北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜



◆◇過去の日記◇◆


2018/12/02
2018年も残すところあと一ヶ月になりました。 平成最後の年末年始を迎えようとしています。
少し早いですが、今年一年間北海道パーキングガイドを ご愛顧いただき誠にありがとうございます。 今年11月には7周年を無地迎えることができました。 これからも北海道の観光情報を中心にご紹介していきたいと 思いますので、引き続き、よろしくお願いいたします。
今年を思い返すと全国各地で自然が要因となる災害が多発しました。 ここ数年では毎年起きている自然災害は今や他人ごとではなくなっています。 いつ自分の住んでいる地域で同じことが起きるとも限らないのです。
震災や自然災害への関心を高めて行くことが大切だと感じさせらます。 時間が経過すれば、自然と意識は薄れていきます。そして忘れかけたころに 襲うのが自然災害です。常に意識し続けることこそ最大の備えであるとも思えます。

北海道の12月と言えば、スキーシーズンの到来です。 本格的なウィンタースポーツであるスキーやスノーボードの季節がやってきます。 そして北海道のスキーのメッカでもあるニセコと富良野へのアクセスが少し便利になります。
まずニセコですが、後志自動車道の開通です。札樽自動車道の小樽JCTから後志自動車道が余市まで 開通します。札幌からニセコ方面へ行くにはとても便利です。冬だけでなく積丹など夏のドライブにも 活用できます。
そしてもう一つが旭川十勝道路の開通です。旭川と占冠をつなぐ国道237号線とほぼ同じ路線に自動車専用 道路を計画しています。その一部が開通します。富良野を中心に南北に開通します。これにより富良野スキー場へのアクセスが少し便利になります。帯広方面から来た際に布部から北の峰まで利用するのがおすすめです。 全線開通すれば、道東や新千歳空港からの富良野へのアクセスが便利になります。また、旭川空港からも利便性が良くなります。
本格的な冬のシーズンの始まりは、まだ冬道に慣れていないこともあるため、慎重な運転が必要です。 師走で忙しい中ですが、安全運転で2018年を締めくくりましょう。




2018/11/04
11月に入り、いよいよ晩秋から冬への季節転換です。
山での初雪の観測は例年より遅いものの11月はいつ平地でも雪が積もってもおかしくはありません。 一度溶ける方が多いのですが、街中は真冬並みと同じような状況になるため、 道外から観光に訪れる方は、雪の情報に注意することをおすすめします。
本州でも秋が深まるこの季節は本州各地で紅葉のシーズンを迎えます。 朝晩は10度程度まで冷え込みますが、日中は15度から20度くらいまで上昇して 過ごしやすいのが11月です。 一方北海道では、11月は、朝晩は氷点下に下がることも少なくなく、日中でも最高気温が 10度に届かない日もあります。北海道にこの季節、旅行される方は暖かい服装で 来られることをおすすめします。

北海道の冬場の道路の交通事故発生件数は夏の1.7倍と言われています。 特に雪が降り積もる初冬の11月が最も多い件数です。 毎年雪に慣れているとはいえ、半年以上夏道に慣れたドライバーが冬道に 慣れるまでの時間が最も危険な時期です。
また、路面が凍結しているところとそうでないところが両方あることから、 急に凍結路面に入り、制御が効かなくなるケースもあります。 峠や標高の高い場所ではすでに路面凍結のサインが出始めています。 秋の行楽シーズンですが、すでに北海道は初冬の季節です。いつ雪が降っても 大丈夫なように準備をしておでかけしましょう。




2018/10/06
2018年9月6日午前3時8分、寝静まった北海道を突如襲った北海道胆振東部地震。
最大震度7は、今まで北海道が体験したことのない揺れでした。十勝沖地震、 北海道東方沖地震、北海道南西沖地震。北海道では今までも大きな地震の被害を 乗り越えてきました。そして記憶が薄れた頃に襲った大地震が北海道胆振頭部地震です。 日本は地震列島であることを改めて実感させられた瞬間でもあります。
幸いにも津波はありませんでした。しかし地滑りや液状化現象など大きな被害が続出しました。 さらに北海道電力創設以来と言われる北海道全域にわたる大停電が生じました。復旧まで 長時間を要する大停電はライフラインの大事さを私たちに教えてくれたのかもしれません。 携帯電話やスマートフォンが主流の今、充電を求める人で溢れかえる光景を目の当たりにした都市は 昔とは全く異なる光景です。
今回の地震がもし冬に生じていたとするならば、暖房がすべて止まる絶望的な状況であったかもしれません。

今年も残り3ヶ月を切りましたが、自然災害に見舞われた年です。
3月までの冬には豪雪により北陸地方を中心とした日本海側で大雪に閉ざされ、7月には西日本豪雨が大災害を 引き起こしました。山陽地域の物流に大きな影響を及ぼす被害を生み出しています。翌月8月には、山形豪雨が 発生し、鉄道や道路が寸断されました。その矢先、台風21号が上陸、関西空港が水没するなどの大被害を残して 日本列島を通過、そして北海道胆振東部地震により新千歳空港閉鎖、交通機関のマヒ、さらには大停電を引き起こしました。
9月には台風24号が列島を通過、伊勢湾台風並みの勢力を保ちながら上陸し関東圏の鉄道が異例の全面運休を事前に打ち出しました。そして今、台風25号が日本列島をかすめています。
平成最後の夏、そして秋に立て続けに起こる大災害。災害列島日本と意識していても避けられない自然の猛威の恐ろしさを実感させてくれた年です。
この度の北海道地震で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。




2018/09/01
今年も夏が終わり9月に入りました。2018年もの残すところ4ヶ月です。月日が経過するのは早いものです。 北海道ではすでに秋雨前線の北側に存在しているため、すっかり秋のムードになっていますが、 関東や西日本ではまだまだ猛暑日が連続する夏真っ盛りという状態です。
最近、夏から秋に訪れる台風は日本列島に甚大な被害を出しています。 今年の8月も異例の数の台風が発生し、日本列島に各地に被害を出しています。
北海道はかつて台風とは無縁の地域でした。緯度が高い北海道に接近する台風はすでに勢力が 弱く、被害も少ないことがあるためです。
逆に数年に一度甚大な被害を出す台風が訪れるため、対策にノウハウがないため被害は大きくなることが 昔の北海道の台風被害でした。1954年には青函連絡船が台風で沈没するなどの事故も起きています。

最近では海面の水温が高いであることから北海道付近でも勢力を維持したまま台風がやってくることも少なく ありません。二年前には2つの台風が北海道を直撃し、河川の増水や堤防の決壊などで洪水になり 農作物に大きな被害を出しています。また交通機関にも影響を及ぼしたのは記憶に新しいところです。
暴風域を伴った状態で風の被害をもたらす他、秋雨前線など北海道付近に長く停滞する時期に 台風が重なることも多く、雨の量も多くなっています。
気候の変化は北海道にも影響を与え始めています。夏降水量が少なく、冬雪がたくさん降るのが北海道の 年間を通しての気候ですが、最近では前線や台風などの影響で年間月別降水量の分布も変わりつつあります。
台風はすでに他人事ではなくなっています。 北海道でも台風に対するしっかりとした対策をする必要をしなければならない時代に突入しているのかもしれません。




2018/08/05
8月には待ちに待った夏休みがあります。学生は7月下旬からお盆過ぎまで長い夏休みですが、 大人になると最大一週間程度の夏休みが基本です。夏休みには帰省や各地への行楽などで 高速道路や国道が混雑します。そして渋滞がないと言われる北海道でも渋滞が発生することも あります。帰省シーズンになると道内各地へ向かう道央自動車道や道東自動車道が渋滞します。 一般国道では、海水浴に向かう海沿いの国道231号線や5号線が札幌を中心として渋滞します。 定山渓を通過する国道230号線も渋滞します。36号線も混雑は避けられません。
東京のように数十キロの渋滞になることはなく、深夜に及ぶまで長い渋滞が続くことはありません。 渋滞が少ない北海道で渋滞に巻き込まれるとイライラしがちです。

渋滞に巻き込まれずに予定通りに目的地に着くためにはいくつかのポイントがあります。 まず、渋滞情報を事前に入手しておくことです。今は渋滞していなくても到着ポイントに着く頃に 渋滞に巻き込まれる可能性もあるため、渋滞予報を利用するのも方法です。
出発の時間帯をずらすのも方法です。日中から夕方にかけては一番混雑する時間帯です。早朝や 夜間を利用して移動することで渋滞を自ずと回避することもできます。
滅多に渋滞する事のない北海道では、渋滞のノウハウがあまりありません。トイレを事前に済ませるなど 渋滞時のポイントを抑えておくことも大事です。 なかなか経験できない高速道路での停車をこの渋滞を利用して経験してみるのも面白いかもしれません。
事故などに注意して楽しい夏休みをお過ごしください。




2018/07/08
いよいよ待ちに待った夏がやってきました。
本州の梅雨明けが観測史上最も早い6月にあけて連日30度を超す暑さを記録しています。 対して北海道は梅雨前線の北上で長雨が続いています。さらに洪水など雨による被害も・・・。 数年前に台風が連続して北海道を襲い、今でも後遺症の残る十勝地方の事を思いだします。
本格的な観光シーズンを迎え、行楽地や観光業界、交通機関などにおいては絶好の稼ぎ時になりますが、 気象被害によりダメージを受けなければと考える毎日です。
西日本でも同様に雨の被害が深刻になっており、ニュースは西日本の大雨をクローズアップしていますが、 北海道も過去に例を見ない大被害になっています。道北地方が中心となっているため、 これから収穫を迎える蕎麦などの作物に被害が出なければと心配です。

さて、北海道のイベントは7月と8月には各地で満載です。ビアガーデンの開始、夏祭り、そして 花火大会が目白押しです。本格的な夏は始まったばかりですが、来月中旬には秋めいた風が吹くようになり、 北海道はあっという間に秋になってしまいます。夏を満喫するには物足りない日数ですが、 連日のように猛暑が続く本州より南の地域に比べると過ごしやすい恵まれた気候でしょう。
夏といえばマリンスポーツの時期でもあります。まだ海水温度が低く、海水浴には寒い時期ですが、 各地の海水浴場は相次いでオープンしています。海水浴場へとつながる国道などは週末になると渋滞します。 あまり渋滞しない北海道の道路での渋滞は移動時間の予測がつきにくくなりますので、 夏の行楽へお出かけの際には時間に余裕をもって出かけることをおすすめします。




2018/06/10
北海道もいよいよ夏のハイシーズンを迎えます。東北より南の地域が梅雨の季節を迎える中 北海道は初夏の絶好シーズンが到来します。北海道各地でイベントが数多くのイベントが開催 されるようになります。
この時期始まる一番のイベントがビアガーデンです。夏の風物詩とも呼ばれるビアガーデンは、 札幌で開催されている数が全国一の規模を誇る有名さです。6月の中旬から相次いで始まり、 8月いっぱいまで多くの人で賑わいます。6月はまだ寒い日も多く、日が暮れると羽織るものが 必要な時期ですが、それでもビアガーデンは初日から盛り上がっています。
イベントガイドにビアガーデン情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

短い夏はお盆過ぎくらいまでです。その間にラベンダーや海などの水遊び、花火、夏祭りなどの イベントが各地で行われます。 花火の開催情報は6月下旬にはイベントガイドに掲載する予定です。
年明けから徐々に長くなってきた日中の時間も6月の夏至で最大値を迎えます。午後7時過ぎまで 明るく午前3時過ぎには既に明るくなってくる日の長さは緯度の関係上日本で一番なのが北海道です。 貴重な日の出ている時間を有効活用できるのも、この時期ならでの過ごし方です。
6月は祝日もなく、夏休みにはまだ早い時期ですが、すでに北海道の短い夏の始まりを迎えています。 スタートダッシュで2018年の夏も楽しんでみませんか?




2018/05/04
GWを迎えて北海道も桜の季節になりました。 道南の函館方面から徐々に北上して今月下旬には稚内や釧路、根室でも桜が開花します。
北海道も本格的な観光シーズンを迎えます。長い冬に閉ざされていた知床もようやく春が 訪れます。知床横断道路が4/27に開通しました。3月から除雪作業を行い、GWの観光シーズンに 間に合わせることができています。当面の間は夜間の路面凍結の懸念があるため、日中のみの 限定開通ですが、夏の観光シーズンには全時間帯開通されます。まだ雪が多く残る知床を観光しては いかがでしょうか?

4月にはもう一つ道路が開通しています。日高自動車道の日高門別と日高厚賀間です。
苫小牧から浦河までつなぐ日高自動車道は現在不通になっているJR日高本線の代替交通機関として 重要な位置づけになっています。並走する国道235号線も海沿いを走るため気象条件などによっては 通行止めが余儀なくされます。日高自動車道は日高と胆振地方を結ぶ重要な道路として延伸しています。 GWには静内や浦河の桜観光やサラブレット観光も盛んになる季節であるため、観光需要も多く見込まれています。
この春道の駅が七飯と石狩の厚田にオープンしましたが、さらに白金にも平成30年度中にオープンします。 夏にはラベンダー観光で有名な美瑛から十勝岳方面への観光需要拠点として白金は人気です。 その白金に新しい道の駅が誕生します。122ヵ所目の道の駅になる予定です。




2018/04/07
北海道にも徐々に春の足音が近づいています。桜前線も関東から南東北に達しており、今月末のゴールデンウィークの 開始時期には、青森から函館くらいまで桜前線は北上していることでしょう。
道南の桜を皮切りに北海道を北へ縦断し、稚内や根室まで約一か月かけて北海道を桜で満開にします。 それに伴い、各地で桜や春の花に関するお祭りも開催されます。
毎年恒例の知床横断道路の除雪も急ピッチで進められています。ゴールデンウィークの前に開通する事を目標として 斜里側と羅臼側の二ヵ所から除雪作業が進められています。 知床横断道路はまだまだ雪深く、進捗率も50パーセント程度ですが、ゴールデンウィークの観光シーズンには、 雄大な景色を堪能できるようになっているでしょう。

この春、北海道に新たな道の駅が2つ誕生します。
一つは道南七飯町に「なないろ・ななえ」が3/23にOPENしました。国道5号線沿いに位置し、 七飯山麓の景観を楽しめる場所や、グルメも満載な道の駅です。ゴールデンウィークの函館観光の ついでに利用するのがおすすめです。
そして今月4/27に「あいろーど石狩」が石狩市厚田の国道231号線沿いにOPENします。国道231号線沿いでは初の 道の駅になります。日本海に沈む夕日を望む展望台の設置など立地を生かした設計が魅力です。
また、北竜町の道の駅「サンフラワー北竜」も特徴の温泉施設を一新し、リニューアルオープンしています。
夏の北海道の観光の際にぜひご利用ください。




2018/03/04
春を目前に控えた3月ですが、今年も春直前に嵐がやってきました。
気象業界では爆弾低気圧という名称で呼ばれていますが、非常に発達した低気圧が 日本列島を通過するのです。南からの温かい空気と北からの冷たい空気のせめぎあいの中で 発達するため、低気圧の南では暖かく、北では寒くなるのです。
一般的に低気圧の北側に位置する北海道では、当然冷たい空気の中にあり、さらに低気圧の影響で 風と雪が非常に強くなるのです。猛吹雪に見舞われるのです。
これが過ぎれば、ようやく北海道も春の兆しです。雪が降っても気温が高くなる傾向にあるため、 すぐに融けてしまいます。 日本の南では、20度を超えるような日があって羨ましく思うのですが、これが北海道の宿命なのです。

一歩一歩春の予感を感じる3月ですが、交通機関への影響が多いのも実は3月なのです。
爆弾低気圧など異常に発達した気象状況もあるのですが、雪の質が水分を含んだ性質になっているため、 着氷などの影響が出やすくなっているのです。 当然、着氷では飛行機が離陸することができません。北海道など雪国の空港では、真冬よりも春先の方が 欠航しやすくなっています。
鉄道も架線への着氷で運航に支障が出る場合があります。北海道で運行されている車両は雪や寒さに強く 作られているため、真冬への対策は万全なのですが、着氷は厄介な運行への支障を与える要因になっているのです。
街中でも雪解けが進むことで歩きにくいなど嫌な面は多数ありますが、これを過ぎるとようやく春なのです。 もう少しの辛抱です。




2018/02/04
暦の上では立春を迎えていますが、本格的な冬はまだまだ本番真っ最中です。
冬のイベントが最も盛り上がるのも二月です。札幌や旭川の雪まつりをはじめとして 各地で冬のイベントが毎週のように開催されます。網走や紋別の流氷も二月が本番です。 宗谷岬から知床半島までのオホーツク海を埋め尽くす流氷はまさに圧巻です。
今年はそれに加えて冬季オリンピックも開かれます。メダル争いから目が離せない日々が やってきます。 冬のスポーツといえばスキー、スノーボードです。例年より寒い日が続いている事もあり、 最高の雪質で楽しめるのが北海道のスキー場です。パウダースノーを求めて今シーズンも 世界各国から観光客が訪れています。

海外からの観光客を誘致することでインバウンド効果を高める動きが活発になっています。 政府も2020年までに今の二倍の海外観光客を誘致することを目標としています。 京都や東京などの世界的観光地はもちろんの事、ここ北海道に関しても最高の雪質を売りとした スノーゲレンデや自然豊かなアクティビティを紹介したり、新鮮な魚介類で食文化を提供したりと 様々な取り組みで海外観光客の誘致を行っています。
広大な北海道の移動には鉄道が便利ですが、残念ながら鉄道の駅や本数が減少するなど寂しい 状況に陥っていることは否定できません。道路の快適性が向上し、鉄道よりバスや自家用車の方が 優位なっているのです。観光客が増えても移動が不便と思われないような状況にしておくことは 最低限必要なのかもしれません。




2018/01/03
新年、あけましておめでとうございます。
本年も、北海道パーキングガイドをご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
2018年を迎えました。お正月休みの中、お仕事されている人には心より感謝いたします。 快適なお正月休みを送ることができるのも、お正月を返上して働いている方がいるからなのです。 交通機関やライフラインなど季節やイベントなど関係なく24時間稼働している業務は責任ある 大変な仕事なのです。
北海道も本格的な冬を迎えて一か月が経過しますが、冬といえば、雪に関するイベントと、 温泉、そしてウィンタースポーツです。1月から2月は、降雪地帯の人にとってはあまり嬉しく ありませんが、雪がたくさん降ります。その雪を上手に活かそうと各地でイベントが行われます。 イベントガイドにも冬のイベントを掲載していますので、ぜひご覧ください。

温泉も大盛況です。寒く冷え切った体を温める温泉は最高の贅沢です。冬の味覚に舌鼓を打ち 食と温泉を満喫できるのも冬ならではの楽しみ方なのです。 ウィンタースポーツやイベントのついでに楽しむのも冬ならではです。
冬の味覚は身が引き締まった食材が多く栄養も満点です。観光シーズンではないのですが、 夏以上の満足を得ることができるのです。
そしてウィンタースポーツです。雪質が世界的にみても最高品質であることが北海道が誇れる ポイントの一つなのです。上質なパウダースノーはウィンタースポーツの楽しさを2倍にしてくれます。 北海道には、たくさんのウィンターリゾートが存在します。都市から近場の距離にあることも 魅力の一つになっています。 一年の三分の一を費やす冬ですから、思う存分楽しむのが賢い過ごし方なのです。


写真素材-フォトライブラリー