北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

さよならJR江差線

JR江差線は、函館を起点として、津軽海峡沿いに木古内まで、その先は、山間を走り日本海側の江差町まで続く 路線です。
このうち木古内から江差までの42.1キロの区間が、2014年5月12日をもって廃線となります。最終営業は2014年 5月11日です。
2013年4月26日、JR北海道は、沿線である木古内町、上ノ国町、江差町と対策協議会を経て、代替バス運行の同意を 得ることができた事から、江差線木古内〜江差間の鉄道事業廃止届出書を国土交通大臣宛てに提出しました

江差線が江差まで開業したのは、昭和11年の事で、当時は準急列車も走る路線でした。昭和40年代には、準急から 急行へ格上げされるなど、鉄道全盛期の賑わいを見せていましたが、昭和55年には、急行列車の廃止、その後、昭和 60年代には、貨物列車の取扱いも終了するなど、江差線も鉄道離れの影響を受けるようになりました。
そして、2014年の廃止に至る事になったのです。これにより檜山管内から鉄道がすべてなくなることになります。
JR江差線としては、函館〜木古内間が大幹線の一部として存続する予定です。本州から北海道への貨物輸送は、 この江差線を含む津軽海峡線の利用に頼る部分が多く、北海道新幹線開業後も、狭軌の在来線として残る可能性が 高いのです。しかし、新幹線の標準軌を利用した貨物輸送に切り替わると、函館〜木古内間も廃止へと追い込まれ、 江差線の完全な廃止となるのです。

北海道の鉄道の歴史は長く、石炭輸送や開拓のために鉄道が古くから利用されてきました。しかし、道路の整備が 進行するとともにその需要は薄れ、利用者の少ない路線から次々と廃線に追い込まれてきました。 廃線は、1970年代から始まり、全盛期は80年代です。中には、営業キロ100キロを超える路線も廃止になりました。 今度の江差線の廃止は、北海道の鉄道の歴史で37番目の廃止路線となり、1995年の深川〜名寄の深名線の廃止以来 19年ぶりの廃止となります。

廃止となった江差線の木古内〜江差間41.2キロの計10駅をご紹介します。

木古内 ≪木古内町≫
木古内から0.0km
国道228号線から右側に、木古内町市街地に入る道を進むと木古内町の商店街があります。 ちょうどその中央に木古内駅があります。津軽海峡線の北海道最初の主要駅ということもあり、 構内は広々しています。 貨物列車や特急列車が頻繁に行き交うこの駅から江差線の支線は出発します。
2.3km 木古内を出発すると津軽海峡線とは別れ、右側に曲がってきます。 すぐに次の駅の渡島鶴岡です。
渡島鶴岡 ≪木古内町≫
木古内から2.3km
道道5号線沿いに渡島鶴岡駅があります。農村の中にある小さな駅です。 駅に目の前には、公園があります。
3.1km 少し標高を上げながら西へ向かいます。 約3キロで次の吉堀駅です。
吉堀 ≪木古内町≫
木古内から5.4km
単線の小さな駅です。 貨物を利用した黄色の小さな駅舎が目立ちます。
13.2km 木古内町との上ノ国町との境界を越えます。 山間部を走ります。いくつものトンネルがあり、約13キロ走ると次の神明駅です。
神明 ≪上ノ国町≫
木古内から18.6km
単線の小さな駅です。 木造の駅舎が趣きを感じさせます。
2.8km 山間部を下っていきます。 約3キロで次の湯ノ岱駅です。
湯ノ岱 ≪上ノ国町≫
木古内から21.4km
沿線の中でも大きな駅です。 単線での列車の行き違いができるように一面二線のホームを持っています。 近くには、湯ノ岱温泉もあります。 駅の周りには、人家も多くあります。
7.1km 沿線の中でも景色の美しい場所を走ります。 天ノ川沿いに下ってきます。 約7キロで次の宮越駅です。
宮越 ≪上ノ国町≫
木古内から28.5km
木造駅舎が古めかしい小さな駅です。
2.2km 約2キロで桂岡駅です。
桂岡 ≪上ノ国町≫
木古内から30.7km
貨物を利用した駅舎がたたずんだ雰囲気です。
2.1km 山間部を抜け、平原の中を走ります。 約2キロで中須田駅です。
中須田 ≪上ノ国町≫
木古内から32.8km
貨物を利用した駅舎がたたずんだ雰囲気です。
3.2km 市街地に近づきます。 次は、上ノ国駅です。
上ノ国 ≪上ノ国町≫
木古内から36.0km
一見駅舎とは思えない建物ですが、いくつかの施設と組み合わさった駅です。
6.1km 日本海側を北上します。 上ノ国町から江差町に入ります。 次は終点江差駅です。
江差 ≪江差町≫
木古内から42.1km
江差駅は海岸から少し離れた丘の上にあります。 駅前からは江差の日本海を眺めることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加