北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道230号線(下り線) National Highway Route 230
国道230号線は、札幌を起点とし、札幌の南に位置する定山渓を抜け中山峠を経て洞爺湖まで続きます。 その先は国道37号線、国道5号線と重複し、長万部町で渡島半島を横断し、せたな町まで続く国道です。
札幌と函館を結ぶ近道として大動脈になっています。洞爺湖近辺の有珠山付近では、噴火の影響で経路が変わる 事もありましたが、現在は長大トンネルで結ばれるルートとなっています。

交通量が多い路線ですが、比較的道幅が広く作られていますので安心して走ることのできる国道です。 しかし、冬期間は、雪の多い地域を通る路線でもあるため、吹雪による視界の影響などが多発するため、 慎重な運転を強いられます。
山や湖、太平洋そして終点の日本海など移りかわる景色は、絶景が多くドライブに最適な国道です。
■総延長距離:208.2km
■起点:札幌市
■終点:せたな町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道230号線 起点≪札幌市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道36号線 室蘭方面 国道230号線 せたな方面
国道230号線の起点は、北1条西4丁目の駅前通りと北1条通りの交差点です。 ここから西へ進み西11丁目で南へ左折します。 片側二車線の道路です。市街地を抜け約20キロ走行すると南区豊滝にパーキングエリアがあります。
20km
パーキングエリア
1
路線名国道230号線 起点より20km付近
所在地札幌市南区豊滝
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
定山渓までの間で一部一車線区間になりますが、二車線化工事が行われています。 札幌の温泉街である定山渓を抜けるとパーキングエリアです。
8km
パーキングエリア
2
路線名国道230号線 起点より28km付近
所在地札幌市南区定山渓
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
中山峠の登り区間となります。 右へ左へと続きます。 定山渓トンネル手前にパーキングエリアがあります。 この先は中山峠頂上の道の駅までパーキングエリアはありません。
7km
分離帯付待避帯
3
路線名国道230号線 起点より35km付近
所在地札幌市南区定山渓
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
定山渓トンネルを抜けます。 定山渓トンネルを抜けると天気が変わることが多くあります。 特に冬期間は、トンネルを抜けると雪であることも多々あります。 頂上まで緩やかな上り坂が続きます。
10km
道の駅 「望羊中山」
4
路線名国道230号線 起点より45km付近
所在地喜茂別町字川上
位置左側(走行車線側)
規模150台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
中山峠の山頂を過ぎると長い下り坂になります。 対向車線は登坂車線があります。勾配がきついため、スピードの出しすぎに注意が必要です。 途中左カーブの途中にパーキングエリアがあります。 下り坂の途中のため、追突に注意が必要です。 また、出る時も見通しが悪いため、十分に気をつけなければなりません。
5km
分離帯付待避帯
5
路線名国道230号線 起点より50km付近
所在地喜茂別町川上
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下り終わったところにパーキングエリアがあります。 ここは峠のチェーン装着場も兼ねています。
8km
パーキングエリア
6
路線名国道230号線 起点より58km付近
所在地喜茂別町川上
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
喜茂別町の市街地に向けて走ります。 途中キロポスト約62キロの地点にオービスがあるため注意が必要です。 市街地を抜けるとすぐに倶知安方面からの国道276号線と合流します。
8km
分岐点 起点より66km付近
国道230号線 せたな方面
国道276号線 苫小牧方面
国道276号線 岩内方面 →
約1キロにわたって国道276線と重複区間になります。 そして国道276号線は、苫小牧方面へと左へ分岐していきます。
1km
分岐点 起点より67km付近
← 国道276号線 苫小牧方面 国道230号線 せたな方面
喜茂別を過ぎると次はルスツです。 夏はレジャーランド、冬はスキー場としてのリゾート地です。 ルスツを過ぎると道の駅があります。
8km
道の駅 「230ルスツ」
7
路線名国道230号線 起点より75km付近
所在地留寿都村字留寿都
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
平原の中を走ります。約12キロパーキングエリアはありません。 やがてアップダウンのある場所を通過します。 留寿都村を抜け洞爺湖町に入ります。 洞爺湖町にも道の駅はあります。
12km
道の駅 「とうや湖」
8
路線名国道230号線 起点より87km付近
所在地洞爺湖町香川
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎるとすぐに交差点があります。 函館方面へはこの交差点を左折すると豊浦町までの近道となりますが、洞爺湖の観光など国道230号線のドライブを 楽しむのであれば直進がお勧めです。
6km
パーキングエリア
9
路線名国道230号線 起点より93km付近
所在地洞爺湖町成香
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
洞爺湖を左手に眺めながらのドライブです。アップダウンが続く路線を洞爺湖温泉街に向かいます。 洞爺湖温泉街の手前で、国道230号線は、右折し洞爺湖とは離れます。二つの長大トンネルを過ぎると 国道37号線に合流し太平洋に出ます。
13km
分岐点 起点より106km付近
← 国道37号線 室蘭方面 国道230号線 せたな方面 →
国道37号線 長万部方面 →
この先長万部まで国道37号線と重複国道です。 太平洋の内浦湾沿いを走ります。 豊浦町の市街地を走り抜けると道の駅です。
4km
道の駅 「とようら」
10
路線名国道230号線 起点より110km付近
所在地豊浦町字旭町
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
最大の難所である静狩峠を越えます。 そのため国道はこの先、内陸に入ります。 海水浴やキャンプ場がある豊浦町大岸あたりにパーキングエリアがあります。
10km
パーキングエリア
11
路線名国道230号線 起点より120km付近
所在地豊浦町大岸
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
礼文華を過ぎた辺りで一度長万部町に入りますが、その後黒松内町に入ります。 内陸側を走っているからです。静狩峠手前にパーキングエリアがあります。
10km
パーキングエリア
12
路線名国道230号線 起点より130km付近
所在地黒松内町大成
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
静狩峠の中腹付近にパーキングエリアがあります。 直線区間が長い場所ですが、取締を頻繁に行っている区間でもあるため、注意が必要です。
4km
パーキングエリア
13
路線名国道230号線 起点より134km付近
所在地黒松内町東栄
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで静狩峠の山頂です。 山頂付近にパーキングエリアがあります。 峠の山頂にあるため、眺めは良好です。 ここで再び長万部町に入ります。
1km
待避帯
14
路線名国道230号線 起点より135km付近
所在地長万部町静狩
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下ります。 下りの勾配はかなりきついため、走行には注意が必要です。 峠を下りきった場所にパーキングエリアがあります。
2km
分離帯付待避帯
15
路線名国道230号線 起点より137km付近
所在地長万部町静狩
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
室蘭本線を跨ぎ太平洋に再び出ます。 険しい山並みとはうって変わり、どこまでも続く海岸線となります。 長万部まで直線の道路です。
4km
待避帯
16
路線名国道230号線 起点より141km付近
所在地長万部町静狩
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に直線区間が続きます。 左手には内浦湾、右手には室蘭本線が並走します。 約4キロで次のパーキングエリアです。
4km
待避帯
17
路線名国道230号線 起点より145km付近
所在地長万部町旭浜
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に3キロ走行すると長万部です。途中にオービスがあります。 長万部の入り口で国道5号線と合流します。 ここで重複してきた国道37号線は終わり、今度は国道5号線と重複区間となります。
4km
分岐点 起点より148km付近
← 国道230号線 せたな方面
← 国道5号線 函館方面
国道5号線 札幌方面 →
長万部町市街地を避けるバイパスを走り八雲方面へ向かいます。 途中国縫で国道230号線はせたな方面へ分岐します。
10km
分岐点 起点より158km付近
国道5号線 函館方面 国道230号線 せたな方面 →
再び国道230号線は単独の区間になります。 渡島半島を横断して日本海側の瀬棚町まで続きます。 美利河峠を越えます。
1km
パーキングエリア
18
路線名国道230号線 起点より159km付近
所在地長万部町茶屋川
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
かつてこの区間は、国鉄瀬棚線が走っていました。1987年に廃線になってしまいましたが、 国道と同じく国縫から瀬棚まで走っていた路線です。線路跡を利用したバイパス区間を走ります。 途中にある山道には、登坂車線が完備されています。 瀬棚線の中心町でもある今金町に入ります。
13km
パーキングエリア
19
路線名国道230号線 起点より172km付近
所在地今金町宮島
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
今金町の市街地を抜け、せたな町に入ります。 せたな町で有名な公園である玉川公園を横目に国道229号線と合流します。 国道230号線は終点です。
36km
分岐点 起点より208km付近
← 国道229号線 江差方面 国道229号線 余市方面 →
国道230号線 終点≪せたな町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加