涼しくなったような気がします。秋が近づいているんですね。 とはいっても日中はまだまだ残暑厳しく、暑い日が続きます。最近の傾向からすると9月中旬までは、 半袖で十分でしょう。
夏はとにかく出かけたくなる季節です。自然豊かな北海道を満喫するには最高の季節です。
市街地を走る時はともかくとして、郊外をドライブする時には、是非自然の風を楽しんでほしいものです。 北海道の夏も暑いといっても30度を超える日はそんなに多くありません。じっとしていれば暑いですが、 ドライブ中の風は、気持ちよいものなのです。エアコンで冷えた快適な車内もいいのですが、窓を全開にして 自然の風をいっぱい浴びるのもまた気持ちの良いものなのです。

エアコンをつけて窓を閉め切った車内では、感じることのできない夏を全身で感じることができるのも魅力です。 郊外には自然がたくさんあります。海辺のドライブでは、波の音や磯の香り、山の中では、木々の葉が揺れる音、 小鳥のさえずり、虫の鳴き声、小川のせせらぎなど自然の中には、たくさんの音や香りがあります。
せっかくの北海道の最高の季節のドライブ、見るだけでなく、五感全部で感じてほしいものです。
郊外をドライブすると窓を閉め切ってドライブしている車が多いのが残念です。
少し話は変わりますが、夏のドライブで厄介なのが、車につく虫の死骸です。これはドライブを終えたその日の うちに洗い流してしまいましょう。洗車場の高圧洗浄機を使えば、ラクラク洗い流すことができます。 ほっておくと、落ちにくくなるだけでなく、最悪塗装にダメージを与えてしまう事にもなります。
ドライブの後には、愛車のお手入れもお忘れなく・・・。





2013/08/12
夏真っ盛り8月です。
年々北海道も暑くなりつつあり、今年も寝苦しい夜が続いています。エアコンいらずと言われる 北海道ですが、そろそろ家庭にもエアコンがないとまともな生活ができなくなるのではないでしょうか。
そんな暑い夏ですが、北海道の夏は、他の地域と比べて短くあっという間に秋になってしまいます。
9月に入っても気温が高い日は続くと思われますが、気がつくと肌寒い秋がすぐに訪れるのです。 夏は夏なりに満喫すべきでしょう!という事で夏は、海です。
去年も同じような事を書いた気がしますが、一度は行っておくべきでしょう。 この時期はお盆の時期でもありますが、海水浴場は大賑わいです。指定された海水浴場でも楽しいでしょうが、 駐車場に入るまでの渋滞、せっかくの海も混雑では満喫できません。
小さいお子様がいれば、しょうがないのでしょうが、是非この機会に行ってほしいのがキャンプです。

札幌からほど近い場所にも海でキャンプできる場所はたくさんあります。 厚田や濃昼、浜益や留萌など北側にもあります。蘭島、小樽、余市、積丹など南にもあります。
勿論、札幌以外の他の都市から近い場所にもキャンプ場はたくさんあります。
最近のキャンプ場は、シャワーや、更衣室、飲料水やトイレなど設備が整っています。 中には、ゴミ箱も設置している親切なキャンプ場もあります。
キャンプを楽しむには、それなりの道具が必要となりますが、数万円で道具一式が揃うのも魅力的です。 大きい車が必要になる場合もありますが、大人数で複数台の車に積み分けていけば、楽に移動できます。
夏の思い出は、キャンプに尽きます。 大自然の中で、思い切り昼、夜通して遊ぶことのできるキャンプは、夏の醍醐味です。 この夏は、キャンプに出かけましょう!





2013/08/01
北海道の夏は、花も見頃を迎えます。
特に富良野や美瑛方面は、ラベンダーをはじめとして様々な花が咲き誇ります。 それに加えて十勝連峰を背景とした美しい丘陵地帯を眺めることのできる絶景の場所が多数存在します。
富良野市から国道237号線を旭川方面に向かうと富良野市、中富良野町、上富良野町、美瑛町、旭川市と 抜けていきます。途中にあるどの町でも美しい景色を見ることができる路線なのです。花人街道と別名が付いている 国道237号線は、その名の通り美しい花が溢れています。
沿線には、「ファーム富田」「日の出公園ラベンダー園」「フラワーランドかみふらの」「深山峠ラベンダーオーナー園」 「四季彩の丘」「かんのファーム」「ぜるぶの丘」「パッチワークの丘」と数えきれないほどの観光名所があります。
これはほんの一例で、他にも花や丘陵はたくさんあります。

国道237号線から東を望むと十勝連峰です。 大雪山から連なる十勝連峰は、上川地方と十勝地方を隔てる場所に位置し、美瑛岳や十勝岳など2,000メートル近くの山々が 連なる絶景です。夏での山頂付近にはまだ雪が残っており、北海道らしい雄大な景色を楽しめます。
その麓にも名所があります。天人峡や青い池などです。
一日では回りきれないほどの多くの観光地がある美瑛、富良野エリアは今が観光のハイシーズンです。ラベンダーは残念ながら 終わってしまいましたが、綺麗な花はまだまだこれからも楽しむことができます。
全国各地から、いや世界各地から観光に訪れるこのエリアは週末は混雑する事も想定されます。 お出かけされる場合には、時間にゆとりを持ってお出かけください。





2013/07/23
また、北海道から鉄路が消えます。
2014年5月、道南にある江差線のうち江差〜木古内間、営業キロ42.1キロが廃線となるのです。
鉄道で栄えた北海道は、その鉄道の廃線も、鉄道に依存する機会が少なくなってから多く行われました。 江差線は、37番目の廃線です。
36番目の廃線は、1995年9月に深川〜名寄を結んでいた深名線121.8キロでした。あれから18年の時を経て 更に廃線区間が増えるのです。
江差線の木古内〜函館間は北海道と本州を結ぶ大動脈区間にあり、今や電化されています。そして、特急や 貨物列車などが頻繁に行き交う路線です。同じ江差線でも、木古内から江差までの区間は、ほとんど乗客が いない閑散とした路線です。 函館〜木古内は北海道新幹線の工事も行われています。何処までも続く高架橋が建設され近代化が進んでいます。 夏の江差線を走る気動車を見ることができるのは、今年が最後です。機会があれば、思い出作りに 一度訪れてみてはいかがでしょうか。

先日、所用で青森県へ行ってきました。弘前駅から近いところなので、函館からJRに乗って行きました。
青函トンネルを挟んで、函館側も、青森側も新幹線の高架橋建設が盛んに行われていました。 特急で約二時間架かるこの区間も一時間程度に短縮になると思うと、北海道と本州がもっと身近な存在に なる事を痛感しました。
青函トンネルが開業してから約25年経ちますが、未だに青函トンネルを通過する列車の車内アナウンスでは、 青函トンネルの案内が行われています。世界一の長さではなくなったものの、世界に誇れるトンネルの一つで ある事に間違いないと思います。間もなく新幹線が北海道に上陸します。当時の最新の技術で建設された トンネルの最終目的が果たされようとしています。
北海道新幹線の開業とともに、また、青函トンネルの素晴らしさが話題となる事は間違いないでしょう。





2013/07/12
北海道も7月に入り本格的な夏シーズン到来です。
6月頃から暑い日が続き、7月に入ると寝苦しい日もあるほどです。この先8月〜9月まで ずっと続くとなると、少し気が重くなってしまいます。
夏と言えば、海ですが、既に海開きをした海だけでなくまだ本格的な海開きをしていない 海も休日は賑わっているほどです。昨年の同時期より海水温も3度程度高くなっており、 海水浴も十分にできるほどです。海の日を目前にし、既に海は大賑わいと言ったところです。
7月はラベンダーの季節です。富良野や美瑛をはじめとするラベンダーの聖地だけでなく、 札幌市内でもラベンダーは咲いています。 中央分離帯や街路樹に色鮮やかな紫色のラベンダーは、桜並木とは一味違った趣きで、 夏を感じさせてくれます。

夏は様々なイベントが各地で行われる季節です。
花火大会や、夏まつり、海やキャンプなど休日にならないとできないイベントだけでなく、 ビアガーデンなど会社帰りにも楽しめるイベントがあります。 札幌市内では6月中旬からビアガーデンが開催されています。夜でも暑い日が続くと、 仕事帰りの外での一杯は最高の気分になれます。
さぁ、夏はこれからです。 思いっきり2013年いい夏の思い出を作りましょう!
去年は結局悩んで買わなかったエアコン・・・。今年はどうしようか悩んでいます。 扇風機でもいいから買っておかないと、この夏乗り切れないかも・・・と考えている 今日この頃です。





2013/06/20
道路の開通には、ドライブ好きには一度は走ってみたいと心ときめく場合があります。
3月に開通した北見道路は、北見西ICと北見東ICを結ぶ10キロ強の区間ですが、北見市内を 避けて通る事ができる嬉しさがあります。
最近は、旭川紋別自動車道と国道333号線経由で北見や網走方面に向かう人が増えているので、 北見市内を通過する事は少なくなりましたが、信号が多く、都心部を走る区間を避けて 北見以東へ向かう事ができるのは、快適です。
それよりも楽しみなのは、この道路が現在足寄までつながっている道東自動車道といつ 繋がるのかです。幼いころは、道東自動車道は夢のまた夢でしたが、今は、当たり前のように 通行しています。そのうち足寄から陸別や訓子府を経由して北見まですぐ繋がってしまうので はないでしょうか。その日が待ち遠しいのです。

そして、もう一つ今年の8月3日に新千歳空港ICが開通します。新千歳空港に行く際には、 千歳ICで下りて下道を走っていかなければなりません。 交通量も多く渋滞もしやすいので、不便と感じることが多くありました。北海道の空の 玄関口から道路の交通の便はあまり良くなかったのです。
しかし、道央自動車道から直接新千歳空港へ下りることのできるICが開業するのは、 利便性が格段に向上します。特に苫小牧や室蘭方面から利用する人は千歳ICで下りると 遠回りになるので、苫小牧東ICで下りていた人が多かったのですが、新千歳空港ICの 開業に伴って、そんな心配も必要なくなります。
どんどん便利になる道路ですが、開通すると一度は走ってみたくなるのがドライブ好きです。 走る機会があれば、この日記でご紹介したいと思います。





2013/06/05
5月下旬から北海道も過ごしやすい気候となりました。 6月は、下旬に夏至を迎え、昼間の時間が最も長い季節です。それに加えて北海道は、 日本で最も緯度が高い場所に位置しているため、 日本の中での最も昼間が長くなります。
朝は3時過ぎに明るくなってきます。午前5時には既に太陽は高い位置にいます。夜は19時30分過ぎまで明るく、 夜が来るのを忘れてしまいそうです。 帰社する時に、まだ明るい時間に帰れるので幸せを感じる時があります。 ・・・といっても残業が多いので、大抵はこの時期でも真っ暗ですが・・・。
朝はすがすがしく空気も綺麗です。晴れていれば、新緑の木々も手伝って、 気持のよい気分になれます。
皆様も早起きして見てはいかがでしょうか?

さて、この時期、北海道には綺麗な花が咲き誇ります。
5月の桜から、水芭蕉、水仙、つつじなど綺麗な花が順番に咲いていきます。 そして菜の花やチューリップなど色とりどりの花が咲きます。
植物を観察するには、一番いい時期ではないでしょうか。もちろんこれから 夏にかけてラベンダーやヒマワリなど見所満載です。
もう一つ、水辺もこの時期が見頃です。雪解け水が豊富な川では、滝を 見るには水量が多くダイナミックな景色が楽しめます。川は雪解けで澄んで ない事が多いのですが、滝を見に行くならこの時期がお勧めです。 是非、自然を見に出かけてみませんか?





2013/05/14
函館へ。
勿論、桜もお目当てです。開花されたと先日ニュースで伝えていたので、 そろそろ見頃かな?と思いきや、綺麗に咲いていたのは2か所。
函館は、桜の名所が多いので、たくさん写真を撮る事を目的としていましたが、 残念な結果に。あいにくの雨模様が更に憂鬱な気分に・・・。 函館の桜の標本木がある五稜郭はさすがに満開でした。
今年の北海道の春はとにかく遅いです。ゴールデンウィークが終わって一週間 経過するのに未だ知床横断道路が冬の通行止めのままという事実が、春の遅さを 物語っているようです。

桜前線も遅く、このままだと根室に到着するのは6月になってしまうのでは?と 心配になってしまうほどです。
札幌でもようやく開花したとニュースで伝えていました。ということは今週末から 来週にかけて小樽や札幌でも満開の桜が咲くはずです。道南の桜はイマイチでしたが、 道央の桜は、しっかりと綺麗な写真を撮りたいと思います。
一年で桜の季節は僅か10日ほど。この期間を逃すまいと必死になっているのです。 北海道パーキングガイドに掲載になる頃は、すでに見頃の山場を過ぎてしまっている 頃なので、是非来年の桜観光の情報にしていただけるとありがたいです。





2013/05/04
ゴールデンウィーク前半も終了しましたが、北海道は曇りや雨の日が多く、観光日和とは 言えない状況が続いています。
今年は特に暖かい日がなく、雪の予報が出るほどです。この先ゴールデンウィーク後半も 期待できるほど暖かくなる日はなく、このままぐずついた天気で終わってしまうのでしょうか。
さて、北海道のゴールデンウィークと言えば桜ですが、今年は寒い日が続いているため、 開花が少し遅れるようです。毎年、5月の大型連休には、函館など道南地方では満開、 道央では、開花が始まる頃で、天気が良くて暖かければ、お花見でも・・・と考える ところですが、今年は、お花見には程遠いようです。道南地方でもようやく開花するかしないか あたりとの事です。

函館の桜の見頃は一週間ほど遅く、満開になるのは、ゴールデンウィークの翌週あたりでは ないでしょうか。となれば、道央ではその翌週、道東や道北では5月中に開花するのでしょうか?

遅かれ早かれ桜の季節は必ずやってきます。 見頃になる事を待つ事としましょう。
桜の季節が終われば、北海道も本格的に観光シーズン突入です。 観光スポットをご紹介いたしますので、是非ご覧ください。





2013/04/28
例年より多かった雪も市街地では完全に消え、北海道にも春が訪れようとしています。 まだ、春の陽気とまではいきませんが、最高気温も10度を超えてきています。
例年より雪が多かった事もあり、地方への遠征は峠道を越えることもあり、まだ 夏タイヤに交換していませんでしたが、昨年同時期よりも雪が少なかった事に 驚いています。雪が多かったのは札幌市内だけなのでしょうか?
今年も春は稚内からスタートですが、天気は残念ながら雨模様。そういえば昨年も 雨だったような・・・。
雨と強めの風のせいで、肌寒いを通り越し、寒いほどです。 株価は急上昇しているのに、気温の急上昇は西日本だけのようです。

この春、名寄美深道路の美深ICから美深北ICまで延長されました。名寄市内から 美深まで国道40号線のバイパス道路として利用されています。名寄市内から美深までの 混雑は解消され、移動時間も短縮しています。
国道40号線沿いは、北海道縦貫自動車道の整備が進んでおり、道央自動車道は士別剣淵 ICまで、名寄美深道路、豊富バイパスが既に供用区間となっていますが、音威子府バイパス や豊富バイパスの延長工事が進められています。 北部の区間は、まだ交通量が少なく、利便性を感じにくいのですが、未開通区間の 士別剣淵ICと名寄ICまでの区間の工事を早く進めてほしいと感じています。





2013/02/28
日本で北海道しか見ることのできない冬の風物詩のひとつである流氷。 今年もオホーツク海側に接岸しました。
オホーツクに接岸する流氷は、アムール川から流れ込んだ海水が凍って生じた海氷が 潮の流れに乗ってオホーツク海側にたどり着くものです。
オホーツクの流氷は、世界でも低緯度に発生する流氷で有名です。この流氷を間近で見る手段として 紋別から出発するガリンコ号や網走から出発するおーろらなどの流氷観光砕氷船が 北の観光資源を活用する目的で運航しているのです。

勿論、陸からその海に広がる流氷を眺めることもできます。
オホーツク海の海岸線を走る国道238号線や、網走から斜里へ向かう国道244号線、そして、 斜里から知床半島へ向かう国道334号線が流氷を間近で見ることのできる路線です。
北海道に在住していても、札幌や函館などオホーツク海側から遠く離れた地域に住んでいる 人は、そう簡単に流氷を見ることはできません。冬の道路は、走りにくく、夏に比べて 遠くドライブに出かける気になれないからです。
しかし、冬の北海道こそ魅力が満載であり、流氷を見に行くことは、冬のイベントの 一つなのです。





2013/02/19
暦の上では既に立春を過ぎ、一歩ずつ春に近づくわけですが、北海道はまだまだ 寒い冬の真っただ中です。
一年のうちの三分の一が雪に閉ざされた北海道では、寒い冬と上手に付き合い、 満喫する楽しみを作る必要が、北海道で生活する上で必要な事です。
その一つにウィンタースポーツがあり、スキーやスノーボードスケートがあります。 特に今シーズンは、スキー人気が再び上昇と噂されており、現実スキー場も例年に ない混み具合です。特に今年は雪多く、寒い日が続いているため、スキーや スノーボードは絶好のコンディションです。舞い上がる粉雪は氷点下の気温が 持続する北海道ならではの事であり、海外のスキーヤーもこの北海道のウィンター リゾートに足を運んでいるほどです。

北海道の冬の楽しみはそれだけではありません。
札幌や旭川で開催される雪まつりや冬まつり、支笏湖の氷濤まつり、大雪山層雲峡の 氷瀑まつりなど、雪や氷ならではのお祭りが盛りだくさんなのです。寒い中、お祭り を楽しんだ後は、各お祭り会場で提供される暖かい鍋や飲み物、温泉などで暖まる 事もできます。寒い冬だからこそのイベントです。
北海道の雄大な景色は、夏の緑と冬の一面の白銀の世界とでは、同じ景色でも まったく違います。一年で違う表情を楽しむことができるのです。
冬を満喫できるのは、北海道ならではの楽しみ方です。北海道旅行を計画している 人に、北海道は夏も冬も楽しめる事をアピールしたいものです。





2013/01/24
冬の北海道付近は、西に高気圧、東に低気圧がある西高東低の気圧配置になりやすくなっています。 この気圧配置になると気圧の差から高気圧から低気圧へと風が吹くため、西寄りの風が吹きます。 正確には、地球の自転の影響を受けるため、北西の風ですが・・・。
西寄りの風は、日本海から湿った空気を運んでくるため、日本海側で雪を降らせます。 そして北海道の中心には南北に長く山脈が広がっており、北西の風は、山脈で雪を降らせます。 山を越えた風は、乾燥した空気になり、東側に流れていきます。 こういった気候の影響で、日本海側で雪、太平洋側で晴れになる確率が高くなるのです。

北海道のスキー場の多くは日本海側にあります。 豊富な雪が、とても素晴らしいコンディションを作り出してくれるのです。 ニセコやルスツ、富良野やの全国的にも有名なスキー場は、雪が豊富です。しかし、気圧配置の 関係から、晴天になる確率は低く、常に雪が降っているのです。
これに対して、東側に位置するトマムやサホロは雪の量は豊富ではありませんが、晴天になる 確率が高いスキー場です。 しかも道東に位置するため寒く、晴天の朝には、ダイヤモンドダストを見ることもできます。 北海道のウィンターリゾートは、日本海側と太平洋側で違った景色を見ることができ、そして それぞれの特徴を楽しむことができるのです。





2013/01/09
前回の続きになりますが、北海道に新幹線が開業するとウィンタースポーツへの集客も見込めます。 日本全国にスキー場はありますが、北海道のスキー場はそのスケールの大きさと雪質の良さです。 現在、北海道のスキー場には、世界中から多くのスキーヤー、スノーボーダーが訪れます。 その理由は、北海道のスキー場の雪質は世界的にも良質なパウダースノーなのです。 気温と湿度が低く、舞い上がるような粉雪が魅力的なのです。
北海道新幹線が開業すると倶知安に駅ができる予定です。倶知安とニセコは近く、スキー観光には 最高の場所なのです。上越新幹線や東北新幹線でスキーに行くのに加えて、ニセコへスキーに行く のも容易になる事で、様々な経済効果が見込まれます。楽しみですね。

北海道は、12月から寒い日が続いています。 雪の量も例年より多く、連日雪かきに追われる毎日です。道路の排雪作業も、通常は1月中旬から 開始しますが、今シーズンは12月から既に稼働しているそうです。
雪の量と寒さで潤っているのが、スノーリゾートです。北海道は世界でも屈指のスノーリゾート地です。 ニセコやルスツをはじめとして、富良野やキロロ、トマム、サホロなどスキーやスノーボード以外でも 楽しめるイベントや施設が整っています。冬を満喫するには最高の場所です。
交通の便もよくなり、トマムやサホロは道東自動車道の開通で札幌から二時間程度で行くことができます。 先の話ではないですが、北海道新幹線の開業で更に観光客が増加する事が見込まれます。
北海道在住として誇りに思えるのが、ウィンタースノーリゾートなのです。





2013/01/03
あけましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりました。今年も変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。
年末から年始にかけて北海道は低気圧の影響で荒れた天気が続いています。 そんな天候の中、初詣には行かれましたでしょうか? 普段、日常生活で神頼みなんかすることないのに、お正月ならではの神頼みは、日本人なんだなと 実感してしまいます。 祈願は、「一年間、健康、安全に過ごせますよ〜に」など、ごく一般的な事をしましたが、 この当たり前の事が続く事が一番大切なんだと、あらためて思ったりします。

少し先の展望ですが、北海道は、2015年にかけて、大きな経済効果を見込んでいます。
北海道新幹線が函館まで開業するのが2015年で、札幌まで延長するのが2035年の見込みです。 再来年には新幹線が本道に上陸するのです。
高速道路もあと少しで札幌と函館が結ばれます。新幹線が函館まで伸びる事で、関東地方や 東北地方からの集客が見込まれます。それによって北海道の経済効果は大きく伸びる事に なります。1988年に青函トンネルが開通してから今までに本州と北海道の双方に1兆円以上の 経済効果をもたらしたと同じように、また、経済が潤う事を願う今日この頃です。
北海道の観光スポットも北海道パーキングガイドでたくさん紹介していきたいと思いますので 是非宜しくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加