北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道12号線(下り線) National Highway Route 12
札幌と旭川を結ぶ大動脈が国道12号線です。
道央国道と別名を持つ国道12号線は、札幌と旭川の間にある主要都市、江別、岩見沢、美唄、砂川、滝川、深川を経由する 路線です。
美唄から滝川の区間は日本一長い直線区間が存在し、その長さは29.2キロメートルに及びます。 交通の要であるため、混雑も多く今なお、道路の拡張工事が継続されています。 バイパス路線として並走する石狩川の左側を走る国道275号線が利用する人も多くいます。
国道12号線は、JR函館本線、道央自動車道と並走し、札幌、旭川間の動脈路線として活躍しています。
■総延長距離:145.2km
■起点:札幌市
■終点:旭川市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道12号線 起点≪札幌市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
国道12号線 旭川方面 国道36号線 室蘭方面 →
国道12号線は、札幌の中心部から放射線状に国道が分岐する場所からスタートします。 国道230号線、国道36号線と分岐します。 約1キロ先で国道5号線との分岐点です。
1km
分岐点 起点より1km付近
← 国道5号線 函館方面 国道12号線 旭川方面
更に1キロ東に進むと国道275号線が分岐します。 直進すると国道275号線、国道12号線は右折します。 右折するとすぐに豊平川を東橋で渡ります。
1km
分岐点 起点より2km付近
国道275号線 浜頓別方面 国道12号線 旭川方面 →
札幌市内を走ります。国道274号線の高架の下をくぐると新札幌です。札幌の副都心です。 キロポスト約12キロ地点にオービスがあります。 札幌を抜け江別市に入り大麻、野幌を越え江別市内に入ります。 江別市内で国道337号線と分岐します。
21km
分岐点 起点より23km付近
← 国道337号線 小樽方面 国道12号線 旭川方面
石狩川沿いを走ります。約3キロにわたって国道337号線と重複します。 約1キロ先に防災ステーションを兼ねたパーキングエリアがあります。 このパーキングを利用できるのは、9時〜18時半まで、毎週月曜日が定休です。
1km
パーキングエリア≪江別河川防災ステーション≫
1
路線名国道12号線 起点より24km付近
所在地江別市大川通
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に2キロ進むと国道337号線と高架で分岐します。 この国道337号線が新道になっており、道央自動車道江別東ICと接続しています。
2km
分岐点 起点より26km付近
← 国道337号線 小樽・千歳方面 国道12号線 旭川方面
江別市から岩見沢市にかけては、直線区間の長い幅広い道路が続きます。 スピードも出やすくなる為、注意が必要です。 岩見沢市に入り、JR函館本線から分岐したJR室蘭本線の高架下の近くにパーキングエリアがあります。
14km
パーキングエリア
2
路線名国道12号線 起点より40km付近
所在地岩見沢市上幌向
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
岩見沢市内に入り、市街地を走ります。 市街地で国道234号線と分岐します。 国道234号線からは道央自動車道岩見沢ICと接続します。
3km
分岐点 起点より43km付近
国道12号線 旭川方面 国道234号線 苫小牧方面 →
岩見沢市街を抜けると三笠市に入ります。 三笠市に入るとすぐに道の駅があります。
8km
道の駅 「三笠」
3
路線名国道12号線 起点より51km付近
所在地三笠市岡山
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
片側二車線区間が続きます。 約1キロでパーキングエリアです。
1km
待避帯
4
路線名国道12号線 起点より52km付近
所在地美唄市峰延町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
時より片側一車線になりますが、比較的二車線区間が多くなっています。 この先、日本一の直線区間に入ります。 JR函館本線を跨線橋で渡る辺りから29.2キロメートル直線区間が続きます。 奈井江町に入ると道の駅があります。
20km
道の駅 「ハウスヤルビ奈井江」
5
路線名国道12号線 起点より72km付近
所在地奈井江町奈井江
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロ走行するとパーキングエリアです。
1km
待避帯
6
路線名国道12号線 起点より73km付近
所在地奈井江町奈井江
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
キロポスト約74キロ地点にオービスがあります。 直線区間が続き、二車線で走りやすいため、スピードに注意が必要です。 直線日本一区間が終わると滝川市内に入ります。 滝川市では、バイパスがあります。 市内で国道38号線と国道451号線と分岐します。国道38号線は、富良野、帯広を経由し釧路まで続く国道です。
13km
分岐点 起点より86km付近
← 国道451号線 石狩方面 国道12号線 旭川方面 国道38号線 釧路方面 →
滝川市街地を抜けバイパスと合流すると片側一車線になります。この先旭川まで一車線区間の方が多くなります。 バイパス合流後すぐにパーキングエリアです。
6km
待避帯
7
路線名国道12号線 起点より92km付近
所在地滝川市北滝の川
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
滝川市内の田園が広がる中に道の駅があります。
3km
道の駅 「たきかわ」
8
路線名国道12号線 起点より95km付近
所在地滝川市江部乙町
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
一車線の区間が続きます。 交通量も多く、道幅も狭いため、走行に注意が必要です。 約6キロで次のパーキングエリアです。
6km
待避帯
9
路線名国道12号線 起点より101km付近
所在地深川市音江町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約8キロで国道233号線と分岐します。 国道233号線は、留萌まで続く国道です。
8km
分岐点 起点より109km付近
← 国道233号線 留萌方面 国道12号線 旭川方面
国道233号線との分岐地点に道の駅があります。
0km
道の駅 「ライスランドふかがわ」
10
路線名国道12号線 起点より109km付近
所在地深川市音江町
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更にこの先山道が続きます。 約1キロでパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
11
路線名国道12号線 起点より110km付近
所在地深川市音江町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
キロポスト114キロ地点にオービスがあります。 深川市を抜けて旭川市に入ります。 上川盆地へ入るため、神居古潭を抜ける必要があります。
8km
パーキングエリア
12
路線名国道12号線 起点より118km付近
所在地旭川市神居町神居古潭
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
深川市街に通じる道道57号線と合流し、一路旭川を目指します。 神居古潭の入り口にパーキングエリアがあります。
2km
分離帯付待避帯
13
路線名国道12号線 起点より120km付近
所在地旭川市神居町神居古潭
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
神居古潭トンネルを抜けます。 この辺りは、北海道でも屈指の絶景を楽しめる場所です。 神居古潭は紅葉が美しい渓谷です。
3km
パーキングエリア
14
路線名国道12号線 起点より123km付近
所在地旭川市神居町神居古潭
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
神居古潭辺りは二車線区間があります。この区間を過ぎるとまた一車線区間になります。 かつてはここにオービスがありましたが、現在は撤去されています。 国道12号線で一番長い春志内トンネルを過ぎるとパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア
15
路線名国道12号線 起点より127km付近
所在地旭川市神居町春志内
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
旭川市街地に近づくと再び二車線区間になります。 市街地手前でバイパスと分岐します。 バイパスは旭川新道と呼ばれており、国道39号線や国道40号線の接続の他、道央自動車道旭川鷹栖ICへも接続しています。
4km
分岐点 起点より131km付近
← 国道12号線 旭川方面(旭川新道) 国道12号線 旭川方面
旭川市街地に入ります。 約4キロで国道237号線と分岐します。 国道237号線は北海道らしい景色を楽しめる美瑛、富良野方面を経由し、平取までつながる国道です。
4km
分岐点 起点より135km付近
国道12号線 旭川方面 国道237号線 平取方面 →
旭川中心部に到着です。 直進すると国道39号線へ、左折すると国道40号線と繋がっています。 国道12号線はここが終点です。
1km
分岐点 起点より136km付近
← 国道40号線 稚内方面 国道39号線 網走方面
国道12号線 終点≪旭川市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加