北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇ 過去の日記 ◇


2015/12/13
12月に入り今年も残すところ既に一ヶ月をもありません。 11月下旬から12月初旬にかけて冷え込んだせいで雪が積もりましたが、 少し暖かさを取り戻し市街地から雪は消えています。
スキー場は11月下旬のオープンこそ雪不足によりできませんでしたが、 まとまった雪が降ったおかげで一週間程度の遅れでオープンできています。 今年も4月まで長いウィンタースポーツシーズンの到来です。 ニセコやルスツ、キロロ、トマム、サホロなど北海道にはウィンターリゾートが 各地に点在しています。長く寒い冬で毎日がつらいですが、週末には ウィンターリゾートで雪を楽しんで見てはいかがでしょうか?

さて、来年は北海道新幹線が開通します。15年後には北海道新幹線も札幌まで 延長される見込みです。経済効果が開通により高まることを期待しますが、 やはり需要は道路のほうが高いようです。
今年度は来年の3月ですが、それまでに道東自動車道は阿寒まで延長します。 十勝オホーツク道路も今年11月に延長した訓子府から国道242号線沿いの小利別まで 延長予定です。さらに旭川紋別自動車道も丸瀬布延長以来瀬戸瀬まで延長が予定され さらに遠軽や北見が時間的に近くなります。
釧路市内も外環自動車道の開通が見込まれ、釧路市内の渋滞や大型車の往来も緩和 される見通しです。 道路の開通でますます北海道レジャーや観光の追い風になることを期待しています。





2015/11/08
この11月で北海道パーキングガイドは4周年を迎えました。
今後もご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
さて、先月には初雪も降りいよいよ冬が近づいています。 本日11/8は立冬です。北海道は平年、立冬に先立ち初雪が降るため立冬の頃は既に 冬が始まっているという感覚がありますが、路面に雪がない以上まだまだ秋の感覚のようです。
本日11/8に一つの道路が開通しました。 十勝オホーツク自動車道の西北見〜訓子府間です。 先行して北見市内を迂回するための北見東〜北見西間は開通していましたが、更に西側を訓子府まで 延長されることになります。

ふるさと銀河線が廃止されたのが2006年4月21日。もとの駅舎は足寄や本別、陸別など道の駅に生まれ変わり 駅の姿は残しています。そしてこの区間に高規格道路が建設されています。 既に道東自動車道本別JCTから足寄までは利用できますが、その先北見までの区間は建設予定とされています。 そしてその一部である訓子府〜北見が本日開通に至ったのです。
北見市内の南側を通過する十勝オホーツク自動車道は北見市内の夜景が美しいと好評です。更に北見市内を迂回できる メリットがあります。更に北見の隣にある訓子府まで延長する事で交通の利便性は高まります。 問題はその先陸別、足寄までつなげる価値があるのかということですが、国道242号線は見通しも良く走りやすいのですが、 それは置戸経由の話です。訓子府から陸別には近道である道道143号線を通りますがここが峠道で険しいのです。 陸別までつながるのであれば、利便性が高くなるのでは?と思っています。





2015/10/12
秋が深まり、各地で紅葉の見ごろを迎えています。 ひと雨ごとに寒くなり、標高の高い峠では雪の便りも届いています。 紅葉が終われば北海道も長い冬です。
味覚や収穫の秋ですが、北海道各地では食に関する様々なイベントが開催されています。 一年でも一番お祭りが開催されるのが秋です。 夏をアクティブに過ごした方にとっては休息したいところですが、一年で一番食に潤う季節を 満喫しましょう。
季節外れの花火の写真が・・・と思うかもしれませんがイベントの最後に花火大会を開催している場合も ありますので、今年最後の花火を是非満喫してください。

市街地をはじめとして北海道の各地では冬前に道路のメンテナンス工事が実施されます。 通常であれば夜間であったり平日のみの工事も、この時期には土日も通じて行われることが多くあります。
行政上の予算の関係なのかは分かりませんが、総合的にみると秋に道路工事が多くなされているような気がします。 時より冬になって雪が降りしきる最中に工事が行われていることもあり、もう少し早くすればいいのにと 工事関係者の気持ちを察する事もありますが、真夏の炎天下や真冬の極寒の中で作業する方々には ホント頭が下がる思いです。 安全に快適に走行できるよう日々努力してくださっている方々には感謝したい気持ちです。





2015/08/14
蒸し暑い日が続く北海道ですが、お盆を迎えこの先一気に秋めいてきます。 昼間は暑くても朝晩は涼しく時には寒くなる日も多くなってくるでしょう。 夏の終わりは切なく寂しい気持ちになりますが、残り少ない北海道の夏を満喫しましょう。
お盆といえば各地で起こる渋滞です。渋滞のない北海道ですがこの時期は高速道路を中心に各方面で 渋滞が起きます。夏場は特に自動車で出かける方も多いため、正月よりお盆の渋滞のほうがひどいのですが、 そうはいっても東京や大阪のような長大渋滞になることはほとんどありません。 いずれも10キロメートル未満の渋滞です。普段渋滞を経験していない人からすると たとえ数キロの渋滞でも苦痛に感じるものです。

道路や路面状況による慢性的な冬場の渋滞よりは楽なのですが、夏場の運転は疲労がたまりやすく なっています。エアコンが効いた車内でも日差しは強く体力が奪われやすいのです。 夏場のお出かけは時間にゆとりをもって行きたいものです。
さて、北海道からまた一つ鉄路が消えようとしています。 深川と増毛を結ぶ留萌本線です。かつては留萌で羽幌線に接続するなど大変栄えた路線なのですが、 国道の整備や深川留萌道の開通、沿線の過疎化などにより年々利用者が減少したことが要因です。 来年には北海道新幹線が開通し新しい鉄路が敷かれるとともに古いよき歴史が一つ幕を下ろします。





2015/07/11
6月中旬ころから寒くぐずついた天気が続き、このまま夏が来ないまま終わるのでは?と思った人も 多かったこの頃ですが、ようやく夏らしい暑さがやってきました。
エアコンの普及率が低い北海道では夜まで暑く寝苦しい日というのは数少ないのですが、 日中はどこにいても暑く、車の中のエアコンがきいた車内が一番だと思ってしまう今日この頃です。 やっぱり夏は、家で暑さに耐えるよりどこかに出かける方がいいものです。 海や山、お祭りなどイベントは各地で行われています。
北海道パーキングガイドでもお祭りや花火などのイベントを紹介していますので、是非ご覧ください。

夏の思い出は写真に残してみてはいかがですか?
最近ではスマートフォンの画素数もコンパクトカメラ並みになっているので、スマートフォンとは思えない いい写真が撮影できます。とはいっても所詮携帯電話の付加機能の一つですので、コンパクトカメラや 一眼レフカメラで撮影するのが一番です。
夏の景色と言えば海ですが、どこの風景でも共通して言えるのが青い空です。 他の季節とは比べものにならないほどの青さが夏の空です。 なかなか青さを見た通りに写真に表現できないのが悔しいところですが、撮影モードやピクチャー コントロールなどで太陽光の青さを引き立てる写真に仕上げることができますので是非一度お試しください。 それでは北海道の短い夏をお楽しみください。





2015/06/13
北海道も6月に入り一番いい季節になりました。 新緑が輝くこの季節は出かけたくなるものです。北海道は梅雨がないため過ごしやすいのですが、 天気が変わりやすいのもこの時期の特徴です。気温も雨の後は寒い日が続いたり日中は気温が 高くても朝晩は冷え込むなど、服装や過ごし方に注意しないと体調を崩しやすいので注意が必要です。
そんな6月ですが、北海道の景色をご紹介させていただいている北海道パーキングガイドの写真は、 そのほとんどが早朝に撮影したものです。 早朝に撮影する理由は、まず空気が澄んでいて写真が綺麗に撮れるからです。そして 観光客などが少ない時間帯の方が写真撮影しやすいから、最後に 渋滞などが発生しない時間帯のため、目的地への到着時間までの予測が立てやすいからです。

この時期、北海道は緯度が高いため、日本の他のどの地域よりも日の出が早くなります。 6月の今は午前3時にもなるとうっすら明るくなってきます。 4時には完全に明るくなり、5時には太陽はかなり高い位置にいます。
夏場は日中は暑くて、外で撮影するのは意外と辛いものです。逆に気温が低めの早朝が おすすめなのです。とはいっても、6月の早朝はまだ寒く山間部だと一桁の気温も珍しくないので、 寒さ対策が必要です。
1 ちなみに早朝に出かけると日中に車内で仮眠を取ることも多いのですが、暑くてゆっくり寝ることが できないのが難点ですかね〜。
皆さんも早朝観光してみてはいかがですか?





2015/05/06
ゴールデンウィークに入り、北海道も桜の季節です。
4月が例年と比較して幾分暖かったせいもあり函館や札幌では、一週間から10日早い開花となり 4月下旬には開花しゴールデンウィーク前には満開になりました。
桜前線は北海道の北部と東部にこのあと移動し長い日本列島縦断を終えます。 5月中旬から下旬にかけて桜の見頃を迎える地区もありますので、道央や道南の桜を見逃した方も 是非ドライブがてら出かけてみてはいかがでしょうか?
北海道もこれから本格的な観光シーズンを迎えます。 冬の間は、海外からの観光客が多かった気がしますが、これからの季節は国内旅行の観光客も増え 益々北海道の観光地は賑わうことでしょう。

例年に比べ一段と雪の多かった道東地方でも春を迎えています。
先日冬季通行止めから開通した知床横断道路では道路わきの雪が普段より多く、知床の冬の自然を まだまだ感じることができます。通行できる期間が約一ヶ月の間制限されますので計画を立てる際には ご注意を・・・。
3月に開通した道東自動車道浦幌IC〜白糠ICなど道東へのアクセスがまた便利になりました。 昨年開通した北見道路や、帯広広尾自動車道の延長など道東を中心に道路が開通しています。 市街地を避けたり山間部をトンネルで貫いたり一部開通区間でも時間的な短縮で十分恩恵を受けることが できます。しかもいずれも道路も無料供用区間とあることも魅力的なところです。
残り少ないGW期間を是非ご堪能ください。





2015/03/09
2015年が始まって早くも二ヶ月が経過。3月に入り北海道にも春が近づいています。 今年の冬は、道東を中心に悪天候に見舞われ、雪と風と戦った冬になりました。
そんな冬にも間もなく終わりを告げます。札幌では二月中旬からまとまった積雪はなく、 暖かい日が続いたこともあり雪解けが進んでいます。路面もアスファルトが出て路肩の雪山も だいぶ小さくなっています。春を感じさせる天候が続きますが、毎年すんなり春にはなってくれません。 まだまだ三月の上旬です。路面の凍結や積雪など油断は禁物です。

この三月道東へのアクセスがまた変わります。道東自動車道が浦幌から白糠まで延長します。 いままでは浦幌ICからは並走する国道391号線を走り釧勝峠を越えて白糠に至っていましたが、 道東自動車道は釧勝峠をトンネルで通過するため利便性が良くなります。 白糠は内陸にICがありますが、峠越えをしなくてよくなる分利用価値は高くなります。 他にも函館の高規格道路が延長となり、函館空港への利便性が高まるほか、帯広広尾自動車道も 延長されます。
鉄道も変わります。北海道新幹線開業に先立ち、本州と北海道を結ぶ寝台特急トワイライトエクスプレスが 廃止になるほか、青函トンネル開業から走り続けた北斗星も定期運行から退きます。





2015/01/05
あけましておめでとうございます。
2015年も「北海道パーキングガイド」をどうぞ宜しくお願いいたします。
さて、2015年になり日本列島を寒波が襲ってきています。 陸別では、氷点下27.5度ととてつもなく寒いお正月です。そこまで冷え込んではいませんが、 車の温度計で氷点下21度になっていました。これから本格的に寒くなるため、風邪などひかぬように ご注意くださいませ。 1月から2月は冬のイベントが待っています。札幌の雪まつりをはじめとして、支笏湖や網走、層雲峡など 雪や氷を題材としたイベントは寒い中でも魅力的なものです。

既に年末年始帰省のUターンラッシュは終了したようですが、北海道の高速道路では事故が相次いで 起きています。冬の高速道路は融雪剤が大量に撒かれるため溶けている状態では走りやすい路面なのですが、 凍り出し始めた時が一番滑りやすく、それに増してスピードも出ているため、一度スリップすると 立て直す事が難しく事故になってしまう可能性が高いのです。 まだまだ路面凍結する期間が続きます。路面状況は場所や時間によって刻々と変わります。 北海道をドライブされる方は、路面状況を確認しつつ安全運転でこの冬を乗り切りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加