北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜



◆◇過去の日記◇◆


2017/12/10
今年の残すところあと一ヶ月を切り、街中は年末ムードが漂っています。
北海道は11月の寒波到来から真冬並みの寒さが続き、すでに本格的な冬が到来しています。 冬は雪一色に染まり、色を楽しむことはできなくなりますが、光を楽しむことができます。 イルミネーションです。
雪とイルミネーションの相性は美しく、雪灯りの中に輝くイルミネーションは北海道の風物にも なっています。各地で開催されるイルミネーションは、クリスマスから年末にかけてが一番 盛り上がります。そして中には雪融けの春先まで開催されているものもあります。
毎年少しずつ変化が加えられることが多く、昨年とは違った表情を楽しむことができます。

年末の過ごし方は様々ですが、年末年始のイベントを楽しむのも一つの方法です。
最もメジャーなのが初日の出です。北海道でも各地で初日の出を拝むことができます。 メジャーなのは、えりも町の襟裳岬や根室の日本最東端の納沙布岬や、日本最北端の宗谷岬など 沢山あります。メジャーな観光地は年末から多くの人で賑わいます。 年末年始は北海道は真冬の真っただ中であり、かなり冷え込みます。そのため、寒さ対策は必須です。
スキー場でも年末年始のイベントを行っている場所があります。年越し滑りや花火などが開催されている事も あります。都市部とは異なる趣で楽しむイベントに参加することも思い出作りにすることができます。
そして年越しした後は神社に参拝し2018年も幸せに過ごすことができますように・・・とお祈りするのが 日本風の年越しではないのでしょうか。





2017/11/12
北海道パーキングガイドは6周年を迎えることができました。
今後のご愛顧をよろしくお願いいたします。

さて、昨年の8月末に北海道を直撃した台風の被害により長らく通行止めに なっていた国道274号線日勝峠が今年の10月に1年2ヶ月ぶりに復旧しました。 台風の被害が少ない北海道への直撃により、軟弱な山間部の道路が大ダメージを 受ける形になりました。合計50箇所以上の損壊場所があり工事が難航しましたが、 ようやく全面復旧に至ったのです。 鉄道と高速道路は24時間体制でいち早く復旧をしましたが、一般道である峠道の 開通までには長い時間を要しています。
時を同じくして、今年の台風被害で通行が困難になっていた国道36号線の竹浦橋も 復旧開通しています。損壊箇所が少なかったため1ヶ月での開通ですが、これも 台風の影響です。
最近では台風の勢力を保ったまま北海道に上陸や接近するケースが増加しています。 台風被害を考慮した対策が必要になるのです。

知床横断道路が冬の全面通行止めになっています。 11月6日よりウトロと羅臼の間の国道334号線知床横断道路が通行止めになりました。 来年のゴールデンウィーク頃の開通まで冬の長い眠りにつくことになります。
この知床横断道路の冬季通行止めを皮切りに北海道に冬が訪れます。 山間部では既に積雪になっているところが多く、スタッドレスタイヤ装着しないと 走行できない状況もでてきています。 市街地でも一気に白銀の世界になる日ももうそこまで来ています。 スタッドレスタイヤの交換は早めに行うのが理想です。いざ積雪状態になってからでは、 交換作業もままなりません。
11月から各地でイルミネーションが開催されます。冬の訪れとともに開始される幻想的な イルミネーションは冬の風物詩でもあります。





2017/10/15
10月9日に十勝オホーツク道路の陸別小利別ICと訓子府ICが開通しました。
十勝オホーツク道路は、道東自動車道の本別JCTから分岐して、北見、美幌方面につながる高規格道路です。 本別JCTから足寄ICまでと、訓子府ICと北見東ICはすでに開通済みですが、今回は、その途中にある 陸別小利別と訓子府までの間が開通したことになります。
国道242号線陸別から訓子府方面に向かうには、険しい山道がある道道143号線北見白糠線を経由するか、 置戸経由で遠回りする必要がありました。特に冬期間は大変でしたが、この十勝オホーツク道路の開通で、 陸別から便利に訓子府に行けるようになったのです。
足寄から陸別の区間は、未着工区間となりますが、道幅も広く走りやすい環境にあるため、不便には 感じません。 今まで、札幌から北見方面に向かうには、旭川経由で旭川北見紋別自動車道または石北峠を越えるのが 一般的でしたが、これに加えて道東自動車道から十勝オホーツク道を経由する選択肢も増えたことになります。

この8月に道東ではもう一つ大きな変更がありました。
阿寒国立公園が、阿寒摩周国立公園へと名称変更されたのです。 もともと阿寒国立公園は阿寒湖を中心としたエリアでした。摩周湖などのエリアも一部は含まれていたものの、 北側に位置する神の子池などのスポットについては、エリア外になっていたのです。 優れた自然環境を有する地区を保護するためにもエリア拡大を行い、それに伴い名称変更に至った経緯があります。
重荷神の子池周辺を特別地区として摩周カルデラ北側外輪山に至る集水域一帯を風通地域として今回の 変更にて編入しています。
ますます魅力あふれる国立公園として北海道内外からの観光客の誘致ができるようになったのです。





2017/09/17
あっという間に過ぎ去るほど北海道の夏は短く、気が付けばもう9月です。 既に秋の真っただ中という感じです。 大雪山系では初雪の便りも届く頃なのです。
全国でどこよりも早く紅葉を楽しむことができるのが北海道です。 昨年は夏の終わりに台風の到来を受けて多くの被害が出ました。いまだその爪痕を すべて消し去ることができない状況ではありますが、昨年紅葉を見ることができなかった 地域でも今年はきれいな紅葉が戻りつつあります。
見ごろの頃は、場所などによって変わりますが、大雪山系や十勝岳付近の紅葉は 今月中旬から下旬には楽しめるようになります。

秋は紅葉を見るほかにも食のイベントも盛りだくさんです。 一年で一番イベントが多いのもこの9月以降になっています。 冬までの間に全道各地で食に関するイベントが開催されます。
特に海産物は北海道が全国におすすめできるものが数多くあります。 水揚げされたばかりの海産物は鮮度が全く違います。その場で生で焼いたりすることで 新鮮な食材の味をふんだんに堪能することができます。
夏が終われば、お出かけすることが億劫になることも多いのですが、 一味違った新鮮な味覚を求めて外出してみるのも良いのではないでしょうか?





2017/08/06
夏の風物詩は花火です。 北海道でも短い夏を満喫するかのように、各地で花火大会が開催されています。
花火大会を単独としたイベントでは、札幌や函館、旭川、帯広、釧路など都市で開催されています。 毎年い多くの人がこの花火大会に訪れます。
しかし7月から8月に開催される花火大会はこれだけではありません。地方でも数多く開催されているのです。 その多くが日中のイベントの続きとして開催されることが多くなっています。 夏は、イベントが最も多い季節です。毎週のように各地でイベントが開催されています。 海や湖などの水辺のイベントが多いのも特徴になっています。 そして夜にはこのイベントの一環として花火大会が開催されます。
イベントで楽しみ最後は花火で締めくくるのも楽しい休日のひとときなのです。

北海道の夏はもちろん暑くなりますが、夜の気温は下がることが多いため、花火大会に出かける際には、 服装にも注意が必要です。特に海や水辺、そして山間部などで開催される場合には、夕暮れとともに気温が 一気に下がります。8月とは言えども気温が低くなるので寒くなる可能性が多いのです。
昼と夜の寒暖差が大きいため、イベントを通じて夜の花火大会まで観戦する場合には、夜の為に、 一枚多めに持っていくなどの工夫が必要なのです。
この時期、海でキャンプを行う人も多いかと思います。北海道ならではなのですが、海辺にテントをはって キャンプを行う際にも夜や朝方の冷え込みには注意が必要です。もちろん山でキャンプする場合には、絶対に 必需品です。
北海道はお盆を過ぎるとあっという間に秋になります。9月には大雪山系で初雪も観測されます。 天気や気温に合わせてレジャーを楽しみましょう。





2017/07/08
夏休みが待ち遠しい季節になりました。
7月〜8月は本格的な夏の観光シーズンです。 花火やお祭りも楽しみなのですが、この季節しかできないレジャーが海水浴です。
7月中旬から下旬にかけて北海道各地の海水浴場で海開きが行われます。 お盆前までの短いシーズンが北海道の海水浴シーズンです。土日に換算すると2回〜3回程度しか チャンスがないのです。
まだ7月は海水の温度が低く、長時間海につかることは難しいのですが、気温が25度を超えると 日焼けするほど暑い日差しが降り注ぐため、冷たい水が気持ちよく感じるものです。 一年の間でほんの数十日の短いシーズンだからこそ、めいっぱい遊びたいものです。

このシーズン海岸線沿いの道路は常に混雑します。 渋滞をあまり経験しない北海道民にとっては苦痛の時間になります。
レジャーで疲れ切った帰り道に混雑しているとどっと疲れが出てしまうものです。 そのため、時間をずらして渋滞にならない時間を選ぶことがおすすめです。
まだみんなが楽しんでいる時間帯に早めに切り上げるのも方法です。その分朝早く出ると 活きの渋滞も避けることができるようになります。遅い時間を選ぶことも方法です。 レジャーの帰りに温泉などによって疲れを流してから帰るのも方法です。 工夫次第で楽しいレジャーを企画することができるようになります。
この夏も楽しみましょう。





2017/06/18
北海道の観光に最高のシーズンがやってきました。 今回は、北海道以外から北海道に観光に訪れる人のために観光計画を立てるポイントを 教えたいと思います。
まず北海道は広大です。観光名所も多く美しい景色もたくさんあります。 北海道すべてを一回の旅行でめぐることはできません。あくまでもエリアを絞って 計画を立てることをおすすめします。
北海道は梅雨がありませんが、雨が降らないことはありません。 せっかくの観光地が雨になることもありますので、余裕を持っておくことも必要です。

この季節は花火を観光のスケジュールに入れることもおすすめです。 北海道では短い夏を満喫するために7月から8月にかかて集中的に花火大会が行われます。 有名なところでは札幌、帯広、旭川、釧路などで全国的にも有名な花火大会が開催されています。 小さなものも含めると全道各地で100以上の花火大会があります。 その観光地の花火大会を計画に入れると一層旅行が楽しくなります。
もう一つ観光の楽しみに食事があります。神聖な魚介類などを現地で食することは魅力の一つです。 時間帯に気を付ける必要があります。あまり時間が遅いと売り切れてし舞う事もあります。 できる限り午前中など早い時間帯に計画することがおすすめです。
楽しい旅行は計画次第なのです。





2017/05/27
北海道も絶好の観光シーズンが訪れました。 この時期は新緑の映える美しい景色や色鮮やかな花々を楽しめる季節です。 そして標高の高い山にはまだ残雪が残っており、コントラストが一番きれいな 時期でもあるのです。
北海道を移動するために利用する道路は道道を中心に冬季間通行止めになることが 多くなっています。そしてその通行止めの解除が5月中旬から6月にかけて行われます。 冬の間に行くことができなかった場所へもアクセスできるようになるのです。 夏の間限定で楽しむことの出いるスポットもたくさんありますので、ぜひ観光に お出かけしてはいかがでしょうか。

そして北海道は年間通して味覚を楽しむことができる場所でもあります。 この時期は各地でフルーツが旬を迎えます。いちご狩りなどが楽しめます。 もちろん海の幸は甘えびやイカなどを中心に旬を迎えます。各地で食を通じた イベントも開催されていますので、お出かけされてみてはいかがでしょうか?
さて、遠出する際に気をつけなけばならないのがガソリンです。最近の車は燃費が良いので、 さほど気にすることはなくなりましたが、北海道にはガソリンスタンドがない長い区間が たくさんあります。なくなってから燃料補充ではなく、市街地などあるうちに補充しておく ことがベストです。特に高速道路では気を付けましょう。





2017/04/16
桜前線が日本列島を北上しています。 この時期では南東北あたりでしょうか? 北海道は例年通りゴールデンウィークに見ごろを迎えそうです。北海道の桜の見ごろは道南から始まり、 約一ヶ月かけて北海道を北上します。 そして5月下旬に稚内や根室に到着して日本列島の桜が終結します。
そしてこれを機に北海道の観光のベストシーズンが始まります。 桜前線通過後、約4〜5ヶ月で今後は紅葉前線が北海道から南下します。 ベストシーズンはこの短い期間なのです。
桜の見ごろに合わせて行楽計画を立てるのは難しいのですが、桜は晴れても雨でも天気を問わず 風情があります。今年も美しい桜を見れるのが楽しみです。

この春新生活を始めた方もいらっしゃるかと思います。
4月は全国的には春なのですが、北海道はまだ冬といってもおかしくはない時期です。 スキー場も5月上旬まで営業している事を考えればウィンターシーズンなのです。 街中はここ数年4月には雪を見かけなくなりました。一昔前はまだ多くの雪が残っているのが 普通でしたが、温暖化の影響なのか4月に入ると雪はほとんど見かけなくなりました。
しかし4月はまだ雪が降る季節なのです。最高気温が20度近くまで上昇する陽気な天気に なることもありますが、雪が降る寒い日もあるのです。寒暖の差が大きいため油断はできないのです。 季節の変わり目で体調を崩しやすいため、服装や暖房などにこまめに気遣いする必要があるのです。
本格的な春はもうすぐ目の前まで迫っているのです。





2017/03/18
桜前線が九州に上陸しようとしている中、北海道も氷点下の時間が少なくなり、 だいぶ春めいてきました。桜の開花は例年通りのゴールデンウィーク頃が予定 されており、桜を楽しめるのは一ヶ月以上先の話ですが、少しずつ春らしく なってきているのは実感できます。
とはいっても例年、寒の戻りはあります。三寒四温と呼ばれるように暖かい日が 徐々に増えて春になりますが、急に雪一色に戻る日も突然ありますので、気温差で 体調を崩さないように注意しなければなりません。 冬の間雪で閉ざされている北海道は雪融けの時期が一番汚くなります。埃っぽくなり、 雪解けの水と泥があちこちにあります。完全に雪融けされて道路が清掃されるまでは 我慢が必要です。

さて、北海道新幹線が開業して一年が経過し、北海道への観光客の数も増加しています。 2月に開催されたさっぽろ雪まつりへの来場者数も過去最高を記録するなど観光需要が 高まっています。この夏も観光需要が拡大することが予想されており、北海道経済への 好影響が期待されています。
明日3/19には旭川紋別自動車道が更に延長され、丸瀬布から遠軽瀬戸瀬まで約11キロ先へ 伸びます。丸瀬布の道の駅の需要が減るという一部の懸念もありますが、オホーツクエリアの 活性化に向けて着々と進んでいます。オホーツク紋別にも空港がありますが、現在は羽田との 間に一日一往復のみの運行になっています。一時は休港も懸念されましたが自治体の支援などに より通年運航がなされている状況です。
オホーツクは北海道ならではの食を楽しむことができる地域でもあります。どうしても札幌や函館、 富良野などが中心となる中、需要が伸びてほしい地域でもあります。





2017/02/05
2月に入り北海道各地では冬のイベントが開催されています。
オホーツク沿岸では流氷が接岸し、網走、紋別では流氷砕氷船の 運行や流氷のイベントが開催されています。この時期でしか見ることのできない 自然の美しい景色をぜひご堪能ください。
札幌では世界的なイベントにもなっている雪まつりの、旭川の冬まつりなどが開催されています。 1月から既に支笏湖の氷濤まつりや層雲峡の氷瀑まつりもおすすめです。 また寒い冬だからこそ楽しむことのできる温泉も冬の贅沢の一つです。
更に今年は冬季アジア大会などのイベントもあります。 冬のイベントは暖かい格好でお出かけください。

冬の移動には、鉄道やバスを利用することをおすすめします。 道路が凍結する冬期間には、数多くの事故が発生しています。 路面状況は刻々と変化します。場所や時間帯など冬の路面状況は一定ではありません。 融雪剤を散布していても、必ずしも安全とは限らないのです。
直線区間が多く、見通しが良く、道幅が広い北海道の道路はスピードが出やすくなります。 夏だけでなく冬も除雪が行き届いているため、同じ感覚で走ってしまうことが多いのです。 しかし路面状況は夏と冬では全く異なり、大事故につながりやすいのです。 特に冬路面に慣れていないドライバーは、交通機関を利用する事をおすすめします。





2017/01/01
新年あけましておめでとうございます。
2017年が幕開けしました。 本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。
さて、昨年はこの北海道において台風が連続して上陸するなど未曽有の 災害に見舞われた年でもあります。日本全体に目を向けると地震が各地で生じるなど 災害が多かった年であることが特に印象に残っています。
一方、北海道新幹線の開通や夏の甲子園で北海高校が準優勝するなどの明るい話題も 印象にあります。オリンピックの活躍も鮮明に記憶しているのではないでしょうか。
一年を通すと様々なことが起きていますが、明るい話題が一番印象に残る年にしたいと 1月1日今日思う事です。

昨年の12月は札幌でも記録的な雪が降っています。 11月の大雪に引き続き、12月の二度の大雪に見舞われ、交通機関はマヒを起こしました。 飛行機の欠航や鉄道やバスの運休が相次ぐとともに、道路も除雪が追い付かず慢性的な 渋滞を引き起こしました。 雪に強い街である札幌でもこれだけの雪が一気に降ると多大なる影響が出るのです。
年末の時期にも重なっているため、忘年会帰りのタクシーなどにも影響が出ました。 バブルの頃のようにタクシー乗り場に長蛇の列ができているのは、景気が急上昇したのでは なく、交通事情によりタクシーの供給量が需要量を大きく超過してしまっていたからなのです。
年末年始も休みなく働く除雪に関わる人のおかげで、安心して車で走ることができることに感謝 しつつ、この先春まで穏やかな天気でいてほしいと願う2017年の新年の一言です。


写真素材-フォトライブラリー