北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道229号線(上り線) National Highway Route 229
国道229号線は、小樽市を起点として、道南檜山支庁にある江差町まで300キロ以上にわたり、日本海の 海岸線を走破する国道です。
海岸線の絶景ポイントである積丹半島を一周する国道です。断崖絶壁の海岸線区間も多いため、長大トンネルが 連なっており、北海道の国道の中で、トンネル数は最大の数を誇っています。 通行の危険な箇所も少なくなく、いまでも長大トンネルでルート変更する工事が行われています。そのため、 ところどころに旧道が存在するのも特徴です。 1996年11月に積丹半島の西部の未開通区間が開通し全線開通した比較的新しい国道です。

国道229号線からは、日本海の美しい景色を眺めることができます。特に日本海に沈む夕日は絶景で、海岸線にある 岩礁がより、美し景色を引き立てています。
※ここでは国道229号線の0キロポストが設置してある余市町を起点として紹介しています。
■総延長距離:307.0km
■起点:小樽市
■終点:江差町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道229号線 終点≪江差町≫ End Of The Line
国道228号線から引き続き国道229号線となります。 ここからは国道227号線と国道277号線と重複区間でもあります。 約4キロで道の駅です。
4km
道の駅 「江差」
1
路線名国道229号線 起点より280km付近
所在地江差町字尾山町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
江差市内を走ります。 約3キロで国道227号線と分岐します。 国道227号線は、函館まで山の中を走る国道です。
3km
分岐点 起点より277km付近
← 国道229号線 余市方面
← 国道277号線 八雲方面
国道227号線 函館方面
国道227号線と分岐すると国道277号線との重複区間となります。 トンネルを抜けアップダウンが続きます。
2km
分離帯付待避帯
2
路線名国道229号線 起点より275km付近
所在地乙部町元和
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
登り区間が続きます。 頂上付近に道の駅があります。道の駅には展望台もあり、景色を眺めることができます。
1km
道の駅 「ルート229元和台」
3
路線名国道229号線 起点より274km付近
所在地乙部町字元和
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
アップダウンの道が続きます。やがて海岸線に出ます。
4km
分離帯付待避帯
4
路線名国道229号線 起点より270km付近
所在地乙部町花磯
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
鮎川海岸を横目に走ります。鮎川海岸は白い砂浜の海岸です。 浅瀬ですが、岩場が点在し、貝や魚がいます。 海水浴場ではありませんが、絶景の海岸です。 鮎川海岸を過ぎると国道277号線は分岐します。
11km
分岐点 起点より259km付近
国道229号線 余市方面 国道277号線 八雲方面 →
八雲町に入ります。かつては熊石町でしたが、合併し八雲町になりました。 八雲町は、太平洋と日本海の両方を顔を持っている町です。
1km
待避帯
5
路線名国道229号線 起点より258km付近
所在地八雲町熊石鮎川町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
八雲町はすぐに抜け、せたな町に入ります。 この辺りは綺麗な海岸線です。奇岩など見所満載です。
9km
待避帯
6
路線名国道229号線 起点より249km付近
所在地せたな町大成区長磯
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロですぐにパーキングエリアです。 台数こそ少ないのですが、海岸線をゆっくり眺めることのできるパーキングエリアです。
1km
待避帯
7
路線名国道229号線 起点より248km付近
所在地せたな町大成区長磯
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線をさらに北上し、約8キロで道の駅です。 道の駅付近の国道から海岸線を見ることはできませんが、砂浜の海岸線が続く綺麗な場所です。
8km
道の駅 「てっくいランド大成」
8
路線名国道229号線 起点より240km付近
所在地せたな町大成区平浜
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからしばらくは山の中を走行します。 海岸線を走る市道と分岐しますが、この市道は国道229号線と再び合流することはできません。
2km
パーキングエリア
9
路線名国道229号線 起点より238km付近
所在地せたな町大成区宮野
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を越えます。 約2キロ走行するとパーキングエリアがあります。
2km
分離帯付待避帯
10
路線名国道229号線 起点より236km付近
所在地せたな町大成区宮野
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の途中に小さなパーキングエリアがあります。
3km
待避帯
11
路線名国道229号線 起点より233km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
3キロ先にもう一つパーキングエリアがあります。 小さなパーキングエリアです。
3km
待避帯
12
路線名国道229号線 起点より230km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
太櫓越峠をおりると、チェーン装着場を兼ねたパーキングエリアがあります。 国道229号線唯一の峠道となります。
4km
パーキングエリア
13
路線名国道229号線 起点より228km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
内陸の区間もあと少しです。 北檜山の市街地までにもう一つパーキングエリアがあります。
4km
分離帯付待避帯
14
路線名国道229号線 起点より224km付近
所在地せたな町北檜山区二俣
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
10キロ走行すると北檜山の街中に入ります。 国道230号線と分岐します。太平洋側へ移動するのであれば、この国道230号線を利用すると便利です。
10km
分岐点 起点より214km付近
国道229号線 余市方面 国道230号線 札幌方面 →
少し走ると再び海岸線に出ます。 ここからしばらくは、ひたすら海岸線沿いを走行します。 次のパーキングエリアはせたな町の海水浴場にもなっています。 シーズン中には多くのレジャー客でにぎわいます。
7km
パーキングエリア
15
路線名国道229号線 起点より207km付近
所在地せたな町瀬棚区三本杉
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルが連続する海岸線です。 岩場の海岸ですが、奇岩も多く飽きない路線です。
3km
待避帯
16
路線名国道229号線 起点より204km付近
所在地せたな町瀬棚区元浦
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
海側に突き出たパーキングエリアが多く、海岸線間近で海を望む事ができます。 ところどころにパーキングエリアがあるので、海を見ながら休憩する事ができます。
4km
待避帯
17
路線名国道229号線 起点より200km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルが連続します。 北海道の中で一番トンネルが多い路線で、100以上のトンネルがある路線です。 海岸線の危険な路線を長大トンネルでつなぎなおす工事も頻繁に行われているため、トンネルの長さや数は、 日々更新されている状況です。
3km
分離帯付待避帯
18
路線名国道229号線 起点より197km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
せたな町は、南北に長い町です。かつての瀬棚町、大成町、北檜山町が合併してできたのがせたな町であり、 現在位置の瀬棚区はかつての瀬棚町となります。
1km
待避帯
19
路線名国道229号線 起点より196km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
この辺りは小さなパーキングエリアが連続します。 しかし、あまりパーキングエリアを利用している人はいません。 同じような景色であっても、岩の形など微妙に異なります。 それぞれの違いを楽しむためにすべてのパーキングエリアで海を眺めるのも楽しいものです。
5km
待避帯
20
路線名国道229号線 起点より191km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
長らく続いたせたな町の海岸沿いのパーキングエリアも次が最後です。 この先の島牧村では、また違った海岸線の雰囲気を楽しむことができます。
1km
パーキングエリア
21
路線名国道229号線 起点より190km付近
所在地せたな町瀬棚区北島歌
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
せたな町から島牧村へと変わります。 檜山支庁から後志支庁へも変わります。 境には、茂津多岬があり、国道は少し内陸を走ります。小高い丘の上にある岬であるため、岬を国道から 眺めることはできません。次のパーキングエリアが茂津多岬に一番近いパーキングエリアとなります。
2km
パーキングエリア
21
路線名国道229号線 起点より188km付近
所在地島牧村持田
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
岩場の海岸線の景色は島牧村に入っても最初のうちは変わりありません。 しかし、次の道の駅辺りから雰囲気は少し変わります。
19km
道の駅 「よってけ!島牧」
22
路線名国道229号線 起点より169km付近
所在地島牧村字千走
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルを抜けると江ノ島海岸です。 砂浜の海岸線で、湾状になっているため、ずっと遠くまで海岸線を見渡すことができます。 海水浴場ではありませんが、泳ぎたくなるような綺麗な砂浜の海岸です。
2km
待避帯
23
路線名国道229号線 起点より167km付近
所在地島牧村江ノ島
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
江ノ島海岸の続きでは、更にパーキングエリアもあります。ここはトイレも設置してあり、公式ではありませんが、 キャンプを楽しむ人もシーズン中には多く見かけます。 海岸線の奥まった場所にも20台以上駐車できるスペースがあります。
1km
パーキングエリア
24
路線名国道229号線 起点より166km付近
所在地島牧村豊平
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからしばらくはパーキングエリアはありません。 島牧村には海岸線沿いにたくさんのキャンプ場があります。この路線にもいくつかのキャンプ場があり、 シーズン中にはたくさんのテントを見かけます。
21km
パーキングエリア≪弁慶岬≫
25
路線名国道229号線 起点より145km付近
所在地寿都町政泊町
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
弁慶岬を境に島牧村から寿都町に変わります。寿都湾を回り込むように国道は走ります。 したがって弁慶岬を過ぎると一度南東に進路を変え、再び北上するような進路を取ります。 寿都の港がある場所に道の駅があります。
5km
道の駅 「みなとま〜れ寿都」
26
路線名国道229号線 起点より140km付近
所在地寿都町字大磯町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
寿都も砂浜の海岸線が基本です。寿都湾の中には、砂浜の海岸線も多くありますが、国道沿いから 確認はできません。遠くに風車を眺めることができる絶景のポイントです。
5km
待避帯
27
路線名国道229号線 起点より135km付近
所在地寿都町樽岸町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
小さな待避帯が再び連続します。 海岸線にありますが、せたな町のように海岸線に突き出た形ではありません。
8km
待避帯
28
路線名国道229号線 起点より128km付近
所在地寿都町歌棄町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
見通しの良い海岸線を走ります。 アップダウンも多く、丘の上から海を眺めるような場所も走ります。 寿都町から蘭越町に入り道の駅があります。
12km
道の駅 「シェルプラザ・港」
29
路線名国道229号線 起点より116km付近
所在地蘭越町港町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎると長い海岸線があります。海水浴場ではありませんが、サーファーなどが利用している海岸です。 砂浜の海岸線を過ぎると断崖区間へと変わります。国道は長大トンネルで抜けるため、海岸線を眺めることができる 区間は限られています。
8km
パーキングエリア
30
路線名国道229号線 起点より108km付近
所在地岩内町敷島内
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
岩内町に入りトンネル区間を抜けると海岸線沿いを再び走ります。やがて、建物が多くなり、岩内の市街へと入っていきます。 フェリーターミナルもある大きな町です。 町の中心部付近で国道276号線と分岐します。
11km
分岐点 起点より97km付近
国道229号線 余市方面 国道276号線 苫小牧方面 →
国道229号線から右に曲がると国道276号線となりますが、左に曲がると道の駅です。 かつての岩内線の終点である岩内駅があった場所です。
0km
道の駅 「いわない」
31
路線名国道229号線 起点より97km付近
所在地岩内町字万代
位置左側(走行車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
札幌方面へは、国道276号線、国道5号線を経由した方が近道ですが、国道229号線はこの先積丹半島を一周します。 原子力発電所のある泊村を抜け、神恵内村に入ります。 約20キロパーキングエリアはありません。
20km
パーキングエリア
32
路線名国道229号線 起点より77km付近
所在地神恵内村神恵内
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約8キロ走行すると神恵内村の道の駅です。冬期間は閉鎖される道の駅です。
8km
道の駅 「オスコイ!かもえない」
33
路線名国道229号線 起点より69km付近
所在地神恵内村大字赤石村字大森
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
このあたりの区間は国道229号線でも最後に開通した区間です。 比較的道幅が広く走りやすい道路が続きます。 長大トンネルが続く区間でもあり、あまり海岸線を眺めることはできません。
12km
パーキングエリア
34
路線名国道229号線 起点より57km付近
所在地神恵内村棚内村
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
比較的新しい路線であるために設置されているパーキングエリアも広くなっています。 更にトイレも設置されているケースが多く、快適なパーキングエリアとなっています。
2km
パーキングエリア
35
路線名国道229号線 起点より55km付近
所在地神恵内村棚内村
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
神恵内村から積丹町に入ります。 積丹岬の先端部に位置する積丹町には、観光地にもなっている神威岬や積丹岬があります。 次のパーキングエリアは女人禁止で有名な神威岬です。
2km
パーキングエリア
36
路線名国道229号線 起点より53km付近
所在地積丹町神威岬
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
積丹半島先端部を走行します。パーキングエリアはしばらくありません。 途中積丹岬へとつながる道路と分岐します。 積丹半島付近で、一度海岸線とは離れますが、再び海岸線に出ます。 積丹町から古平町に入ります。
40km
パーキングエリア
37
路線名国道229号線 起点より13km付近
所在地古平町沖町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
長大トンネルが連続する区間です。 次のトンネルとトンネルの間にパーキングエリアがあります。 余市町で有名なローソク岩を見ることができるポイントです。
4km
パーキングエリア
38
路線名国道229号線 起点より9km付近
所在地余市町潮見町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
余市町の市街地を走ります。交差点を右へ左へと曲がる区間ですが、その区間を抜けると最後のパーキングエリアとなる 道の駅です。
8km
道の駅 「スペース・アップルよいち」
39
路線名国道229号線 起点より1km付近
所在地余市町黒川町
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道229号線の正式な起点は、小樽市になっていますが国道229号線の0キロポストが設置してある 余市が起点となります。余市駅前で国道5号線と合流します。
1km
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道5号線 函館方面 →
国道229号線 起点≪余市町≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加