北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道237号線(上り線) National Highway Route 237
国道237号線は、旭川を起点として北海道屈指の観光地、美瑛や富良野を経由し、自然豊かな占冠や平取を通り太平洋側の日高町まで 南北を貫く国道です。 正確には、終点は国道235号線と重複し浦河町まで繋がっている事になりますが、キロポストの示す日高町富川までのご紹介となります。
国道237号線の車窓には、美瑛や富良野は綺麗な花や丘を見渡すことができ、日高峠や平取町では秋には美しい紅葉と出会うことができます。 北海道の自然を満喫するには、絶好のドライブコースと言えます。

※ 国道237号線のキロポストが設置している旭川〜日高間の紹介です。
■総延長距離:259.6km
■起点:旭川市
■終点:浦河町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道237号線 終点≪日高町≫ End Of The Line
分岐点 起点より179km付近
← 国道235号線 苫小牧方面 国道237号線 旭川方面 国道235号線 浦河方面 →
国道235号線日高町の富川より国道237号線は分岐しています。 日高自動車道日高富川ICを過ぎて山へ向かいます。
2km
分離帯付待避帯
1
路線名国道237号線 起点より177km付近
所在地日高町平賀
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
平取町に入ります。 平取町の市街地を抜けて更に山へ向かいます。 平取町の観光地、二風谷湖を車窓の左手に見ながら北上します。
17km
分離帯付待避帯
2
路線名国道237号線 起点より160km付近
所在地平取町二風谷
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
二風谷湖は南北に長い湖です。 二風谷湖を横目に車窓の山が少しずつ大きくなっていきます。
8km
待避帯
3
路線名国道237号線 起点より152km付近
所在地平取町長知内
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に山の中へ進んでいきます。 約2キロで次のパーキングエリアです。
2km
分離帯付待避帯
4
路線名国道237号線 起点より150km付近
所在地平取町幌毛志
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
道道131号線と合流し更に北上します。 ここからは沙流川の渓谷の中を走る区間です。
9km
待避帯
5
路線名国道237号線 起点より141km付近
所在地平取町岩知志
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
再び日高町に入ります。 覆道を抜けていきます。沙流川の渓谷の紅葉はとてもきれいで、 秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れます。
16km
待避帯
6
路線名国道237号線 起点より125km付近
所在地日高町三岩
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
渓谷を抜けます。 やがて日高町市街地に入ります。 この先越えていく日高峠のチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアがあります。
4km
パーキングエリア
7
路線名国道237号線 起点より121km付近
所在地日高町日高
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
石勝樹海ロードと呼ばれている国道274号線と交差します。 左折すると札幌方面、右折すると日勝峠を越えて清水町に向かいます。
1km
分岐点 起点より120km付近
← 国道274号線 札幌方面 国道237号線 旭川方面 国道274号線 標茶方面 →
標高500メートルの日高峠を越えます。 登り区間では美しい景色を眺めることができます。 山頂を過ぎるとパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア
8
路線名国道237号線 起点より116km付近
所在地占冠村占双珠別
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
日高峠を下ります。 約2キロでパーキングエリアです。 日高峠のチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
9
路線名国道237号線 起点より114km付近
所在地占冠村占双珠別
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
北海道横断自動車道占冠ICを過ぎます。 やがて占冠市街地に到着します。 左側に道の駅があります。
8km
道の駅 「自然体感しむかっぷ」
10
路線名国道237号線 起点より106km付近
所在地占冠村字中央
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
直進すると道道136号線へと進む道を右折します。 JR石勝線と並走し、JR占冠駅を通過します。 JR石勝線をくぐり、JR石勝線、トマム方面へ向かう道道136号線と分岐します。 再び山越えです。次は金山峠です。次のパーキングエリアはチェーン装着場を兼ねています。
11km
パーキングエリア
11
路線名国道237号線 起点より95km付近
所在地占冠村占冠
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
標高490メートルの金山峠を越えます。 金山峠は紅葉が綺麗な峠です。 頂上で占冠村から南富良野町に入ります。 峠を下るとパーキングエリアです。チェーン装着場を兼ねています。
8km
パーキングエリア
12
路線名国道237号線 起点より87km付近
所在地南富良野町金山
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
金山峠を越えるとJR根室本線と並走します。 道道を右折するとかなやま湖があります。 紅葉やワカサギ釣りで有名な湖です。 約11キロ空知川と並走し、山間部で国道38号線と合流します。
11km
分岐点 起点より76km付近
← 国道237号線 旭川方面
← 国道38号線 滝川方面
国道38号線 釧路方面 →
国道38号線と重複区間となります。 約2キロでパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
12
路線名国道237号線 起点より74km付近
所在地富良野市布部石綿
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
JR根室本線と並走し、のどかな景色の中を通過します。 約17キロで富良野市です。ここで国道38号線とは分岐します。直進すると芦別、滝川方面です。
17km
分岐点 起点より57km付近
国道38号線 滝川方面 国道237号線 旭川方面 →
ここからはJR富良野線と並走します。 中富良野、上富良野、美瑛と観光地を走る路線です。 富良野市を抜けて中富良野町に入ります。 次のパーキングエリアは、絶景ポイントです。
15km
パーキングエリア
13
路線名国道237号線 起点より42km付近
所在地上富良野町光町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
上富良野町に入ります。 ラベンダーだけでなく、季節の花が綺麗な町です。
5km
パーキングエリア
14
路線名国道237号線 起点より37km付近
所在地上富良野町西6線北
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
深山峠を登ります。 深山峠の山頂には、休憩所や売店などがあります。
2km
パーキングエリア
15
路線名国道237号線 起点より35km付近
所在地上富良野町西9線北
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
深山峠を下ります。 車窓の景色に見とれてしまうほど美しい景色が続きます。 上富良野町から美瑛町に入ります。
4km
待避帯
16
路線名国道237号線 起点より31km付近
所在地美瑛町美馬牛
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
美瑛町は、丘が美しい街です。数々のポスターやコマーシャルなどに使用された景色が広がります。 季節によって違う顔を見せる丘です。
7km
パーキングエリア
17
路線名国道237号線 起点より24km付近
所在地美瑛町北町
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
旭川空港方面から来る市道と交差します。 美瑛町から旭川市に入ります。 キロポスト15キロ地点にオービスがあります。
10km
待避帯
18
路線名国道237号線 起点より14km付近
所在地旭川市西神楽一線
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道452号線と合流します。 芦別、夕張方面へ向かう国道ですが、現在未開通区間があります。
1km
分岐点 起点より13km付近
← 国道452号線 夕張方面 国道237号線 旭川方面
直線区間が続きます。 やがて二車線区間になり旭川市街地に近づきます。 旭川市街地に道の駅があります。
11km
道の駅 「あさひかわ」
19
路線名国道237号線 起点より2km付近
所在地旭川市神楽
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
旭川の道の駅を過ぎると間もなく終点です。 旭川市内を流れる忠別川を渡り国道12号線と合流する場所が終点です。
2km
分岐点 起点より0km付近
← 国道12号線 札幌方面 国道12号線 旭川方面 →
国道237号線 起点≪旭川市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加