北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道231号線(下り線) National Highway Route 231
国道231号線は、札幌を起点とし、日本海側を北上し留萌市に至る路線です。
この日本海側のルートは断崖絶壁の難所であり、長大トンネルも多くありますが、反面、海、山などの自然を 余すところなく見ることができる路線です。通称日本海オロロンラインと呼ばれ、「萌える天北オロロンルート」の 一部としてシーニックバイウェイ指定ルートにもなっています。
全線開通したのは比較的最近のことで、工事の難所であったことがうかがえます。 国道231号線の難所は、石狩川を渡る石狩河口大橋と、雄冬岬付近の断崖絶壁です。 石狩川を渡るのは、それまで石狩渡舟で1972年の石狩河口大橋開通後、約6年で廃止になっています。 また、雄冬岬付近の断崖絶壁は、1981年に長大トンネルで通年開通に至っています。

海沿いを走る路線であり、いたるところで海岸線を眺めることができます。
パーキングエリアの数はそんなに多くありませんが、標識の存在しない待避帯が何か所も存在しています。
■総延長距離:130.4km
■起点:札幌市
■終点:留萌市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道231号線 起点≪札幌市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 函館方面 国道231号線 留萌方面 国道274号線 標茶方面 →
国道231号線は札幌新道と石狩街道の交差点からスタートです。片側三車線の快適な直線道路である石狩街道を 北に向かいます。茨戸大橋を越えると石狩市です。やがて国道337号線と合流します。
9km
分岐点 起点より9km付近
国道231号線 留萌方面
国道337号線 小樽方面
国道337号線 江別方面 →
約2キロは国道337号線と重複して走ります。国道231号線はこの先左側でインターチェンジのようにして交差して いきますので片側3車線あるうちの一番左側を走ります。
2km
分岐点 起点より11km付近
← 国道231号線 留萌方面 国道337号線 小樽方面
片側2車線が続きます。やがて1車線に減少するとすぐ、石狩河口大橋を渡ります。 この橋は、石狩川の最も河口川にある橋です。国道231号線の難所であった場所です。 最初のパーキングは、海水浴場で有名な望来付近にあります。眺めがいい場所です。
16km
待避帯
1
路線名国道231号線 起点より27km付近
所在地石狩市厚田区望来
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここらから海沿いに走ります。美しい海岸線を見ることができます。 約15キロ走ると左側にパーキングエリアです。 ここは、海岸線を展望できるパーキングのため、トイレや休憩所も完備されています。
15km
パーキングエリア
2
路線名国道231号線 起点より42km付近
所在地石狩市厚田区厚田
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
海沿いのパーキングエリアの向かいに道の駅があります。
0km
道の駅 「石狩あいろーど厚田」
3
路線名国道231号線 起点より42km付近
所在地石狩市厚田区厚田
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線沿いと、山の中を交互に走ります。アップダウンが多く、見通しも悪い区間が多くなっています。 浜益区に入るとパーキングがあります。
13km
待避帯
4
路線名国道231号線 起点より55km付近
所在地石狩市浜益区送毛
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山の中を走り、約4キロ走ると次のパークングがあります。 この先はトンネル連続区間になります。
4km
待避帯
5
路線名国道231号線 起点より59km付近
所在地石狩市浜益区送毛
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山の中のトンネル連続区間になります。 国道231号線はトンネルも数多い区間なのです。
3km
待避帯
6
路線名国道231号線 起点より62km付近
所在地石狩市浜益区毘砂別
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山を下ると浜益の市街地に出ます。 ここ、浜益では国道451号線と交差します。 国道451号線は新十津川、滝川方面へ向かいます。
7km
分岐点 起点より69km付近
国道231号線 留萌方面 国道451号線 滝川方面 →
国道451号線交差点を過ぎるとすぐに 浜益海浜公園があります。ここは海が一望できるパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
7
路線名国道231号線 起点より70km付近
所在地石狩市浜益区川下
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
いよいよ国道2331号線の断崖絶壁区間に突入です。海岸線沿いを走りますが、断崖絶壁のため、 長大トンネルや、覆道が連続します。約16キロ走ると右側にパーキングエリアがあります。
16km
分離帯付待避帯
8
路線名国道275号線 起点より86km付近
所在地石狩市浜益区雄冬
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更にトンネルを抜けると雄冬岬に出ます。ここのパーキングエリアにはトイレも設置されています。 また、観光の名所として白銀の滝も見ることができます。 国道231号線が完備されていなかった時代には、陸の孤島であった場所です。
2km
パーキングエリア
9
路線名国道231号線 起点より88km付近
所在地石狩市浜益区雄冬
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
陸の孤島の反対側に抜けるため、更にトンネル区間を走行します。 約7キロ走行するとパーキングエリアがあります。 海沿いのパーキングエリアで景色は良い眺めです。
7km
パーキングエリア
10
路線名国道231号線 起点より95km付近
所在地増毛町岩老
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
断崖絶壁区間を抜けると増毛市街に向かって走りますが、その少し手前にパーキングエリアがあります。 この先、増毛市街から留萌市までは、パーキングエリアがありません。 ここにはトイレが設置されています。
10km
パーキングエリア
11
路線名国道231号線 起点より105km付近
所在地増毛町別刈
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
増毛からはJR留萌本線と並走します。集落がところどころにあり、海岸沿いと集落を交互に通過します。 やがて、増毛町から留萌市に入ります。留萌市に入ると間もなく国道231号線の終点です。 片側2車線になり、本格的に留萌市街に入ると、最後のパーキングエリアがあります。
24km
パーキングエリア
12
路線名国道231号線 起点より129km付近
所在地留萌市寿町
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
留萌市の繁華街を通過すると国道231号線は終点です。 まっすぐ進むと国道233号線で深川方面へ、左へ曲がると更に海岸線を進む国道232号線へと続きます。
1km
分岐点 起点より130km付近
← 国道232号線 稚内方面 国道233号線 深川方面
国道231号線 終点≪留萌市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加