北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道232号線(上り線) National Highway Route 232
国道232号線は稚内市を起点として、日本海側を南下して留萌市を終点とする国道です。 起点の稚内市から天塩町までは国道40号線と重複しています。天塩町からは、遠別町、初山別村、羽幌町、 苫前町、小平町、留萌市と日本海沿いを走ります。札幌と稚内の移動に使われ、内陸の国道12号線、国道40号線 を経由するより100キロ以上短い距離で走ることができます。

この路線は、道の駅が多いのも特徴です。小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町、稚内市と、国道232号線 だけで7つの道の駅をめぐる事ができます。

海岸線を走る路線だけあって、景色の見所が多い路線です。風車や、見渡す限りの海岸線、広大なサロベツ原野など ドライブを楽しむことができます。冬期間は、北海道らしい厳しい冬を見ることができる路線です。ただし、 風が強い地域のため、地吹雪による視界不良で通行止めになることも多く、事前の確認が必要です。
■総延長距離:185.2km
■起点:稚内市
■終点:留萌市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道232号線 起点≪留萌市≫ Starting Point
分岐点 起点より185km付近
← 国道231号線 札幌方面 国道232号線 稚内方面 国道233号線 深川方面 →
留萌市の中心部から、北へ向かうのが国道232号線です。 ほどなく国道231号線への近道へ通じるルルモッペ大橋を渡る道との交差点を過ぎ、進路を北に取ります。 約2キロ走ると最初のパーキングエリアがあります。
2km
パーキングエリア
1
路線名国道232号線 起点より183km付近
所在地留萌市塩見町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
留萌市を過ぎ、小平町へ入ります。海岸線が美しい道路です。 砂浜のビーチはキャンプ場や海水浴場になっています。 約8キロでパーキングエリアです。
8km
待避帯
2
路線名国道232号線 起点より175km付近
所在地小平町花岡
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
小平の海岸線は、砂浜の海岸線です。キャンプや海水浴など、夏には賑わいます。 どこまでも続く海岸線沿いをドライブできるコースです。約10キロで道の駅です。 道の駅「おびら鰊番屋」の食堂では海の幸を単能する事ができます。
10km
道の駅 「おびら鰊番屋」
3
路線名国道232号線 起点より165km付近
所在地小平町字鬼鹿広富
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎると苫前町に入ります。 ここ国道232号線は、日本海側の各市町村ごとに道の駅があり、遊びながらドライブする事もできます。
11km
待避帯
4
路線名国道232号線 起点より154km付近
所在地苫前町力昼
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
苫前町のドライブの見所は風車群です。数ある風力発電所の風車が小高い丘の上に林立しています。高い所にあるほうが 風車の効率が良いからなのです。 4キロ先に国道239号線との分岐があります。国道239号線は、苫前から興部まで北海道の北部を横断する国道です。
4km
分岐点 起点より150km付近
国道232号線 稚内方面 国道239号線 興部方面 →
約5キロ走ると苫前町の道の駅です。風が強い土地の風物詩である風力発電の風車が有名な苫前町 であるため、「風Wとままえ」と名付けられています。
5km
道の駅 「風Wとままえ」
5
路線名国道232号線 起点より145km付近
所在地苫前町字苫前
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
苫前町の道の駅を過ぎると次の町、羽幌です。 羽幌の市街地にすぐ入り、市街地に道の駅があります。「ほっと・はぼろ」です。
7km
道の駅 「ほっと・はぼろ」
6
路線名国道232号線 起点より138km付近
所在地羽幌町北3条1丁目
位置右側(対向車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
羽幌からは天売・焼尻へ向かうフェリーが運航されています。 かつては、国鉄羽幌線がこの国道232号線沿いを走っており、羽幌はその中心的な町でした。 羽幌を抜けると次は初山別村です。
13km
待避帯
7
路線名国道232号線 起点より125km付近
所在地初山別村栄
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
約10キロ走ると初山別村の道の駅です。 道の駅「ロマン街道しょさんべつ」は、国道からは少し離れていますが、日本海を眺めることもできます。 広大な敷地に350台以上駐車できるスペースがあります。
10km
道の駅 「☆ロマン街道しょさんべつ」
8
路線名国道232号線 起点より115km付近
所在地初山別村字豊岬
位置左側(走行車線側)
規模350台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅「ロマン街道しょさんべつ」のすぐ隣にパーキングエリアがあります。 トイレ休憩をしたいのであれば、道の駅に寄らずにこのパーキングエリアでも事足ります。
1km
パーキングエリア≪豊岬駐車場≫
9
路線名国道232号線 起点より114km付近
所在地初山別村明里
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
起伏の少ない見通しの良い道路を走ります。海岸線が美しく見えるポイントもあります。 初山別村を過ぎると遠別町に入ります。
12km
分離帯付待避帯
10
路線名国道232号線 起点より102km付近
所在地遠別町金浦
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
次は遠別町の道の駅です。 ここまで日本海の海岸線をドライブしてきましたが、日本海とはここでお別れです。 道の駅にある小高い丘の上からは日本海を一望できます。
5km
道の駅 「富士見」
11
路線名国道232号線 起点より97km付近
所在地遠別町字富士見
位置右側(対向車線側)
規模150台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここから天塩町までは、海岸より内陸に入った部分を走行します。 数キロおきにパーキングエリアがありますが、これは、冬期間地吹雪により視界が奪われる ような天候の際に待避する場所として設けられています。
3km
待避帯
12
路線名国道232号線 起点より94km付近
所在地遠別町北浜
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
遠別町と天塩町を結ぶ区間はほぼ直線区間です。 見通しが良くスピードが出やすいため、注意が必要です。
7km
待避帯
13
路線名国道232号線 起点より87km付近
所在地遠別町北里
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
この辺りはのどかな景色が続きます。 果てしなく続く地平線は、まさに北海道の絶景です。
3km
分離帯付待避帯
14
路線名国道232号線 起点より84km付近
所在地遠別町サラキシ
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約5〜6キロおきにパーキングエリアがあります。 景色を楽しめる国道232ですがこの区間が一番つまらない区間かもしれません。
6km
分離帯付待避帯
15
路線名国道232号線 起点より78km付近
所在地遠別町サラキシ
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
遠別町から天塩町に入ります。 ようやくこの区間も終わりです。天塩町の市街地に入ると道の駅があります。
2km
道の駅 「てしお」
16
路線名国道232号線 起点より76km付近
所在地天塩町新開通
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線を稚内までつないでいる道道106号線と分岐します。 道道106号線を北へ向かい、天塩川河口の橋を過ぎると壮大な風車群であるオトンルイ風力発電所があります。
6km
待避帯
17
路線名国道232号線 起点より70km付近
所在地天塩町ウブシ
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
サロベツ原野の南端を内陸に向かって走ります。 この後国道40号線と合流します。
8km
待避帯
18
路線名国道232号線 起点より62km付近
所在地天塩町サカヘシク
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
この先すぐ国道40号線と合流します。 終点稚内まで国道40号線との重複区間となります。
1km
分岐点 起点より61km付近
← 国道232号線 稚内方面
← 国道40号線 稚内方面
国道40号線 旭川方面 →
川を渡ると幌延町です。そして北緯45度線を越えることを示す大きい看板が設置しています。 国道232号線は左手にサロベツ原野を見ながら、更に北に進みます。
3km
待避帯
19
路線名国道232号線 起点より58km付近
所在地幌延町幌延
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
幌延町から豊富町に入ります。 次のパーキングエリアは、サロベツ原野の展望台で有名な名山台駐車場です。その手前にパンケ沼方面への看板があります。 サロベツ原野の南端にある沼地で、面積は湖ほどありますが、水深が浅いため、沼となっています。
6km
パーキングエリア≪名山台駐車場≫
20
路線名国道232号線 起点より52km付近
所在地豊富町下沼
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
サロベツ原野はどこまでも広がる広大な湿原です。 北海道らしい景色の中をドライブすることができます。
11km
待避帯
21
路線名国道232号線 起点より41km付近
所在地豊富町メナシベツ
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
広大なサロベツ原野は何もありません。360度パノラマです。 そのため、冬は地吹雪で視界を奪われることも良くあります。
9km
分離帯付待避帯
22
路線名国道232号線 起点より32km付近
所在地豊富町上サロベツ
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に広大な景色の中を走ります。 幌延と豊富を結ぶ豊富バイパスとの分岐があります。 地吹雪の待避施設としてシェルター付のパーキングエリアがあります。稚内方面の数か所に設置されています。 国道232号線ではここの開源パーキングエリアのみです。
13km
パーキングエリア
23
路線名国道232号線 起点より19km付近
所在地豊富町上サロベツ
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
開源パーキングエリアを過ぎると稚内市です。 間もなく終点となります。約12キロ先にパーキングエリアが設置されています。
12km
パーキングエリア
24
路線名国道232号線 起点より7km付近
所在地稚内市声問
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
稚内市の近くまで来ると片側二車線に車線を広げる工事が行われています。 やがて片側二車線区間に入ると稚内市街です。そして宗谷岬方面へ向かう国道238号線と分岐します。
3km
分岐点 起点より4km付近
国道232号線 稚内方面
国道40号線 稚内方面
国道238号線 網走方面 →
JR宗谷本線と並走し、更に北へ向かい、ラストスパートです。 終点の目の前に道の駅「わっかない」があります。JR稚内駅に併設した道の駅で、 日本最北端の道の駅として、稚内の特産物を買うことができます。 新しい、稚内の観光スポットとなりそうです。
4km
道の駅 「わっかない」
25
路線名国道232号線 起点より0km付近
所在地稚内市開運
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道232号線の終点は稚内駅前ですが、国道上は起点です。 同時に重複区間である国道40号線の終点でもあります。
0km
国道232号線 終点≪稚内市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加