北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道231号線(上り線) National Highway Route 231
国道231号線は、札幌を起点とし、日本海側を北上し留萌市に至る路線です。
この日本海側のルートは断崖絶壁の難所であり、長大トンネルも多くありますが、反面、海、山などの自然を 余すところなく見ることができる路線です。通称日本海オロロンラインと呼ばれ、「萌える天北オロロンルート」の 一部としてシーニックバイウェイ指定ルートにもなっています。
全線開通したのは比較的最近のことで、工事の難所であったことがうかがえます。 国道231号線の難所は、石狩川を渡る石狩河口大橋と、雄冬岬付近の断崖絶壁です。 石狩川を渡るのは、それまで石狩渡舟で1972年の石狩河口大橋開通後、約6年で廃止になっています。 また、雄冬岬付近の断崖絶壁は、1981年に長大トンネルで通年開通に至っています。

海沿いを走る路線であり、いたるところで海岸線を眺めることができます。
パーキングエリアの数はそんなに多くありませんが、標識の存在しない待避帯が何か所も存在しています。
■総延長距離:130.4km
■起点:札幌市
■終点:留萌市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道231号線 起点≪留萌市≫ Starting Point
分岐点 起点より130km付近
国道231号線 札幌方面 国道232号線 稚内方面 →
国道231号線は、留萌市の繁華街から始まります。 繁華街を抜けて片側二車線になると、最初のパーキングエリアがあります。
1km
パーキングエリア
1
路線名国道231号線 起点より129km付近
所在地留萌市寿町
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアを過ぎ、市街地を抜けると増毛町に向かいます。 JR留萌本線と並走して走ります。海岸線を走り増毛町市街を抜けるとパーキングエリアです。
24km
パーキングエリア
2
路線名国道231号線 起点より105km付近
所在地増毛町別刈
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
見通しの良い海岸線を走ります。時より山の中を走りますが、約10キロのドライブです。 左側にパーキングエリアがあります。この先は、長大トンネル区間が続きます。
10km
パーキングエリア
3
路線名国道231号線 起点より95km付近
所在地増毛町岩老
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからは断崖絶壁の区間に入ります。 この先の雄冬は陸の長い間陸の孤島でした。北も南も断崖絶壁で陸からの移動が難しかったのです。 天候も荒れやすく船も欠航が相次ぎ、冬期間は陸の孤島と化したのです。 今は長大トンネルで結ばれています。
7km
パーキングエリア
4
路線名国道231号線 起点より88km付近
所在地石狩市浜益区雄冬
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
雄冬岬のパーキングエリアを過ぎると再び長大トンネル区間に入ります。 ここからが石狩市です。市町村合併で石狩市は、南北に長く札幌市に入るまでずっと石狩市です。
2km
分離帯付待避帯
5
路線名国道275号線 起点より86km付近
所在地石狩市浜益区雄冬
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルと山の中の走行が続きます。 この辺りの海岸線は、断崖絶壁が続いているため、景色としては最高の眺めとなります。 約16キロ走ると日本海を一望できる浜益海浜公園のパーキングエリアに到着します。
16km
パーキングエリア
6
路線名国道231号線 起点より70km付近
所在地石狩市浜益区川下
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
浜益海浜公園を過ぎるとすぐ国道451号線と分岐します。 国道451号線は、山を越えて新十津川町、滝川市へと向かいます。
1km
分岐点 起点より69km付近
← 国道451号線 滝川方面 国道231号線 札幌方面
浜益市街を離れるとややしばらく山の中を走ります。 アップダウンのある道になっています。 約11キロ先に小さいパーキングエリアがあります。
11km
待避帯
7
路線名国道231号線 起点より58km付近
所在地石狩市浜益区送毛
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に16キロ走ります。山の中を走ります。 山を抜けると厚田の市街に出ます。 ここ厚田は、海水浴やキャンプなどで夏は賑わう場所です。
16km
道の駅 「石狩あいろーど厚田」
8
路線名国道231号線 起点より42km付近
所在地石狩市厚田区厚田
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅の向かい側に海沿いの景色を楽しめるパーキングエリアがあります。
0km
パーキングエリア
9
路線名国道231号線 起点より42km付近
所在地石狩市厚田区厚田
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
厚田からは少し小高い丘の上から海を眺める景色が続きます。 遠く海岸線が続く様子を眺めることができます。
15km
待避帯
10
路線名国道231号線 起点より27km付近
所在地石狩市厚田区望来
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアはこれで終わりです。あとは一路札幌まで走るのみです。 しばらく走ると石狩川を渡ります。石狩河口大橋は国道231号線の建設の難所でもありました。 当時は渡し船が運航されていたほどです。 石狩川を渡ると片側二車線になり、やがて国道337号線と合流します。
16km
分岐点 起点より11km付近
← 国道231号線 札幌方面
← 国道337号線 江別方面
国道337号線 小樽方面 →
国道337号線と約2キロにわたり重複になります。 片側三車線になりますが、キロポスト10キロ付近にオービスがありますので注意が必要です。 国道337号線は江別方面へ直進しますが、陸橋で国道231号線は、右に曲がっていきます。
2km
分岐点 起点より9km付近
国道337号線 江別方面 国道231号線 札幌方面 →
札幌市内に入ります。ここからは石狩街道です。 約9キロの直線道路です。札幌の幹線道路であるため、交通量も急激に多くなります。 札幌新道との交差点で国道5号線、国道274号線と分岐します。 ここが国道231号線の終点でもあります。
9km
分岐点 起点より0km付近
← 国道274号線 標茶方面 国道5号線 札幌方面 国道5号線 函館方面 →
国道231号線 終点≪札幌市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加