北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道227号線(上り線) National Highway Route 227
函館を起点として、日本海側の江差町までを結ぶ国道が国道227号線です。同じく函館と江差を結ぶ国道に国道228号線がありますが、 国道228号線が松前半島を一周する道路であるのに対して、国道227号線は、内陸を走ります。その分江差までの距離を短くする事が でき、国道228号線の約半分の距離で江差町まで結んでいます。
内陸を走るため、景色には恵まれません。また、渡島管内と桧山管内を結ぶ主要国道ということもあり、交通量は多くなっています。 途中、渡島中山峠がありますが登坂車線が整備されており、比較的走行しやすい国道です。
■総延長距離:69.8km
■起点:函館市
■終点:江差町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道227号線 終点≪江差町≫ End Of The Line
国道228号線から引き続き国道229号線となります。 ここからは国道229号線と国道277号線と重複区間でもあります。 約4キロで道の駅です。
4km
道の駅 「江差」
1
路線名国道227号線 起点より66km付近
所在地江差町字尾山町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
江差市内を走ります。 約3キロで国道227号線と分岐します。 国道227号線は、函館まで山の中を走る国道です。
3km
分岐点 起点より63km付近
← 国道229号線 余市方面
← 国道277号線 八雲方面
国道277号線 八雲方面
厚沢部町の市街地を走ります。 約5キロで道の駅です。
5km
道の駅 「あっさぶ」
2
路線名国道227号線 起点より58km付近
所在地厚沢部町緑町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
この先17キロの区間は、パーキングエリアはありません。 車窓ものどかな景色が続きます。 この区間内にオービスがあります。 次のパーキングエリアは峠を越えるためのチェーン装着場を兼ねています。
17km
パーキングエリア
3
路線名国道227号線 起点より41km付近
所在地厚沢部町木間内
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
次のパーキングは、旧松前藩の稲倉石古戦場跡です。歴史を感じさせる場所です。
2km
パーキングエリア
4
路線名国道227号線 起点より39km付近
所在地厚沢部町峠下
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の登り区間に入ります。登坂車線も完備されているため、比較的走りやすくなっています。 峠の山頂はトンネル区間ですが、トンネルの手前にパーキングエリアがあります。
5km
待避帯
5
路線名国道227号線 起点より34km付近
所在地厚沢部町峠下
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
渡島中山峠の山頂で北斗市に入ります。 約4キロ先にパーキングエリアがあります。
4km
待避帯
6
路線名国道227号線 起点より30km付近
所在地北斗市村山
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロでパーキングエリアです。 このパーキングエリアは峠のチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
7
路線名国道227号線 起点より29km付近
所在地北斗市村山
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
山間の景色を進みます。 約5キロでパーキングエリアがあります。
5km
パーキングエリア
8
路線名国道227号線 起点より24km付近
所在地北斗市村山
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に4キロ走行すると小さなパーキングエリアがあります。 次のパーキングエリアが国道227号線の最後のパーキングエリアです。
4km
待避帯
9
路線名国道227号線 起点より20km付近
所在地北斗市中山
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
北斗市大野で片側二車線になります。 北海道新幹線の高架をくぐり函館江差自動車道を越えると海沿いに出ます。 ここで国道228号線と合流します。
16km
分岐点 起点より4km付近
← 国道227号線 函館方面
← 国道228号線 函館方面
国道228号線 江差方面 →
海沿いを走ります。JR函館本線の高架を越えると国道5号線と合流します。 国道227号線はここで終わりです。
4km
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道5号線 函館方面 →
国道227号線 起点≪函館市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加