北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道238号線(上り線) National Highway Route 238
北海道のオホーツク海沿線を走る国道が国道238号線です。
網走市を起点として、最北の街、稚内市まで至る長大路線です。 オホーツク海の海岸線沿いに走る国道であるため、景色が美しく、北海道らしい雄大な眺めを楽しむことができます。 かつては、国道と並走して、湧網線・名寄本線・興浜南線・興浜北線・天北線が走っていましたが、 すでに全線廃止になっており、国道238号線沿いに走るJR路線はありません。

夏は、涼しい北海道の気候ですごしやすく、冬は、寒さ厳しく流氷を見ることができるのもオホーツク海の 絶景の一つであります。
■総延長距離:327.8km
■起点:網走市
■終点:稚内市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道238号線 終点≪稚内市≫ End Of The Line
分岐点 起点より328km付近
← 国道40号線 稚内方面
← 国道232号線 稚内方面
国道238号線 網走方面 国道40号線 旭川方面 →
国道232号線 留萌方面 →
稚内市の南端で国道40号線と国道232号線の重複国道と分岐して国道238号線はスタートします。 東へ進路を取り一路、最北端である宗谷岬へ向かいます。 片側二車線の広い道路を走り、右手に稚内空港を見ながら海沿いを走ります。
17km
待避帯
1
路線名国道238号線 起点より311km付近
所在地稚内市声問
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
進路は、北東へ変わります。左手には宗谷湾、右手には、草原という北海道らしい景色を見ながら、進みます。 やがて進路は北へと変わり、最北端の宗谷岬に向かいます。
14km
待避帯
2
路線名国道238号線 起点より297km付近
所在地稚内市宗谷
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
日本最北端の地、宗谷岬に到着します。 ここには大きなパーキングエリアがあり、多くの観光客が訪れます。
4km
パーキングエリア≪宗谷岬≫
3
路線名国道238号線 起点より293km付近
所在地稚内市宗谷岬
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
宗谷岬を過ぎると進路は、南へ変わります。 ここからはオホーツク海です。海沿いに網走まで続くのが国道238号線です。
6km
パーキングエリア
4
路線名国道238号線 起点より287km付近
所在地稚内市宗谷
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロ走るともうひとつパーキングエリアがあります。 この辺りは、宗谷丘陵が広がり、これまた北海道らしい広大な土地に圧巻されます。
6km
パーキングエリア
5
路線名国道238号線 起点より286km付近
所在地稚内市宗谷
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
小高い山を越えていきます。海は見ることができませんが、山の中を右へ左へ進みます。 見通しが悪いため、走行には注意が必要です。 山を下り終わるとオホーツク海が見えてきます。 次のパーキングエリアは海沿いのパーキングエリアです。
10km
待避帯
6
路線名国道238号線 起点より276km付近
所在地稚内市宗谷
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
稚内市に別れを告げ猿払村に入ります。 約2キロでパーキングエリアがあります。
2km
パーキングエリア
7
路線名国道238号線 起点より274km付近
所在地猿払村知来別
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
辺りに何もない原野地帯を走行します。 晴れていれば、景色を楽しむ事ができますが、海以外に何もないため、退屈な道でもあります。 約12キロ走行するとパーキングエリアです。このパーキングエリアは、道の駅「さるふつ公園」の反対側にあり、オホーツク海を 眺めることができるパーキングエリアです。
12km
パーキングエリア
8
路線名国道238号線 起点より262km付近
所在地猿払村知来別
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアの反対側に道の駅「さるふつ公園」はあります。
0km
道の駅「さるふつ公園」
9
路線名国道238号線 起点より262km付近
所在地猿払村浜鬼志別
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に5キロ南下するとパーキングエリアがあります。 ここは、冬の地吹雪が生じたときに安全に停車できるスノーシェルター型パーキングエリアとなっています。 トイレも設置してあります。
5km
パーキングエリア≪猿払パーキングシェルター≫
10
路線名国道238号線 起点より257km付近
所在地猿払村浜猿払
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
浜猿払を抜けるといったんオホーツク海からは離れ、やや内陸側を走ります。 海岸線の景色はお預けです。湿原地帯を走ります。
2km
分離帯付待避帯
11
路線名国道238号線 起点より255km付近
所在地猿払村浜猿払
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
この辺りは、夏の季節になると花々が咲きます。ハマナスなどの花が咲き乱れる風景を見ることができます。 原生花園にもなっています。
2km
待避帯
12
路線名国道238号線 起点より253km付近
所在地猿払村浜猿払
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
浅茅野台地と呼ばれる湿原地域を抜けると、右手方向にクッチャロ湖があります。 ここは、白鳥が渡ってくる湖でも有名です。
13km
待避帯
13
路線名国道238号線 起点より240km付近
所在地猿払村浜猿払
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
浜頓別町に入ります。 クッチャロ湖でも有名ですが、オホーツクの海の幸を食べることもできます。 かつては、国鉄天北線の主要都市として栄えていました。また、興浜北線の分岐駅でもありました。 興浜北線と興浜南線はつながることなく廃線となってしまったのです。興浜の「浜」は浜頓別の浜なのです。
4km
待避帯
14
路線名国道238号線 起点より236km付近
所在地浜頓別町山軽
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
浜頓別市街に入ります。 ここで国道275号線と分岐します。 国道275号線も長大路線で、この浜頓別と札幌を結んでいる300キロを超える路線です。
4km
分岐点 起点より232km付近
← 国道238号線 網走方面 国道275号線 札幌方面 →
浜頓別町市街地を出るとオホーツク海の海岸線を走ります。 この辺りには、風車群が立ち並んでいます。 約4キロでパーキングエリアです。
4km
待避帯
15
路線名国道238号線 起点より228km付近
所在地浜頓別町頓別
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
年中強風に煽られるこの地域では、国道沿いに風車が林立しています。 オホーツク海沿いに建つ風車は、画になる光景です。
2km
待避帯
16
路線名国道238号線 起点より226km付近
所在地浜頓別町豊寒別
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
北オホーツクトンネルを抜けるとウスタイベ岬があります。景色が素晴らしい岬です。 トンネルを抜けると北見神威岬のパーキングエリアがあります。 旧道は神威岬を周回する道路になっています。
6km
パーキングエリア
17
路線名国道238号線 起点より220km付近
所在地浜頓別町斜内
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
枝幸町市街地にパーキングエリアがあります。 トイレと売店が設置してあるパーキングエリアです。
18km
パーキングエリア
18
路線名国道238号線 起点より202km付近
所在地枝幸町北幸町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
次は道の駅です。 大型船をモチーフにした道の駅です。
8km
道の駅「マリーンアイランド岡島」
19
路線名国道238号線 起点より194km付近
所在地枝幸町岡島
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
遮るものが何もないため、景色は最高ですが風が強く、横風には注意が必要です。 冬は吹雪による見通しにも影響が出ますので、夏以上に注意が必要となります。
10km
パーキングエリア
20
路線名国道238号線 起点より184km付近
所在地枝幸町乙忠部
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
枝幸町から雄武町に入ります。 この区間は国道238号線沿いで唯一鉄道と並走のない区間となります。これだけの長大路線で、 雄武から枝幸までのわずかな区間だけ鉄道並走がないという事は、かつての北海道はいかに 鉄道で栄えていたのかが分かります。
18km
待避帯
21
路線名国道238号線 起点より166km付近
所在地雄武町北幌内
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
オホーツク海沿いを北上します。延々と続く海沿いの景色です。 次は雄武町の道の駅です。 雄武の市街地にあります。
15km
道の駅「おうむ」
22
路線名国道238号線 起点より151km付近
所在地雄武町雄武
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
オホーツク海から少し離れた場所を南下します。 次のパーキングエリアまで約5キロです。
5km
パーキングエリア
23
路線名国道238号線 起点より146km付近
所在地雄武町南雄武
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
観光名所の一つ日ノ出岬があります。 展望施設があり、オホーツク海を一望することができます。 観光ホテルもあります。 雄武町を抜けると興部町です。
12km
分離帯付待避帯
24
路線名国道238号線 起点より134km付近
所在地興部町興部
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
興部町市街地で国道239号線と分岐します。 国道239号線は、オホーツク海側の興部と日本海側の苫前を結ぶ路線で、途中国道40号線沿いの 士別市、名寄市を経由します。
3km
分岐点 起点より131km付近
国道238号線 網走方面 国道239号線 苫前方面 →
途中オホーツク海に突き出た岬、沙留岬があります。 小さな岬ですが、北海道らしい風景を見ることができます。
12km
分離帯付待避帯
25
路線名国道238号線 起点より119km付近
所在地興部町富丘
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
興部からは旧国鉄名寄本線跡と並走します。 ところどころに橋梁や土手など跡地を見ることができます。 次のパーキングエリアには、トイレや売店、休憩所が揃っています。
5km
パーキングエリア
26
路線名国道238号線 起点より114km付近
所在地紋別市渚滑町川向
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
渚滑川を渡ると紋別市街です。 紋別市街に入る前に国道273号線と分岐します。 国道273号線は滝上町、浮島峠を経由し、上川、大雪を抜け、上士幌までつながっている国道です。
2km
分岐点 起点より112km付近
← 国道238号線 網走方面 国道273号線 上士幌方面 →
国道273号線と合流し、更にオホーツク海沿いを南下します。 国道238号線は紋別市をバイパスとして内陸を抜けていきます。 紋別市の中心部辺りにパーキングエリアがあります。 この辺りは、紋別公園や大山など紋別の観光地がたくさんあります。
5km
パーキングエリア
27
路線名国道238号線 起点より107km付近
所在地紋別市大山町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
紋別市の南端で市街地へ向かうと合流します。 この辺りに道に駅があります。 道の駅は、国道からオホーツク海に向かった場所にあり、道の駅はオホーツク海沿岸に建っています。
2km
道の駅「オホーツク紋別」
28
路線名国道238号線 起点より105km付近
所在地紋別市元紋別
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
紋別市を抜けて原野の中を走ります。 オホーツク紋別空港を右手に見ながら南下します。 この辺りは直線区間が多くスピードが出やすくなっています。 オービスもあるため、走行には注意が必要です。 約20キロ走行するとパーキングエリアです。
19km
分離帯付待避帯
29
路線名国道238号線 起点より86km付近
所在地紋別市沼の上
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
紋別市を抜け湧別町に入ります。 湧別川を渡るとサロマ湖エリアに入ります。 国道は道なりに右折し更に左折します。 二つ目の交差点を直進すると国道242号線です。 遠軽、留辺蘂、陸別、足寄、本別、池田方面へ向かう国道です。
9km
分岐点 起点より77km付近
← 国道238号線 網走方面 国道242号線 帯広方面
しばらくするとオホーツク海沿岸に出たように思えますが、実はサロマ湖です。 広い広い湖で海と勘違いしてしまうほどです。 水芭蕉の綺麗な場所を走ります。
11km
パーキングエリア≪水芭蕉群生地≫
30
路線名国道238号線 起点より66km付近
所在地湧別町芭露
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで道の駅ですが、その手前に小さなパーキングエリアがあります。
1km
分離帯付待避帯
31
路線名国道238号線 起点より65km付近
所在地湧別町志撫子
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
次は道の駅です。 サロマ湖沿いには二つの道の駅があり、一つが湧別町にあります。 道の駅にある観覧車からは、広大なサロマ湖を一望できる絶景を楽しめます。
0km
道の駅「愛ランド湧別」
32
路線名国道238号線 起点より65km付近
所在地湧別町志撫子
位置左側(走行車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
サロマ湖岸にはいくつかのパーキングエリアがあります。 その中でも少し高台にある見晴らしのいいパーキングエリアです。 サロマ湖を一望できる360パノラマを楽しめます。
1km
待避帯
33
路線名国道238号線 起点より64km付近
所在地湧別町志撫子
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
同じ場所にもう一つパーキングエリアがあります。
0km
待避帯
34
路線名国道238号線 起点より64km付近
所在地湧別町志撫子
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に1キロで次のパーキングエリアです。 サロマ湖沿いのパーキングエリアはそのほとんどが、国道のサロマ湖側にあるのが特徴です。 どのパーキングエリアからもサロマ湖の景色を楽しめます。
1km
待避帯
35
路線名国道238号線 起点より63km付近
所在地湧別町志撫子
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
湧別町から佐呂間町に入ります。 少し内陸を走りサロマ湖とは離れて走りますがすぐにサロマ湖沿いに戻ります。
4km
待避帯
36
路線名国道238号線 起点より59km付近
所在地佐呂間町富武士
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
サロマ湖岸を離れ少し内陸に入ります。 約4キロで次のパーキングエリアです。
4km
待避帯
37
路線名国道238号線 起点より55km付近
所在地佐呂間町富武士
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
次は道の駅です。 サロマ湖沿いの二つ目の道の駅で、佐呂間町にあります。
3km
道の駅「サロマ湖」
38
路線名国道238号線 起点より52km付近
所在地佐呂間町浪速
位置右側(走対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
サロマ湖沿いを走ります。 サロマ湖の湖岸に沿って右へ左へカーブが続きます。 綺麗な湖面を車窓に見ながらのドライブです。 サロマ湖に一番近いパーキングエリアがあります。
5km
待避帯
39
路線名国道238号線 起点より47km付近
所在地佐呂間町幌岩
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
サロマ湖の南端を過ぎると長かったサロマ湖が終わります。 そして佐呂間町から北見市に入ります。かつての常呂町です。 市町村合併により北見市にも海がつきました。 次のパーキングエリアは、常呂駐車場で、オホーツク海と常呂町の市街地を一望できます。
19km
パーキングエリア≪常呂駐車場≫
40
路線名国道238号線 起点より28km付近
所在地北見市常呂町東浜
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
北見市から網走市に入り、この先湖が連続します。 まずは能取湖です。北側を半周します。 湖沿いをこの先走るため、オホーツク海とはここでお別れです。 能取湖を一望できるパーキングエリアです。
7km
パーキングエリア≪能取駐車場≫
41
路線名国道238号線 起点より21km付近
所在地網走市能取
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
能取湖の南端辺りにパーキングエリアがあります。
7km
待避帯
42
路線名国道238号線 起点より14km付近
所在地網走市平和
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
能取湖を離れると次は網走湖です。 国道238号線を網走方面に走ると高台から網走湖に向かって駆け下りる区間があります。 ここが一番網走湖が美しい場所です。 網走湖の対岸にホテルなどが立ち並び、夜景も綺麗な場所です。
10km
パーキングエリア
43
路線名国道238号線 起点より4km付近
所在地網走市二見ヶ岡
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
二車線区間になり、国道39号線と合流する場所が国道238号線の起点です。
4km
分岐点 起点より0km付近
国道39号線 網走方面 国道39号線 旭川方面 →
国道238号線 起点≪網走市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加