北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道229号線(下り線) National Highway Route 229
国道229号線は、小樽市を起点として、道南檜山支庁にある江差町まで300キロ以上にわたり、日本海の 海岸線を走破する国道です。
海岸線の絶景ポイントである積丹半島を一周する国道です。断崖絶壁の海岸線区間も多いため、長大トンネルが 連なっており、北海道の国道の中で、トンネル数は最大の数を誇っています。 通行の危険な箇所も少なくなく、いまでも長大トンネルでルート変更する工事が行われています。そのため、 ところどころに旧道が存在するのも特徴です。 1996年11月に積丹半島の西部の未開通区間が開通し全線開通した比較的新しい国道です。

国道229号線からは、日本海の美しい景色を眺めることができます。特に日本海に沈む夕日は絶景で、海岸線にある 岩礁がより、美し景色を引き立てています。
※ここでは国道229号線の0キロポストが設置してある余市町を起点として紹介しています。
■総延長距離:307.0km
■起点:小樽市
■終点:江差町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道229号線 起点≪余市町≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 函館方面 国道229号線 江差方面 国道5号線 札幌方面 →
国道229号線の起点は小樽市ですが、0キロポストのある余市町を起点としてご紹介します。 余市駅前で国道5号線から分岐し、国道229号線は日本海側を積丹半島を一周し進みます。 すぐに道の駅があります。
1km
道の駅 「スペース・アップルよいち」
1
路線名国道229号線 起点より1km付近
所在地余市町黒川町
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
余市の市街を進みます。右へ左へと交差点が多く混雑しがちですが、市街地はすぐに抜けます。 小高い丘を一つ越えると日本海が見えてきます。トンネルを抜けるとパーキングエリアです。 このパーキングエリアでは、有名なローソク岩を見ることができます。
8km
パーキングエリア
2
路線名国道229号線 起点より9km付近
所在地余市町潮見町
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルが続きます。トンネル崩落事故のあった豊浜トンネルを抜け古平町に入ります。 トンネルを出るとすぐにパーキングエリアです。 ここのパーキングエリアにはトイレが設置してあります。
4km
パーキングエリア
3
路線名国道229号線 起点より13km付近
所在地古平町沖町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
しばらくパーキングエリアはない区間となります。古平町市街を抜けると内陸です。積丹半島の見所である積丹岬はこの左側に 位置しています。積丹町で再び日本海海岸線沿いに入り約10キロで神威岬です。ここの積丹半島の有名な観光地です。
40km
パーキングエリア
4
路線名国道229号線 起点より53km付近
所在地積丹町神威岬
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
神威岬を過ぎると神恵内村に入ります。 約2キロでパーキングエリアです。 ここのパーキングエリアにもトイレが設置してあります。
2km
パーキングエリア
5
路線名国道229号線 起点より55km付近
所在地神恵内村棚内村
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約2キロ走行するとパーキングエリアで この辺りは、国道299号線でも最後に開通した区間で比較的新しい道路になっています。 道幅も広くトンネルも長大トンネルでつながっており、見通しも良くなっているため、 走りやすい区間です。
2km
パーキングエリア
6
路線名国道229号線 起点より57km付近
所在地神恵内村棚内村
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
いくつかの長大トンネルをくぐります。 約12キロで道の駅です。ここの道の駅は、冬期間は非営業となるため、夏期間にしか訪れることができません。
12km
道の駅 「オスコイ!かもえない」
7
路線名国道229号線 起点より69km付近
所在地神恵内村大字赤石村字大森
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線沿いを走ります。遠くに岩内から寿都にかけての海岸線が見えます。 約8キロ走行するとパーキングエリアです。
8km
パーキングエリア
8
路線名国道229号線 起点より77km付近
所在地神恵内村神恵内
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約20キロ岩内町までパーキングエリアはありません。 原子力発電所のある泊村を抜けると岩内町です。 岩内町のバスターミナルがあるところに道の駅があります。 町の中にある比較的珍しい道の駅です。
20km
道の駅 「いわない」
9
路線名国道229号線 起点より97km付近
所在地岩内町字万代
位置右側(対向車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道229号線から右に曲がると道の駅ですが、左に曲がると国道276号線です。 国道276号線は、羊蹄山の山麓、支笏湖湖畔を経由し、太平洋側の苫小牧市までつながっています。
0km
分岐点 起点より97km付近
← 国道276号線 苫小牧方面 国道229号線 江差方面
岩内町を抜けると再び日本海海岸線を走ります。 すぐに断崖絶壁区間になるため、長大トンネルが連続します。 その途中にパーキングエリアがあります。
11km
パーキングエリア
10
路線名国道229号線 起点より108km付近
所在地岩内町敷島内
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
断崖絶壁区間を抜けると蘭越町に入ります。そしてすぐに道の駅があります。 蘭越町の道の駅は、国道5号線沿いにもありますが、国道229号線沿いの方が大きい規模になっています。
8km
道の駅 「シェルプラザ・港」
11
路線名国道229号線 起点より116km付近
所在地蘭越町港町
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
蘭越町の区間は短くすぐに寿都町に入ります。 約4キロでパーキングエリアです。
4km
待避帯
12
路線名国道229号線 起点より120km付近
所在地寿都町磯谷町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
見通しの良い海岸線を走ります。 約8キロでパーキングエリアです。
8km
待避帯
13
路線名国道229号線 起点より128km付近
所在地寿都町歌棄町
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
小さな待避帯が続きます。 小休憩を取るには便利なパーキングエリアです。 約7キロで次のパーキングエリアです。
8km
待避帯
14
路線名国道229号線 起点より135km付近
所在地寿都町樽岸町
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
寿都町の市街地に入ります。 寿都町にも道の駅はあります。 この道の駅は、国道から少し港側に向かった側にあります。 寿都のマリーナの目の前に道の駅はあります。
5km
道の駅 「みなとま〜れ寿都」
15
路線名国道229号線 起点より140km付近
所在地寿都町字大磯町
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
寿都市街を離れると寿都町も間もなく終わりです。 日本海に突き出た岬、弁慶岬です。 ここは大きなパーキングエリアになっています。
5km
パーキングエリア≪弁慶岬≫
16
路線名国道229号線 起点より145km付近
所在地寿都町政泊町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
島牧村に入ります。日本海を見下ろす景色が続きます。 ところどころに漁村がある風景が続きます。 途中にいくつかキャンプ場があります。
21km
パーキングエリア
17
路線名国道229号線 起点より166km付近
所在地島牧村豊平
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
島牧村のこの辺りの海岸は「江ノ島海岸」と呼ばれています。 海は綺麗な半砂浜海岸です。天気が良い日が多く、多くのキャンプ客が訪れています。
1km
待避帯
18
路線名国道229号線 起点より167km付近
所在地島牧村江ノ島
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
江ノ島海岸を過ぎトンネルと一つ抜けると道の駅があります。 島牧の道の駅では新鮮な魚介類をその場で炭焼きにして食べることができます。
2km
道の駅 「よってけ!島牧」
19
路線名国道229号線 起点より169km付近
所在地島牧村字千走
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
岩場の海岸線の景色がまだまだ続きます。 トンネルと覆道の通過を繰り返します。 約19キロで次のパーキングエリアです。 ここにはトイレが設置してあります。
19km
パーキングエリア
20
路線名国道229号線 起点より188km付近
所在地島牧村持田
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
せたな町に入ります。 瀬棚町と大成町、北檜山町が合併してせたな町になりました。そのため、海岸線沿いに南北に広い 町となっています。
2km
パーキングエリア
21
路線名国道229号線 起点より190km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロですぐ次のパーキングです。
1km
待避帯
22
路線名国道229号線 起点より191km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線から少し離れたところから海岸線へ戻ります。 この辺りは小さなパーキングエリアが連続します。
5km
待避帯
23
路線名国道229号線 起点より196km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
せたな町の海岸線は岩場の海岸線ですが、珍しい岩も数多くあります。 それぞれに名前が付けられており、ドライブを楽しませてくれます。
1km
分離帯付待避帯
24
路線名国道229号線 起点より197km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約3キロで次のパーキングエリアです。
3km
待避帯
25
路線名国道229号線 起点より200km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約4キロで次のパーキングエリアです。
4km
待避帯
26
路線名国道229号線 起点より204km付近
所在地せたな町瀬棚区元浦
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
せたなの海水浴場のパーキングエリアです。三本杉海水浴場です。
3km
パーキングエリア
27
路線名国道229号線 起点より207km付近
所在地せたな町瀬棚区三本杉
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約7キロでかつての北檜山町の中心部へ到着します。ここで国道230号線と分岐します。
7km
分岐点 起点より214km付近
← 国道230号線 札幌方面 国道229号線 江差方面
ここからしばらくは海岸線を離れ、内陸を走ります。 太櫓越峠を越える区間です。
10km
分離帯付待避帯
28
路線名国道229号線 起点より224km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約4キロで次のパークングエリアです。 太櫓越峠を越えるためのチェーン装着場も兼ねています。
4km
パーキングエリア
29
路線名国道229号線 起点より228km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
太櫓越峠の登り区間に入りますが、いくつか小さなパーキングエリアがあります。
4km
待避帯
30
路線名国道229号線 起点より230km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
3キロで次のパーキングです。
3km
待避帯
31
路線名国道229号線 起点より233km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の山頂を越えるとせたな町大成区です。かつての大成町です。
3km
分離帯付待避帯
32
路線名国道229号線 起点より236km付近
所在地せたな町大成区宮野
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下るとパーキングエリアがあります。 チェーン装着場を兼ねたパーキングです。
2km
パーキングエリア
33
路線名国道229号線 起点より238km付近
所在地せたな町大成区宮野
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここで再び海岸線に出ます。 そしてすぐに道の駅があります。
2km
道の駅 「てっくいランド大成」
34
路線名国道229号線 起点より240km付近
所在地せたな町大成区平浜
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線をさらに南下します。
8km
待避帯
35
路線名国道229号線 起点より248km付近
所在地せたな町大成区長磯
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロですぐにパーキングエリアです。 海沿いにあるパーキングエリアなので、車を停めて海風を満喫することができます。
1km
待避帯
36
路線名国道229号線 起点より249km付近
所在地せたな町大成区長磯
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
八雲町に入ります。かつては熊石町でしたが、合併し八雲町になりました。 八雲町は、太平洋と日本海を持つ町となりました。 そのため、檜山支庁から、一旦離れ渡島支庁へと変わります。
10km
分岐点 起点より259km付近
← 国道277号線 八雲方面 国道229号線 江差方面
国道277号線 江差方面
ここからは終点の江差まで国道277号線と重複します。 乙部町に入り鮎川海岸を横目に走ります。鮎川海岸は白い砂浜の海岸です。 浅瀬ですが、岩場が点在し、貝や魚がいます。 海水浴場ではありませんが、絶景の海岸です。
11km
分離帯付待避帯
37
路線名国道229号線 起点より270km付近
所在地乙部町花磯
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約4キロ走行すると道の駅です。 この道の駅は、高台にあり展望台もあります。 海岸線には、海のプールと呼ばれる元和台海浜公園があります。
4km
道の駅 「ルート229元和台」
38
路線名国道229号線 起点より274km付近
所在地乙部町字元和
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を出ると道は下り坂になります。 約1キロでパーキングエリアです。
1km
分離帯付待避帯
39
路線名国道229号線 起点より275km付近
所在地乙部町元和
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道227号線と分岐します。 国道227号線は、江差と函館を結ぶ国道です。 ここから終点江差までは、国道277号線と国道227号線との三重複国道となります。 実態では、国道276号線も重複区間の扱いになっていますので、四重複国道です。
2km
分岐点 起点より277km付近
← 国道227号線 函館方面 国道229号線 江差方面 →
国道277号線 江差方面 →
国道227号線 江差方面 →
江差市内を走行します。約3キロで道の駅です。
3km
道の駅 「江差」
40
路線名国道229号線 起点より280km付近
所在地江差町字尾山町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約4キロで終点江差です。 国道は引き続き国道228号線へとつながっています。 国道228号線は、松前半島を一周して函館までつながっています。
4km
分岐点 起点より284km付近
国道228号線 函館方面
国道229号線 終点≪江差町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加