北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇ 過去の日記 ◇


2014/12/29
2014年も残り数日となりました。
既に北海道では低気圧が何回も通過し大雪を降らせています。 真冬並みの寒気も連日のように訪れ、冬が始まって間もないのですが既に真冬です。 この先1月・2月・3月とふゆは続きますが雪かきや寒さにうんざりです。
スキー場は連日の雪でパウダースノーに恵まれています。 11月のオープンは叶わず、その後も昨年に以上に雪が少ないことで営業に影響が出るのではと 懸念されていましたが、既に1メートル以上の積雪で何処のスキー場も大盛況です。
年末の衆議院選挙など慌ただしい12月でしたが、ここにきて無事お正月を迎えられそうです。

カレンダーの並びもよろしいせいか、今年も大勢の方が海外旅行に出かけるそうです。 羽田空港の国際発着枠の拡大なども影響しているそうです。 個人的にはうらやましい限りです。勿論、世間同様9連休をいただくことはできましたが、 この時期の海外旅行はやっぱり高いのです。 閑散期の二倍以上の料金を支払って、混雑しているところに出かけるのはどうしても 気が進みません。それであれば、近場でスノーリゾートを楽しむ方が自分向きと感じます。
さて、2015年を迎えるにあたってそろそろ来年の抱負を考えなくてはと思っていますが、 今年2014年の初め、何を抱負にしたか既に忘れている・・・という何ともお恥ずかしい限りです。 来年の抱負は、一年間抱負を忘れない・・・というのはいかがでしょうか?
それでは、皆様良いお年を。





2014/11/24
比較的暖かい人、凍てつくような寒い日が交互にやってくるこの季節。
朝起きたら、あたり一面雪で真っ白になる日もそう遠くはありません。 街は、クリスマスムードが徐々に高まってきています。 そしてイルミネーションの季節です。
毎年同じように見えながら、実は少しずつ変わっているイルミネーション。 去年と同じ場所であっても、変化しているところを探すのも楽しみの一つです。 やはり、イルミネーションは、札幌、小樽、函館、小樽です。 特に函館は12月下旬までなので、是非訪れておきたいものです。

冬と言えば、もう一つ、ウィンタースポーツ。
ニセコ、富良野、ルスツ、トマム、サホロ、キロロといったウィンターリゾート地が 賑わう季節です。 オープンには積雪不足によって時期は若干遅れ気味ですが、12月になればどこも 滑走する事ができるようになります。 12月中旬までは初滑りの割引を行っているところも多く、オンシーズンより格安で 楽しむことができます。
パウダースノーを楽しめるのは、気温が低い北海道の魅力的なところ。 海外のスキーヤーからも絶賛されています。 是非、寒い冬、ウィンタースポーツで楽しんでください。





2014/11/04
11月で「北海道パーキングガイド」は3周年を迎えることができました。
皆さまのご愛顧、誠にありがとうございます。
北海道内の国道のパーキングエリアをドライブガイドと共にご紹介するサイトとして 2011年に立ち上げ今に至っておりますが、ご紹介できていない国道も残り少なくなりました。
道央の国道337号線、滝川から清水までの国道38号線、国道452号線、道東の国道272号線と国道244号線の 5路線を残すのみとなりました。 既に道東の2路線は、取材を完了していますのでお楽しみに。

11月に入り、峠や山間部に続いて平野でも雪が降るようになりました。 11月には一時的にも雪が積もりますので、北海道在住であればスタッドレスタイヤへの交換が必須です。 毎年、11月に入るとガソリンスタンドやカー用品店では、タイヤ交換作業に追われます。 ピークでは、数時間待ちも当たり前なので自分でタイヤ交換作業をするのがお勧めですが、 車のサイズが大きいとどうしても難しい上に、寒い中での作業になってしまうので 専門店にお任せしてしまいたくなるのです。
北海道も長い冬が始まります。準備はお早めに!





2014/10/14
一日一日秋が深まってきており、平野部でも街路樹が色づき始め、 街全体が紅葉に包まれる季節になりました。
まだ、峠では積雪には至っていませんが、朝晩の冷え込みから峠が白銀の世界になるのも もう間もなくでしょう。
朝や夜は冷え込んでいても日中はそこそこ気温が上がるため、薄着で出かけると帰りが 遅くなると心底冷える思いをしたりします。
台風が日本列島を幾度となく襲っています。沖縄地方や西日本を中心に風雨が強まり、 各地で被害が起きていますが、幸い北海道にはそんなに大きな影響を与えずに通過しそうです。

北海道に台風が直撃する機会が少ないせいか、雨の被害に弱いのが北海道です。 9月の大雨でもいくつかの道路が通行止めになったりする被害が出ています。 逆に毎年、それなりの雪が降る地域なので雪や寒気に対する被害に強いのも特徴です。 非降雪地帯と比較すると数倍の積雪で初めて警報が発令されるような基準値になっています。 青森以下の本州では、高速道路に積雪や凍結の恐れが生じるとチェーン装着規制が発令されます。 文字通りスタッドレスタイヤ装着か、チェーン装着をしていないと走行できない警報です。 しかし、北海道でそれが発令されるのは、秋や春の話。厳冬期は発令されません。積雪や 凍結するのが当たり前で、あえて発令する必要がないのです。
日本全国、地域によって基準が異なりますが、北海道はそんな特色を持っています。





2014/09/25
平年より早く山には初雪が便りが届き、北海道も短い秋から長い冬が確実に近づいています。
一ヵ月前は、まだ暑い日が続いていたのに季節の移り変わりは早いものです。 標高の高い山から色づき始め、9月中旬から10月中旬にかけて北海道では紅葉の見頃になります。 日中の気温と夜間の気温差が大きいければ大きいほど紅葉は綺麗に色づきます。 今はまだ山間部など標高の高い場所が紅葉の見頃ですが、あと一ヵ月もすれば街中も紅葉に 包まれるようになります。 そして紅葉がピークを迎えると長い冬が訪れます。

そろそろ冬の準備を意識し始める頃ですが、まずは衣替えでしょうか?
長袖の服にもう一枚欲しくなる頃ですが、この時期は日中の気温と夜間の気温差が大きいため、 外出するときに着ていく服を選ぶのが大変です。
暑ければ脱げばいいのでしょうが、かさばるのが嫌なので気温にちょうどいい服を選ぶのですが、 それが逆に難しかったりします。
車もそろそろスタッドレスタイヤを意識しなければなりません。 最近では11月初めがスタッドレス交換のピークになるため、ガソリンスタンドやカー用品店では 混雑がピークになります。セダンや小型車では自分でできますが、SUVやミニバンではタイヤサイズが 大きかったり車体が重たいため自分で交換が難しかったりします。 新たに購入するのであれば品揃え豊富な今から10月上旬がお勧めです。 いずれにしても冬の準備はお早めに!





2014/09/05
8月も終わりすっかり秋の気配を感じています。
札幌で一番大きいスケールの大通りビアガーデンはお盆前に終了してしまいましたが、札幌中心部 各地で開催されているビアガーデンも8月末日をもって終了し、今年も夏が終わったなと実感しています。
とはいっても、9月はまだまだ暑い日があります。初の風物詩と言われる花火も9月にもたくさん開催されます。 朝晩冷え込む季節になりましたので、花火の見物には暖かい服装でお出かけする事をお勧めします。
秋の始まりですが、秋をじっくり楽しもうと思っても北海道はすぐ冬になってしまいます。 あと、2ヵ月もすれば雪の季節です。気温が急激に変化しやすい秋は体調管理をしながら楽しみたいものです。

涼しく過ごしやすい秋は、行楽の季節でもあります。
各地では秋の味覚を中心としたイベントが数多く開催されます。 北海道パーキングサイトの中でも「北海道イベントガイド」を掲載していますので是非、この秋の行楽の ご予定の参考にしてみてください。
北海道と言えば海に囲まれており、魚介類の宝庫とも言われています。そしてこの季節には新鮮な魚介類が 獲れる事から海沿いの町へ出かけることが多くなりますが、山の幸の宝庫でもあります。 食糧需給率100%を超えている北海道では、米や蕎麦など内陸の食料も豊富です。 年中食べることができるものでも、産地で新鮮なものを贅沢にいただくのは秋ならではです。 くれぐれも、食べすぎには注意しましょう。





2014/08/23
北海道新幹線の開業を2016年3月に控えて、着々と工事が進められています。
木古内駅の海峡線側で新幹線と在来線が枝分かれする形となっており、新幹線は中央の複線を 在来線は横に枝分かれし地上に降りる形になっています。
木古内駅から西に進んだところにあるトンネルの上には道路が横切っており、そこからは 木古内側の分岐の様子、どこまでもまっすぐに伸びる海峡線側のどちらも見渡すことが できるポイントがあります。見物するには絶好の場所です。
新幹線ができると札幌と本州を結ぶ寝台特急が廃止される懸念の声があがっています。 トワイライトエクスプレスは25年にわたる車体の老朽化と言われていますが、新幹線開通の 余波も少なからずあるようです。
1989年、青函トンネル開通後に相次いで登場した由緒ある寝台列車が廃止されるのはさびしい ものです。

とんぼが飛ぶ姿を見かけるようになると夏も終わりです。
お盆を過ぎて、朝晩は涼しくなりいよいよ北海道も短い夏が終わり、秋が近づいてきています。 毎年この頃は寂しく感じるものです。
短い周期で天気が入れ替わり、ひと雨ごとに涼しくなり、そして空が高くなる、まさに秋です。 とはいえまだ8月は一週間残っています。9月中旬頃までは30度近くまで気温が上がる可能性は あります。 もし、夏に「やり残したこと・・・。」があるのであれば、是非その機会をお見逃しなく。
7月までは出かけても晴れに恵まれず、良い風景写真が撮れませんでしたが、ここにきて晴れに 恵まれる機会が多くなってきました。綺麗な景色写真をビューガイドとしてアップしていきます ので、是非宜しくお願いします。





2014/08/11
夏真っ盛りの今日この頃、夏を満喫していますか?
雨が降っても、気温が下がらないですね。あと数日、お盆を過ぎれば北海道にも早くも秋の気配が やってきます。残り少ない2014年の夏を満喫しましょう。
7月と比較して、8月は雨量が多くなります。8月以降の月間雨量は12月まで同じ程度続きます。 この先、ひと雨ごとに秋の気配を感じる事になるでしょう。
逆に海の水温はこれから更に高くなります。 2013年は8月25日頃が一番水温が高かったのを考えるとこの先二週間、水温は高くなります。 海のレジャーはまだまだできますが、気温が低くなるので、その辺はご注意を。

今年廃線になった江差線(木古内〜江差)間を所用で通りました。 同区間は道道5号線が並走しており、道道と鉄道を隔てる数ある踏切はすべて撤去されていました。 しかし、鉄路はそのままで錆ついています。また駅舎もそのままの姿で取り残されており、 まだまだ現役の江差線の状態そのものです。 まだ廃線数か月ですので、この先時間をかけて撤去作業が行われるのでしょう。そして いつの日か、ここに鉄路があったことも分からないほど自然へ戻っていくものであると 思います。
少し寂しさを感じた瞬間でした。





2014/08/05
7月が終わり、北海道の夏も後半戦突入です。
夏らしい暑く寝苦しい日々が続いていますが、体調管理は万全ですか?
北海道も海水浴やマリンスポーツのシーズン到来です。水温も日本海側では 20度を超え、冷たさを感じなくなる季節です。
やっぱり夏は一度でも海に行きたいものです。 北海道の海水浴場は年々少なくなっています。レジャーの多様化により、夏のレジャーは 海だけではなくなったようです。 海の事故が多いのも海離れしている理由の一つです。ライフセイバーが常駐している海水浴場でも 海難事故が多数発生していますから・・・。 とはいえ、ジェットスキーやサーフィン、スキューバは夏ならではのスポーツですから、 安全に楽しみたいものです。

もう一つ夏の風物詩と言えば花火です。
既に7月は北海道各地で花火大会が開催され多くの見物客でにぎわいをみせています。 そして8月は、北海道でも屈指の花火大会が多数開催されます。打ち上げ数トップ10の 花火大会が毎週のように開催されるのです。 雨が降らずに開催日を迎えてほしいものです。
ビアガーデンも夏ならではのイベントの一つです。中でも札幌中心部、大通公園の札幌夏まつりビアガーデンは、 全国でも例を見ない規模のビアガーデンです。 ビールの冷たさはイマイチですが、雰囲気は最高です。夜になっても気温が下がらないこの時期には 最高のイベントです。そして会社帰りに気軽に寄ることのできます。 個人的には今年はまだ一度も行っていませんが・・・。 あと半月開催されている間に一度は足を運びたいものです。





2014/06/30
6月も終わりに近づき、北海道も本格的な夏シーズンの到来です。 6月初旬に30度以上の気温になり早くも本格的な夏到来かと思いきやその後雨が続きました。 梅雨がない北海道ですが、6月は二週間以上曇りの天気が続きましたが、6月下旬になって 晴れの日が続いています。
7月以降も平年並みの天気ということで北海道らしいさわやかな天気になることでしょう。 夏は、海に山など遊ぶところが盛りだくさんです。 そして、恒例の花火大会が各地で開催されます。 北海道イベントガイドに7月〜8月の花火大会の情報を更新しましたので是非ご参考にしてください。

この時期の夜の郊外のドライブには注意が必要です。 秋ほどではありませんが、鹿やキツネなどの小動物が道路に飛び出てくることが多いからです。 深夜に公害や峠道を走行していると、動物の死骸がたくさんあります。
鹿などに衝突すると車への損害も大きなものになります。 道路がすいていて飛ばしやすい環境ですが、動物には注意して走行しましょう。
7月からは高速道路の深夜割引も50%から30%へ減少します。 消費税増税による値上がりに加えて割引率の変更により負担が増えます。更にガソリン価格の高騰もあり、 ドライブに出かけるのも大変ですが、せっかくの夏ですから満喫しましょう。





2014/05/07
津軽海峡を越えて桜前線が北海道に上陸したのは、ゴールデンウィーク直前の4月下旬。
2014年のゴールデンウィークは、北海道のお花見に絶好の季節になりました。 天候も良く、気温も上昇。まさにお花見日和です。函館、札幌、室蘭、帯広など全道各地で 桜の開花宣言があり、ゴールデンウィーク中に満開を迎えています。
北海道のゴールデンウィークはまだ肌寒く、天候が優れない事が多いのですが、今年は 気温も上がり、天候も晴れの日が多かったため、道内を観光された方は、良い思い出を 作ることができたのではないでしょうか。

大型連休は終わってしまいましたが、北海道のシーズンはこれからです。 桜も今開花したばかりです。旭川や釧路、網走、稚内など桜がこれから本番を迎える地域もあります。 そして北海道観光の代名詞でもある富良野はこれからがシーズンです。
時を同じくして知床横断道路(国道334号線)も開通しました。昨年は、6月まで開通しなかったこともあり、 不安でしたが、ゴールデンウィーク中に開通できて一安心です。
今年の大イベントとして消費税が8%に増税されました。消費税は上がったものの、物価が多少安くなった せいもあり、増税ブルーにはなっていませんが、高速料金の値上げやガソリンの高騰化が夏の北海道 観光にどの程度影響するのか心配です。





2014/03/02
厳しかった冬の残すところあとわずかです。 春が待ち遠しい3月の到来です。
今年の冬は昨年ほど豪雪ではありませんでしたが、寒く厳しい冬でした。関東地方では 大雪に見舞われ、積雪の記録を更新するなど大変な状況でしたが、みなさんの地域はいかがでしたでしょうか。
冬のドライブは緊張感が走るものです。路面凍結だけであればスピードを落として車間距離を取って・・・というだけでしょうが、 これに視界が奪われるような吹雪が加わると緊張感がいつも以上に増します。 気温が低いとたとえ晴れていても巻き上げる雪が舞う地吹雪になるため、いつどこで視界が奪われるかわからないものです。 大型車の後ろを走行する時などは特に注意が必要なものです。
最近道路の雪も解けて走りやすくなると安心するものです。春が待ち遠しいですね。

今年は冬期オリンピックの年です。既に先月終わってしまいましたが、ソチ五輪、みなさまは楽しみましたか? 北国に住む身としては、ウィンタースポーツは幼いころから馴染みがあり、冬季五輪の種目の応援には力が入ってしまうものです。 スキー、スケートなど定番のスポーツからアイスホッケーやカーリング、ボブスレーなど種目こそ少ないですが、楽しんだ二週間でした。
オリンピック効果なのかスキー場も人が増えているような気がします。ソチの晴天とは逆に北海道はあまり天候に優れる日が少なく、 時よりリフトの運行停止になってしまうような強風と悪天候に見舞われてしまうことが多かったような気がしますが、このところ天候が 良い日が続いているので、是非北海道のスキー場へ!
かつてはゴールデンウィークまで楽しめた北海道のウィンタースポーツも今は3月いっぱいといったところでしょうか。 とはいえ、3月でも最高の雪質を満喫できるのが北海道のウィンターリゾート地です。 五輪効果も相乗して、益々盛り上がる事を祈る今日この頃です。





2014/01/06
あけましておめでとうございます。
2014年も「北海道パーキングガイド」を宜しくお願い申し上げます。
既に2014年が幕開けして約1週間経過しますが・・・、新年のご挨拶をさせていただきます。 さて、2014年が始まりました。今年は消費税増税や冬期オリンピックなどが予定されている年です。 2013年は株価上昇や円安など景気回復を示唆させる動きが目立っていましたが、今年はどうなる事でしょうか。
気になるのは昨今の気象状況です。2013〜2014にかけて雪が多く寒くなると予想されていますが、再び日本海側を 中心に大雪の天気になるのかが目先心配です。確かに一昨年の冬は雪が多く苦労した経験がありますが、二年連続は 勘弁してほしいというのが本音です。
冬が終われば春、夏と季節は変わりますが、また猛暑の到来でしょうか。最近では毎年繰り返されている大雪、寒波と 猛暑。異常気象なのでしょうか?それとも地球の長いサイクルの中では当然の気象なのでしょうか?

毎年数ヶ月間は雪に閉ざされる北海道。
雪と上手にお付き合いする事が一番です。「さっぽろ雪まつり」をはじめとする各地で行われる冬のイベントは、 雪の企画です。1月になると各地で冬のイベントが開催されます。地球温暖化が叫ばれ、冬が来るのが遅く、早く 春が来ることが多くなったため、冬を満喫できる期間は短くなりましたが、寒い冬に変わりありません。 せっかくの寒い冬ですから、雪や氷のイベントに出かけてみませんか?

と、冬を満喫する計画はさておき、今年一年皆様が何事もなく無事平穏に一年を過ごすことができますように・・・。 心よりお祈りいたします。平成26年1月。

このエントリーをはてなブックマークに追加