北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇ 過去の日記 ◇


2016/12/11
街はクリスマスムード、今年も早くも12月になり残すところあとわずかです。
2016年も各地で様々な出来事がありました。 一番印象に残るのは地震です。熊本と鳥取で大きな地震がありました。 東日本大震災の記憶が鮮明に残るなかでの地震という事もあり、地震大国である ことを再度認識させられるとともに、地震に対する意識がさらに高まったのでは ないでしょうか。
この北海道も今年は甚大な被害を受けています。
道東を中心に8月の台風上陸に伴い、道路や線路の通行止めによる被害を受けています。 いまだに通行止めが続いている区間や鉄道を運休せざるを得ない区間もあるのです。

北海道を旅する交通状況も大きく変化した年でもあります。
北海道では今年北海道新幹線が3月に開業しました。 東京と新函館北斗を結ぶ新幹線が開通し北海道への経済に大きな効果をもたらしています。 今後、札幌まで延伸工事が進められますが、今函館市や北斗市では、新幹線ブームが沸き起こりました。
一方、北海道の過疎化に伴い地方鉄道路線の継続が難しくなる現実もあります。 12月には、留萌本線の留萌と増毛の間が廃線となり、それ以外の路線にも廃止計画がでています。
逆に陸路は開発が急ピッチで進められています。 3月には道東自動車道が釧路まで延伸されました。札幌と釧路が高速道路で結ばれることに よってますます便利になったのです。
今年も様々なことがありましたが、来年も良い年であることを願うばかりです。





2016/11/05
11月1日で北海道パーキングガイドは5周年を迎えることができました。
引き続き、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
さて、今年は少し冬が到来するのが早いようです。 西日本ではまだ残暑が残っているのですが、北日本は既に真冬並みの寒気が 流れ込んでいます。既に北海道では雪も降り、いつでも本格的な冬になりそうな勢いです。
この時期は北海道の平地でも紅葉が美しい季節です。 街路樹も赤や黄色に美しく輝いているのですが、路面にたまった落ち葉を片づけるのは大変です。 毎日のように清掃している人は寒い中大変な作業です。 しかしこの作業があってこそ美しい街並みを維持できるのですね。

紅葉の最中、一雨ごとに冬が近づいていきます。 11月には雨に雪が混じるようになります。そして同時期にイルミネーションが各地で始まります。 札幌も11月中旬過ぎには、イルミネーションが輝くようになります。
雪にはイルミネーションを美しく見せる効果があります。 同じイルミネーションでも雪があるほうがより美しく見えるのです。 非降雪地帯でもイルミネーションは行われていますが、同じものでも特に北海道のイルミネーションは 美しいと話題になっているのです。
今年は冬が早いかもしれません。 スタッドレス交換などの冬の準備はお早めにすることをおすすめします。





2016/09/22
今年の夏の北海道は災害に見舞われました。
8月に3つの台風が上陸し、大雨を全道各地にもたらしました。 河川の氾濫によって橋がいくつも流され、9月下旬の今でも道央と道東を結ぶ 幹線鉄道が運休、そして国道も通行止めになっているのです。
北海道の観光シーズンで稼ぎ時に起きた災害による損失は計り知れないものがあります。 特に鉄道は幹線区間であるために収益が得られないばかりではなく、復旧工事の費用を支出しなければ ならないのです。赤字経営が続くJR北海道にとっては厳しい現実なのです。

夏の台風が過ぎて北海道は秋が訪れています。 標高の高い山々から紅葉が始まり来月には平地でも美しい紅葉の季節になります。
山々の中には夏の台風で被害にあった場所も多く、普段は秋の行楽シーズンに賑わう場所も、 立ち入り禁止になっている場所も多数あります。 美しい紅葉の先には崩れた土砂や木々があるのです。 普段夏の災害が起こることがほとんどない北海道にとって2016年はもろさを実感させられた 年でもあるのです。
短い秋はすぐに通り過ぎやがて冬になります。交通機関の全面復旧は年内、もしくは年明けに なる予定です。 厳しい冬のさなかに復旧工事を進めることになる方々には感謝の一言です。





2016/07/03
北海道も本格的な夏の観光シーズンに入りました。
各地で様々なイベントが開催されます。北海道は短い夏ですので、 思い切り楽しみたいものです。
夏の風物詩といえば花火です。北海道各地で開催されるイベントと 花火の開催情報をイベントガイドに掲載していますので、ぜひご覧ください。
この夏も多くの花火が開催されます。9月上旬までに毎週のようにどこかで 開催されていますので一度足を運んでみてはいかがでしょうか? 夏とはいえども北海道の夜は冷えます。長袖などの羽織るものがあると重宝します。

何かとお出かけしたくなる夏ですが、広い北海道では各地で天気も気温も異なります。 山を一つ越えると全く天気が異なることも少なくありません。出発地は晴れていたのに 現地に着く頃には雨が降っているなんてことも少なくありません。
内陸と海岸沿いでは気温も異なります。山を越えて海に出かけようとすると10度近く 気温が低いこともありますので、天気予報は事前に確認することが大事です。 特に行き先の天気の確認は必須です。
逆に出発地の天気が悪くても行き先の天気が良いこともありますので諦めずに!





2016/06/19
北海道も/の観光シーズンが始まりました。
北海道に在住であればわかりますが、北海道を2〜3日ですべてを観光することはできません。 都市間の距離は数百キロ離れているのです。北海道内を結ぶ航空路線もあるほどです。 北海道の観光はエリア単位で訪れるのが一番です。
大きく分けると一回の観光旅行で訪れることのできる範囲は個人的主観では 6エリアに分かれるのではないでしょうか。 一つのエリア間は100キロメートル以上いますので、もし観光をするのであれば、 別日程がおすすめかと思います。

北海道の観光エリアは次の6エリアになるのではないでしょうか。
【道央エリア】札幌、小樽、支笏湖、定山渓、登別温泉、洞爺湖温泉
【道南エリア】函館、大沼公園、駒ヶ岳、湯の川温泉、江差、せたな、奥尻島
【旭川エリア】旭山動物園、層雲峡、美瑛、富良野、十勝岳
【道北エリア】宗谷岬や稚内、利尻島、礼文島
【オホーツクエリア】知床、網走、サロマ湖、能取湖
【道東エリア】阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖、釧路、根室、十勝川温泉、帯広





2016/05/14
桜前線も北海道を北上中でゴールデンウィーク前から北海道でも各地で桜の便りが届いています。 4月は寒い日が多かったのですが、5月に入り暖かくなりようやく北海道も春の陽気を楽しめるように なりました。
春の北海道は桜が中心となりますが、桜以外にも春を見つけることができます。 一面黄色の菜の花畑や、水をはったばかりの水田やまだ雪解けは遠い冠雪した標高の高い山々などです。 春紅葉を楽しめる場所もあります。秋の紅葉とは異なり、青の中に色づく春紅葉はまた一味違った 一面を持っています。
北海道の春はすぐに終わってしまいます。一番美しい季節を楽しめる期間ですので、 ぜひ各地にお出かけしてみてください。

ドライブの際に寄りたいのが道の駅です。市町村の魅力を凝縮した道の駅はドライブの際に立ち寄る 最高のスポットなのです。食を楽しんだり、景色を楽しんだり道の駅によってその特徴は大きく 異なっています。
今年北海道の道の駅は2つ増え、117箇所になっています。広い北海道、すべての道の駅をめぐることは 難しいのですが、近くに寄った際にはぜひ立ち寄りたいものです。 ご当地グルメは、他の店では味わえないような味です。取れたての山菜や魚介類、肉などを購入できる のも魅力です。お土産品にも力を入れており、そこの道の駅でしか買えないものを選択するのが おすすめです。
トイレだけでなく、道の駅を目的にドライブに出かけるのも面白いのかもしれません。





2016/03/12
昨年に引続き、3月12日に道東自動車道が阿寒まで延長されます。 これにより実質的に釧路市まで道東自動車道がつながったことになります。 また併せて釧路外環状道路が釧路西から釧路東まで開通します。
平成7年に道東自動車道の先駆けとして千歳恵庭JCTから夕張まで開通してから 21年の間に徐々にその区間を延長し、札幌と釧路を片道4時間台で行くことが できるようになり、一般道の7時間程度かかっていた所要時間が大幅に 短縮できるようになりました。

北海道の背骨にもあたる日高山脈を越える区間は鉄道とともに難所でした。 国道274号線も清水町までの全区間が開通したのは平成3年と比較的新しい路線です。 標高1,033メートルの日勝峠は常に難所で特に冬期間は事故の多発や通行止めなど 道央と道東を結ぶ大動脈として課題が多い路線でした。
高速道路の開通は、当初利用者数が少ない路線でしたが、日高山脈を越える 夕張と清水がつながると一気に通行量は拡大し今では高速道路利用する人の ほうが多くなるほどになっています。
今年は北海道新幹線開通もあり新時代の交通が飛躍する都市です。 益々北海道の経済の発展につながることを願うばかりです。





2016/02/06
すでに2016年も一か月が過ぎてしまい遅くなってしまいましたが、 新年あけましておめでとうございます。 本年も北海道パーキングガイドをよろしくお願い申し上げます。
2月に入り北海道の長い冬も折返しを迎えています。 札幌では冬の名物イベントである雪まつりが開催され、世界、全国 各地から多くの観光客が訪れています。夏の北海道にも多くの観光客が 訪れますが、やはりこの雪まつりにはそれ以上の観光客が訪れています。 街中を見ると地元の人より観光客のほうが多いような気がします。
中国人観光客の増加も含めてホテル業界は賑わっている様子です。 この春北海道旅行を検討されている方はお早めの予約をおすすめします。

今年2016年は来月末には北海道新幹線も開業します。
JR北海道の経営状態が懸念される中ではありますが、北海道への観光客は 大幅に増加する見込みです。ちょうど一年前に開業した北陸新幹線も 北陸地方への観光客が大幅に増加しニュースになりました。 北海道も同じような状況になることで地元の経済効果が上昇することを 期待するばかりです。
観光の需要は多くなるものの、都市間の移動はレンタカーや格安のバス、 そして広い北海道では、各地に点在する空港を直接利用する人も多く、 都市間の鉄道の需要が下がっています。高速道路の整備は需要があり 必要なのですが、雪の影響を受ける北海道は安心、確実な鉄道の需要が もう少し伸びてもいいのではないかと感じますが、これも時代の背景なのでは と感じる今日この頃です。

このエントリーをはてなブックマークに追加