北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道239号線(下り線) National Highway Route 239
国道239号線は、オホーツク海側の主要都市網走市を起点として国道238号線と重複しながら北上し、 紋別市を経てオホーツク海沿いの興部町で国道238号線と分岐し、進路を西に変えます。 内陸の名寄市で国道40号線と重複し南下します。士別市で国道40号線と分岐し、再び進路を西に変えて、 霧立峠を超えて日本海側の苫前町に出ます。 その後、国道232号線と重複しながら南下し、日本海側の主要都市留萌市までつながる全長342.8キロメートルの 国道です。 その半分以上が重複区間ですが、道北を横断する主要な国道となっています。
単独区間はほぼ山間部を走行するため、大小含めて5つの峠を超える区間を走ります。 夏には、緑豊かな場所を走行するため、気持のいいドライブを楽しむことができますが、 内陸性の気候で気温が高くなりやすく真夏には摂氏30度を超える日も珍しくありません。
オホーツク海側と日本海側で違った景色を楽しむこともできる国道です。
※ここでは国道239号線のキロポストが設置してある興部町を起点として苫前町を終点として紹介しています。
■総延長距離:342.8km
■起点:網走市
■終点:留萌市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道239号線 起点≪興部町≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道238号線 網走方面 国道239号線 苫前方面 国道238号線 稚内方面 →
興部町市街地の交差点から国道238号線と分岐して国道239号線はスタートします。 約1キロ走行するとすぐに道の駅があります。
1km
道の駅 「おこっぺ」
1
路線名国道239号線 起点より1km付近
所在地興部町幸町
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎるとしばらく興部川に沿って走ります。 のどかな草原風景が続きます。
13km
待避帯
2
路線名国道239号線 起点より14km付近
所在地興部町朝日
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
時より山間部を走りながらアップダウンを繰り返します。 興部町から西興部村に入ります。 山間部の途中に道の駅があります。
16km
道の駅 「にしおこっぺ花夢」
3
路線名国道239号線 起点より1km付近
所在地西興部村字上興部
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎると更に山間部へと入っていきます。 すぐに次のパーキングです。
1km
パーキングエリア
4
路線名国道239号線 起点より31km付近
所在地西興部村奥興部
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
登り区間に入ります。 下川町と西興部村を隔てる天北峠を越えます。 山間部はどんどん深くなり、緑の中を走ります。 約5キロ走行すると天北峠の山頂に到着です。
5km
待避帯
5
路線名国道239号線 起点より36km付近
所在地西興部村奥興部
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
下川町に入り峠の下り区間へと入ります。 やがて山間部の木々の視界も開けてきます。 約4キロでパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア
6
路線名国道239号線 起点より40km付近
所在地下川町一の橋
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
この先22キロの区間パーキングはありません。 下川町の市街地を過ぎのどかな景色の中、名寄川沿いに走ります。 かつてこの239号線沿いに国鉄名寄本線が走っていました。 至る所に橋梁などが残されており、かつての鉄道の跡を見ることができます。
22km
待避帯
7
路線名国道239号線 起点より62km付近
所在地名寄市朝日
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
直線で見通しの良い区間を走りますが、交通量が多いため、追越などには注意が必要です。 約4キロで次のパーキングエリアです。 これを過ぎると間もなく名寄市街地です。
4km
待避帯
8
路線名国道239号線 起点より66km付近
所在地名寄市緑丘
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
名寄市街地手前で進路を北に変えます。 そして更に進路を西に変えて宗谷本線を跨ぎ国道40号線と合流します。
5km
分岐点 起点より71km付近
← 国道239号線 苫前方面
← 国道40号線 旭川方面
国道40号線 稚内方面 →
ここから先は国道40号線と重複区間となります。 名寄市街地を過ぎると道の駅があります。
9km
道の駅 「もち米の里☆なよろ」
9
路線名国道239号線 起点より80km付近
所在地名寄市風連町西町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
名寄市を過ぎ士別市に入ります。 約13キロで国道40号線と分岐します。 交通量も多いため、走行に注意が必要です。
13km
分岐点 起点より93km付近
国道40号線 旭川方面 国道239号線 苫前方面 →
再び国道239号線は単独区間になります。 のどかな景色の中を一路西に向かいます。 学田峠、西士別峠と二つの小さな峠を連続して越えていきます。 温根別に出るとパーキングエリアがあります。
16km
パーキングエリア
10
路線名国道239号線 起点より109km付近
所在地士別市温根別町
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
トヨタ自動車の広大な敷地を左手に見ながら登り坂になります。 士別峠です。標高は264メートルと小さい峠です。 峠を越えると幌加内町です。
4km
パーキングエリア
11
路線名国道239号線 起点より113km付近
所在地幌加内町北里
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下り終えるとパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
12
路線名国道239号線 起点より115km付近
所在地幌加内町北里
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道275号線と合流します。 左手に曲がると美深方面へ向かいます。
1km
分岐点 起点より116km付近
国道239号線 苫前方面
国道275号線 札幌方面
国道275号線 浜頓別方面 →
添牛内の市街地の約2キロの区間国道275号線と重複します。
2km
分岐点 起点より118km付近
国道275号線 札幌方面 国道239号線 苫前方面 →
国道275号線と分岐するとすぐに小さいパーキングエリアがあります。
0km
待避帯
13
路線名国道239号線 起点より118km付近
所在地幌加内町添牛内
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約1キロでパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
14
路線名国道239号線 起点より119km付近
所在地幌加内町添牛内
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
1キロ進むともう一つパーキングエリアがあります。
1km
パーキングエリア
15
路線名国道239号線 起点より120km付近
所在地幌加内町添牛内
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
山間部を一気に駆け上ります。 霧立峠です。 大雨の影響を受け、幾度も通行止めになっている峠です。 霧立峠を越えると苫前町です。
6km
パーキングエリア
16
路線名国道239号線 起点より126km付近
所在地苫前町霧立
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
霧立峠を越え、下り坂に入ります。この先ダラダラと長い下り坂が続きます。 約1キロでパーキングです。
1km
待避帯
17
路線名国道239号線 起点より127km付近
所在地苫前町霧立
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
24キロの区間パーキングがありません。 右へ左へカーブを繰り返しながら下っていきます。 道幅が狭い場所もあり、走行に注意が必要です。
24km
パーキングエリア
18
路線名国道239号線 起点より151km付近
所在地苫前町霧立
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下り終わるとひらけた場所の中を走ります。 やがて目の前に海が広がると終点苫前です。 ここで国道232号線と合流します。
21km
分岐点 起点より172km付近
← 国道232号線 留萌方面 国道232号線 稚内方面 →
国道239号線 終点≪苫前町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加